所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

~音楽との幸せな時間~

FullSizeRender
今年の1月から週に数日の昼間、楽器店で働いています。

ピアノ講師としてではなく、いわゆる販売員です。

クラシックピアノ一筋できたピアノ人生。

ピアノにまつわることはたくさん学んできました。

ふと、音楽の新しい世界を知りたいなあと思うようになり、教える・演奏する・聴く、その他の音楽に触れてみたくなりました。

スタッフ達はギターやバンドやドラムなどライトミュージック、弦管打楽器など、専門知識を多く持ち、私の周りにはいなかった音楽人、そんなスタッフ達との関わりがとても新鮮!

そして、覚えることが大量で頭はいつでも飽和状態…もうパンクです。

正直、実に大変な思いをしています…が頑張っていますし、頑張ります。




ギターの弦交換もするのですが、その時に感じました。

お客様の大切な楽器をピカピカにして、良い音が鳴るように丁寧に扱い、お客様が心から笑顔になりますよう。

親切にして下さってありがとう!とお声頂くこともあり嬉しく思います。

ピアノは調律師というプロがメンテナンスをしてくれますし、持ち歩くことが出来ないので、その場にあるピアノと向き合い何としないといけないのがピアノ奏者です。

ピアノってやはり特殊です。

日頃お手入れはしますが、チューニングは必要ないので、湿度や温度で今日はこういう様子なのね〜と感じ取り、受け入れるしかないのですね。

先日の多喜先生のレッスンにて、何を求めて日々練習しているかで家のピアノの音色が変わってくる、というお話をしていました。

雑に弾いていれば雑な音に。

音色にこだわって探求していれば、それに応えられるピアノになるのよ、と。

私の調律師も同じことを話しています。

弦やリードなどをカスタマイズ出来る他の楽器と違い、そうそう簡単に部品を変えることが出来ないピアノは、ある意味、日頃の練習の質が蓄積された音が鳴るんだなあと思うのです。

豊かに響かせるにはどうしたら良いかな、といつも考えて耳を澄ませて奏でていますが、ここのところ先生方に『音が良いね〜!』とお褒めを頂きます。わーい!

my楽器は自分自身かもしれません。

あなたが求めることに応えるよ、というピアノの声が聞こえてきそう。

他の場所のピアノも、家のピアノと同じように自分を映し出す。

生徒さん達を見ていてもそれを感じます。

お家で、何を考え何を求めて練習しているかは聴いていると分かりますものね。

シビアですね、楽器って。

他の楽器と触れ合うことで、あーピアノって…と色々思います、ので面白いです。

私のピアノ、大切に育てたいです。



ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender










FullSizeRender

FullSizeRender
本日は我らの師匠、多喜先生と室内楽の先生方のカルテットを心震わせながら聴きました。

4人で響き合い、支え合い、大切につむぐ愛のある音色に感涙です。

【素晴らしい奏者は優れた指導者である】

先生方と接していて心からそう思うのです。

たゆまぬ探究心、冴え渡る聴覚、鋭くかつ豊かな感性。

そのような音楽性の高さのみならず、どうしたらいいのかを常に研究しているので、的確なアドバイスや指導が出来るのですね。

有料のコンサートにして欲しいくらいです。

その後は大勢でランチ会。
FullSizeRender
前菜だけ写真を撮りました…

先生のレッスンで、今日の感動のお話や、私も指導者の一人として生徒たちに何を伝えるべきか、また奏者の一人として何を大切に奏でていけば良いか、じっくりお話したいと思います。

先生方、感動をありがとうございました。


 

昨日のコンチェルトを聴いていて。

どうしてもコンチェルトはご褒美的というか、ソロ+豪華なオケ、というイメージがあったのですが、モーツァルトのクラリネットコンチェルトとラフマニノフのコンチェルトを聴いてきて、あー奏者によるんだな、と分かりました。

オケと溶け合った、たまらなく美しい音楽にため息がもれました。

そして、それはそれは楽しそうに、慈しむように自分の楽器を演奏されている姿に感動しました。

楽しい、幸せ…そんな言葉が聞こえてきそう。

ソリストも指揮者もオケも一つになり、奏者も聴衆もみんなを幸せのオーラで包み込む。

あーこれがコンチェルトなんだな。

華やかさやダイナミックさに目がいきがちですが、心の針に触れてくる部分こそに注目したいです。

ラフォルジュルネ、来年は2日間を一日中満喫する日を決めるぞ〜。

感動で頭がボーッとしています。

ファイト〜切り替えてシャキッと練習するぞ〜!


ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender











FullSizeRender
5月の新緑、大好きな季節がやってきました。

街中が何て美しいのかと感嘆します。

歩いていても運転していても、緑たち花たちの歌声や楽し気なお喋りが聴こえてきそうで、生命エネルギーが満ち溢れ、それを頂いて全細胞精気がみなぎる感じがします。

新年号、最高の季節に迎えましたね。

皆さまも明るくフレッシュな気持ちで、家族や友人たちと一緒に良い時代にするぞ〜!と思われていることでしょう。

一人ひとりが輝く良い時代になります。

皆で助け合い、活き活きと生きられる時代になります。

そう信じています。




明日から待ちに待ったラフォルジュルネが始まります。

今年も室内楽の先生方の演奏がありまして、ピアノ四重奏を多喜先生たち4人で演奏して下さいます。

室内楽は愛溢れる音楽です。

祈りや愛情や尊敬や信頼が、音色や包み込む空間、そして奏者たちの間に満ち満ちます。

そのパワーといったら。

本当に美しい、こんなにも美しい音楽があるのかと泣きます。

音楽の原点。

それを教えて下さる先生方です。

愛が溢れているからこんなにも惹かれ、室内楽で体現したいと切実に思うのです。


4日(土)東京ビルTOKIAにて
12時15分から
無料で聴けます
整理券の配布があります

是非一人でも多くの方に、先生方の音色を聴いて頂きたいです



気合いを入れて応援するぞ〜!と仲間たちとも盛り上がり、良い席でしっかり聴くぞ〜!と皆でとても楽しみにしています。

目指す音楽、大切にしたいことが共感でき。

先生方の姿勢に尊敬の念を抱き、共に刺激し合い高め合っていこうという信念を持てる仲間たち。

さらに令和の時代は、皆で高みへと。

ワクワクします。



明日はモーツァルトのクラリネット協奏曲とピアノ協奏曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲を聴きに行きます。

オケがどうしても聴きたいです。

モーツァルトと言えばクラリネットが輝きます。

充電してきますね。



ツツジとハナミズキ、本当にきれいです。

ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender











FullSizeRender
先日の新聞にこんな記事がありました。

我が子たちと眺め、一問づつ考えてくれました。

『趣味はピアノ、特技もピアノだね』

『好きな食べ物は〜、果物!』

母『正解!もう一つあるな〜、お寿司も!』

母のことを想像しながらあれやこれや答えが出ます。

『笑い声はね〜、ハハハッだよ』

その中で、

【あなたの母がこれだけは大切にしてほしいと思っていることを書きなさい】という質問について。

我が子たちは、これまで私が発した言葉や繰り返し伝えてきたことをグルグル思い返していたようです。

子供達の成長を間近で見守り、私自身の変化もあり、みんな進化してきているのよね。

『自分の夢、大好きなこと、本当にやりたいことを大事にして欲しい。

それは自分を尊重し、大切にすることだからね』と伝えました。

あなたらしく輝いて欲しい。

あなたにしか出来ない、使命を果たして欲しい。

もちろん命とか、家族とか友人仲間とか、色々と大切にすべきことはありますが、まずは自分の心と体を大切にするのが最優先です。

自分はかけがえのない存在だということをいつも忘れないで欲しい。

今現在は、何よりもそれを願っています。




珠のように産まれてきたことを思い出します。

本当に可愛くてピカピカ光輝いていました。

幼い頃とは違い、これからは試練が多くなります。

試練を受け止め乗り越え、その全ての経験は、自分の夢や大好きなことを実現するために続いているよ。

自分らしく輝いて、楽しくて幸せな人生な道筋に繋がってるよ。

母の日ってもしかしたら、『私を母にしてくれて多くの学びと気付きを与えてくれて、みんなみんな、ありがとう!』と、母親が家族に感謝する日なのかもしれません。

母の日は、どうやらケーキをみんなで食べるつもりのようで、それが楽しみ!ですって。

母の想い、届いているかなあ?

重苦しくなく、爽やかに軽やかに、繰り返し伝えていきます。

私は音楽。

あなた達のかけがえのないものって何だろう?

自分の内側に耳を澄ませて聞いてみてね。

答えは自分の奥深くが知っているよ。

もうすぐ新時代、令和が来ます。

なんだかワクワクしますね!

ご縁のある皆さま全てが、光放つ時代となりますよう。



ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender


FullSizeRender
必須だと思うテクニックのひとつに、スケールをどれだけ美しくなめらかに弾けるか、があると思います。

指は長さも太さも違い、指くぐりと指こえ、さらに白鍵と黒鍵の長さと高さの違い。

どの鍵盤の並びでも、二度音程を音楽的に美しく演奏する。

基本中の基本ですね。

弾きやすい得意な指だけを使ってしまう自己流ではなく、脳から指令を出し、どの指も思いのままに、繊細な感覚を持って発音出来るように。

その意識とテクニックを絶対体得させなければならない!と発表会の後に強く思いました。

指先の感覚を研ぎ澄ますために、私も毎日必ずじっくりゆっくり片手づつ練習をします。
 
指先の触覚を磨き、ツヤと響き、確かな核がある、天に昇る軽やかな音色。

腕や手首の動きにも注目しながら、一音づつ確かめながら…この響きを体の奥深くまで浸透させるように。

鍵盤と指先の関係、体の使い方、二度音程の運指の基本、じっくりレッスンしていかねば。




スケールとアルペジオは小1または小2から始めるので、まずは音友   根津栄子先生の『こどものスケール・アルペジオ』を使っています。

お優しくて柔らかな根津先生、実力のある指導者ですね。

先生の『ピアノがひけると、じぶんも、まわりのひとも、みんなしあわせになれますよ♪』というメッセージに心から共感します。

何のためにピアノを習い、弾けるようになるための努力をするのか。

自分を幸せにするためです。

シンプルです。

自分のために大切に奏でられるよう、講師たちから色々なことを教えてもらうのです。

奏者が幸せいっぱいの気持ちで慈しんで演奏するから、聴き手にまで感動が伝わるのです。
 
スケールとアルペジオを美しく演奏出来るかは、楽曲の仕上がりに多いに関係してきます。

どの指も自由に思いのままに動かせるようになろうね!






ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender












このページのトップヘ