所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

~音楽との幸せな時間~

FullSizeRender
生徒さんと調性の話をしていました。

調性と和声は音楽において最重要だと考えています。

どんな曲でも最初に必ず調性と拍子に大注目しますね。

まずはト音記号ヘ音記号ハ音記号、その次にくるのが調、そして拍子。

大事な順番に左から書いてある、と皆に説明しています。

24調それぞれ色味も空気感も重さも違い個性があり、作曲家は明確に選んで作曲していて、フラット系とシャープ系でも大きく違う話をしました。

存分に味わってほしいのです。

なのでバッハとスケール&カデンツは必ず学ぶべきだと思います。

空気、温度、湿度、色彩、心の在りよう。

それら個性と、さらに他の調に移り変わっていく様も…グラデーション、美しさにため息が出ます。

私が24の中で一番好きなのはc mollです。

ベートーヴェンにとって重要なc moll。

生と死を表す調だと聞きました。

出合った曲、この調はどんな感じかな?と考えてみようよ!

他の調ではなく、なぜこの調なのか。

どんなメッセージや想いが詰まっているのか。
 
調をよく知るのは、曲への理解の大きな助けになりますから。




現在学んでいるハイドンのジプシートリオも、モーツァルトのヴァイオリンソナタもどちらも第1楽章がG durです。

清々しくて爽やかな香りがするな…

軽やかさ、若々しさ、新緑のような。

ではどのようなタッチにするか、管楽器なら何が担当するか、うーーーんと考えます。

音源は聴きません!

作曲家と話し、考えて、聴いて、試して、の繰り返しです。

生徒さん達も、自分で考え自分の音を聴いて、試して考えて聴いて、となるよう、出会う曲を正しく解釈出来るよう、育てていかねばなりません。

発表会があるからではなく、普段からそうやって音楽に向かえるようになって欲しいなあ…

早く練習したいな。



ピアノ教室フェリチタ



FullSizeRender





















FullSizeRender
音楽の真髄が知りたいともがいていた時、憧れの多喜先生のレッスンに通うことが出来ました。

音楽の根本はここ。

これが知りたかったし、間違っていなかったと確信したかった。

降り注ぐ慈愛の雫のように、私が欲していたこと知りたかったことを浴びせて頂いています。

人生の転機ってありますね。

私にとっては出産と、多喜靖美先生との出会いと、そして三つ目、今年もう一つの転機と出会いがありました。

出会いは、与えられた愛たっぷりのチャンスなのだと思います。

私がやるべきことって何だろう、何のためにここにいるのだろう、生まれてきたのだろうと考えるのですが、昨日気付いたのです。

我が子の誕生のおかげで生の尊厳を知りました。

多喜先生方のおかげで音楽の真髄を知りました。

押し付けなど無く、ただ精一杯生きている姿でそれを体現している、私の転機のキーマンたちです。

私は…

あなたのおかげでピアノの楽しさ、音楽の素晴らしさを知ることができました

それを伝えたい、目標なんだ。

感謝してもらうのが目的ではなく、その人の心の中にどうかホワンと温かい火が灯りますように。

誰のためでもなく、自分の人生を豊かにするための音楽と出会って欲しいな。

世の中にお礼がしたいな。

みんなを笑顔したいな。

たまたまピアノが弾けるから、私に出来るのはやっぱりそれなんだな。

ピアノの楽しさや音楽の素晴らしさを体感する方法、また何に価値と幸せを感じるかはそれぞれです。

コンクールで上位をとることが目標の人、ポピュラーやジャスに魅力を感じる人、華やかに人前で演奏したい人、ピアノとじっくり対峙して自分のために優しく演奏する人…

どんな方法でも自由です。

根底の、音楽の素晴らしさと楽しさを伝える、それを目指せばいいんだ、とピカーンと気付きました。

特に生徒さんたちの姿を見ていると考えさせられることが多いです。

これでいいのかなと迷ってばかりいます。

頑張れ、私!

色々な方法で、周りのみんなに伝えていきます。


ピアノ教室フェリチタ


IMG_0903







FullSizeRender
本日はモーツァルトのヴァイオリンデュオソナタの初レッスンへ行きました。

ヴィオラデュオクラスと同じ枠でレッスンして頂くので、ヴィオラの特性と魅力についてや、記譜が何故ハ音記号なのか、ピアノという楽器の良くも悪くも特異性など、プラス、ヴァイオリンとチェロの特性を先生方がお話くださいました。

ピアノって相当特殊です。

これだけ部品が入っていて、複雑な楽器で、でも発音は実に安易…不思議に感じるほどです。

他の楽器奏者とはこんなにもかけ離れてしまっている音楽を、悲しいかな、なぜピアノ奏者は奏でてしまうのか。

ピアノソロの音楽よりもオーケストラがどうしても好きなのはなぜか。

色々な原因や答えが、室内楽を学んでから霧が晴れるように見えてきています。

先生方って本当にすごいなぁ…ひたすら尊敬しレッスン毎に信頼度が増していきます。

弦楽器って本当に素晴らしい。

ピアノだけ弾けても、決して見ることの出来ない音楽の世界です。

そしてピアノの特異性は魅力でもあるのですね。

それを知りしっかり学び、自身の中で消化し身にして、発信していきたいと思います。


ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender













FullSizeRender
愛してやまない室内楽レッスンが始動しました。

今年度はハイドンのトリオ&モーツァルトのヴァイオリンソナタでのデュオの2クラスを受講します。

本日ハイドントリオが始まり、先生方のピアノ奏者あるあるご指摘に皆で大笑いしたり、ふーむと考えさせられたり…先生方も全開でご指導くださり、この最上のレッスンがやっと始まった〜〜と歓喜の思いでいます。

今年度は大切な友人が仲間入りし、さらにピアノ指導者繋がりでプラス2人も仲間入り!

この素晴らしい指導とアンサンブルの世界に共感する人が増えて本当に本当に嬉しいです。

新ハイドンクラスは、今日のレッスンでも大盛り上がり。

同じ志の仲間たち。

明るくて楽しい雰囲気、真剣に室内楽に向き合う仲間たちの輪が広がり、心から感謝します。

私自身がやりたいことはもう胸の中にはっきり決まり、残りの人生、軸を持って生きていこうと思っています。

その決心に呼応するかのように次から次に新しい出会いが生まれ、しかも素敵な方達ばかり。

デュオもご一緒の方が2人もいらして、一緒に楽しんで頑張りましょう!とやる気もいっぱいです。

最近思うのです。

心に正直に素直になって、本当に好きなこと、やりたいことを誰もがやるべきだと。

反対されたり、面白くないと思われても、周りがどう思おうと全然構わないのですね。
 
自分を尊重し素直に生きていきたいです。

我が子達にも何度も何度も話しています、大好きなことをしてね、と。

生徒さん達を見ていて、この子はピアノが好きかな、音楽を楽しんでるかな、がとても気になります。

私がやるべきことはそこですから…

来週はデュオです。

大切に丁寧に練習していくぞ。



ピアノ教室フェリチタ
FullSizeRender



FullSizeRender
音楽は音色がとても重要だと思います。

潤いと響きがたっぷりの美しい音色。

ピアノでも管楽器でも弦でも、歌は特に。

反対に耳を塞ぎたくなるような、聴いていられない…という音も世間では普通にあります。

テレビが好きでないのはそのためです、ガサツな音が多過ぎる…

乱暴だったり心がない音は、ピアノさんが痛いって言ってるよ、そういう音は出さないほうがいいと伝えます。

レッスンをしていて、あー良い音色だな、心地好いなと感じる子たちは共通点があります。

心の中でたっぷり歌い自分の音をよく聴き、曲を味わい楽しみ大切に奏でている、どんな時も。

練習の量は問題ではなく、それ以前のピアノに向かう心構えの部分でしょうか。

練習が足りなくてたどたどしい時があっても良いのです。

大事なのは、目の前のこの曲を大切に演奏すること。

歌心をもって音を出し、その音をよく聴くこと。

味わい慈しむこと。

そこにフォーカスする演奏が出来ると、きっと一生の趣味になります。

自分の音が心地好いのですもの。

大切に慈しんで奏でて欲しい、と切に願っています。




いつも音楽は心に寄り添ってくれる、勇気づけてくれる、癒してくれる、楽しいものなんだ、を伝えたくてピアノ講師をしています。

音楽の在り方をこの子はよく分かっているから音楽が趣味になるだろうな、と感じられる時、とても喜びを感じます。

それを伝えたいのです。

寄り添う存在になって欲しいな。

私に出来ることは惜しみなくやらなくちゃ。




ピアノ教室フェリチタ






このページのトップヘ