所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

~音楽との幸せな時間~

FullSizeRender
大掃除をしながら、私の2018年漢字一文字は…直ぐに思いつきました。

整う、の『整』です。

整理された、準備は整った、など。

人間関係や自分の生き方など音楽的にぐるぐると考えを巡らし、友人たちの支えや出会いに有難いことに恵まれ、取捨選択の必要性も感じた今年一年。

新しいものを入れるためには整理しなくてはならないのですね。

心乱されることがあっても、一見マイナスな出来事があっても、全て自分の人生の一部で、様々な感情を知る必要があり。

路を誤らないための、今現在の必要な学びであり。

みんな栄養。

何を選んでいくのかも、流されることなくしっかり考えていかねばなりません。

身も心も清らかに軽やかに、1日1日を大切に慈しんで、感謝の思いを忘れることなく過ごそう。

皆さん、ありがとう!

と、この数日の大きな動きの中で考えます。

慌ただしい時期ですが、時に静かに思考の中にどっぷり浸かり進む路を、やるべきことを、考えていこうと思います。




クリスマスは恵比寿ガーデンプレイスへ遊びに行ったのですが、大人な雰囲気でイルミネーションも綺麗でした。



ピアノ教室フェリチタ



FullSizeRender
昨夜は月が綺麗でしたね。

明るく青く光る、丸い月。

時間と共に高い位置に上っていくなあ、と見ていました。

日々色々なことを頑張っている家族。

一生懸命に働いてくれてありがとう。

勉強頑張っているね、お疲れ様。

いつもいつも応援してるよ。

空を見上げてみてごらん。

綺麗な月が光ってるし、宇宙と繋がる青い空が広がってるし、モコモコと重く立ち込めた雲は恵の雨を下さるし、素晴らしいグラデーションを見せる夕焼けは心震わせてくれるし、美しい空を見上げてごらん。

高く高く、見上げてみて。

ふっと癒されるよ。

そんな話をしました。


FullSizeRender
自作曲を作っている友人が教えてくれた、無料楽譜製作サイト『MUSIC SCORE』

興味はあるけど数ある無料サイトのどれが良いのかしら?と迷っていたので良かった〜、ダウンロードしてみました。

サクサク作れますよ〜!

一曲目は、この音符の削除はどうするの?休符が…アーティキュレーションが入れられない…戻したいけどどうやればいい?など苦戦しましたが、2曲目からは大分慣れました。

後からちょっぴり手書きも加えましたが、だいたいOK!にこっ。

指番号の入れ方や格段の小節数調整がまだ出来ないのですが、少しづつマスターしていこう。

いつもは手書きでババっと書いていましたが、やはりきちんした楽譜の方が断然読みやすいし、生徒さんに渡す場合は特にこちらの方が良いですね。

おススメですよ〜。



ピアノ教室フェリチタ


FullSizeRender
ピアノ講師の方々との繋がりで、音楽について指導について、発表会について等々、意見を交わしています。

等身大の生きた意見や感想、提案、励まし、本当に有難いものです。

自身の師匠の話がありました。

どのような師を選ぶか…

私たちは大人で経験が多くあります。

選択肢をなるべくたくさん見つけて、その中から自身の目指す音楽を共に追求する、心から信頼出来る師を求める。

それがなかなか上手く進まないことや、本当にこの道で良いのかと迷い悩んだり…切なくなる話を聞くこともあります。

私たち講師も常に前進したい、音楽を深めたい、一生学び続けたいと考えているのですね。
 
だからこそ悩み、迷い、もがくのです。

他県まで足を運ぶ方。

素晴らしい師匠の元で学び続ける方。

何を基準に師を選べば良いのか迷いの只中にいる方。

私自身の話もして意見を交わします。

幸せや充実はそれぞれの感性ですから本当に色々なお話が出て来て、学び多くとても参考になります。

何を選ぶにしても自身の基準がありますね、誰にでも。

大切なもの、譲れないもの、自分の軸とも言えます。

忙しさに自分を見失いそうな時、周りの動きに引っ張られてしまいそうな時、どんどん底に落ちていくように感じる時、自分だけが取り残されらように感じる時…

静かな空間の中で、日常の雑事に惑わされない時間を作って、ひたすら自身を見つめて埋もれているキラリと光る大切なもの、譲れない軸を救い出して欲しいです。

自身の根底にたどり着いて、それを尊重し大切にする気持ちでいれば、きっときっと素晴らしい師に出会えます。

師は実に重要です。

どうか基準を見失わないよう、自分を誤魔化したりしないよう…エールを送っています。




ピアノ教室フェリチタ






FullSizeRender
クリスマスシーズンになってきましたね。

訪問演奏では季節柄の楽曲を数曲演奏するのですが、今回はピアノでホワイト・クリスマス&仲間たちでクリスマスメドレーを加えました。

このホワイト・クリスマスはジャズ風。

ジャズ…クラシック大好き一筋で歩んできた私の最も苦手なジャンルですが…

アレンジや即興の勉強は幼児の頃のヤマハでちょっぴりやっただけ、引き出しはほぼゼロです。

しかし楽譜があったのと、ジャジーな雰囲気がこの曲に合ってるな〜思い、自分でアレンジするわけじゃないしやってみよう!と弾いてみました。

なんとも言えない素敵な和声が鳴り、色がどんどん変わっていく様、そして軽やかで洒落たリズム。

うーん、素敵、いい曲!

『ずっと聴いていたかった〜良かったよ〜』と仲間に励まされました、なんとか形になって良かった…

嬉しいことに『落ち着きの矢崎さん。安定感があるよね』とちょっぴり褒めてもらい。

時間はかかりますが何事も丁寧にやってこそ力になるし、仲間たちをピアノで支えて調和をより一層際立たせる、それを目指しています。

一体感ですね。

彩りとか支えとか、一緒にたっぷり歌って寄り添うとか。

ピアノはどんな音色も出せるのですもの。

耳を育てる積み重ねが、レッスンでの生徒さん達の音色の聴こえ方、連弾の調和の具合を考えたりどう仕上げるか、かなり変わってきているのを実感しています。

練習と実践を着実に重ねていくこと、上質で本物の演奏をライブで聴くこと。

先月のフォーレ四重奏団とステップ、春からのアンサンブル活動で、聴こえ方とイメージの膨らみ方がここに来てやっと動き出しました。

時間がかかります…あっという間にひとっ飛びに良くなろうなんて求めてはいけませんね。

これからも地道に…

楽しい訪問演奏でした。

会の皆が笑顔、感動の涙。

幸せなのです、音楽ってそういうもの。

音楽に携わっていて良かったと心から思います。



         ピアノ教室フェリチタ



FullSizeRender
明日はアンサンブルの訪問演奏があります。

皆さんとの合わせが楽しくて楽しくて。

最近、私はピアノが弾けて良かった、としみじみ思うのです。

弦楽器にも管楽器にもどの楽器にもなれる、その音色を奏でられる。

変幻自在に、どの楽器とも一緒に歌える。

それを追求するつもりになれば、ピアノはオーケストラを表現できる。

どのような表情でも、どのような和声でも、応えられる。

弦楽器とも管楽器とも、柔らかで響きの美しいピアノの音なら会話ができるんだ。

潜り込みたい弦の音、息づかいを一緒に感じながら奏でる管の円やかな音。

側に寄り添える、共に歩ける…

…それが急に、先程練習していてピカーッと分かりました。

多喜先生が仰る『耳が開く』と共に『目が覚めた、視界が開けた』感じです。

練習しながら様々な楽器の音色が頭の中に渦巻いて。

あーピアノって最高…しみじみ。

この写真の空のように、気持ちが清々しいです。




低音パートはいつでも、チェロの先生の音色を思い出しながら、どうやって先生は演奏しているかな…と考えながら弾きます。

どんな時でも一音一音心を込めて、響き豊かな生きた音を奏でる、そのチェロの音色は最高のお手本です。

低音って実に重要です。

包み込んでくれる低音、もうそれだけで幸せですね。

ボウイングは音の方向を考える上でとても参考になるので、ヴァイオリンの先生の演奏する姿をよく見ていました。

楽譜を忠実に再現する、音楽への真摯な姿勢にうっとりしていました。




それと、初めて出会う曲の音源を聴くのを止めました。

ある程度弾けるようになってから色々な演奏を聴き研究して深めるのは良いのですが、最初から刷り込みのようなコピーになりたくないと思うようになり。

名演奏家の演奏を聴く前に、まずは楽譜をよく見てよく考える、ひたすら楽譜に向かう、研究する。

重要なことではないでしょうか。

それだけで膨大なことが分かるのですもの。

耳コピして形を作って、それから楽譜を当てはめて設計図を直していく…のは私にとってはNOなのだと気付きました。

作曲家の声、魂の叫びが聴きたいのです。

そして、作曲家とゆっくり話がしたいのです。

そうだったよな…ずっとそう考えてきたもんね…



明日もニコニコの一日になりますようよう。

皆さんとのアンサンブルでの会話、楽しみです。


このページのトップヘ