所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

~音楽との幸せな時間~

    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


2018-10-12-09-35-23

ブラームスの四重奏をうっとり聴きながら、マスタークラスのお話を思い出しています。

「優れた演奏家が優秀な指導者とは限らない」と言われています。

が、音楽の真髄を追究している真の演奏家は必ず優れた指導をしてくれるものだと、これまで色々な指導者の指導を受けてきて確信しています。

イコールです。

現在では、室内楽の先生方や赤松林太郎先生、そしてマスタークラスでのフォーレ四重奏団が、それをはっきりと証明してくださっています。

自身の感性を信頼していますし、見ているところが同じ、その道に沿っていきたいと思える、私自身が素晴らしいと感じる音楽にたっぷり浸っています。

マスタークラスでもまばたきするのが惜しいほど、目も耳も全開で感激しながら聞いていたのですが、まず今回は

『どのような楽器を演奏するのでも、一番目の楽器は体です』

というチェリストの言葉を。

声楽は体が楽器とは理解していましたが、全ての楽器に当てはまる「体がまず楽器」という言葉にハッとさせられました。

『体の動きに思考が表れる。体を指揮している気持ちで。体全体で楽曲に向かっていくこと』

腕だけ手だけではなく、お腹の底から。

体全体の重さを感じ、使って。

呼吸がたくさん必要なのか、少ない呼吸で良いのかも考えて。

メロディの方向性を体で示す。

ただし、無駄な動きはしないこと。

音にすべてを表すこと。

(この無駄な動きについては、ヴァイオリンの先生も同じことをお話しされてました。

オケではピアノ奏者の後ろ姿しか見ていません。

後ろから見ていて無駄に動いているピアニストは大抵、音楽に表れていないんですよね、と。

音に表れた結果の動きなら良いですが、パフォーマンス優先は音がブレてしまいますものね)

腕をゆったりと伸ばし、体と腕の重さを指先に乗せて。

思考と感情と体が1つになり、その全てをストレートにピアノの音へと運ぶ。

『体を指揮する』

良い言葉ですね。

意識して習得したいです。

どの演奏家も、一回の来日でコンサートとマスタークラスを一緒にしてくれたら良いのになあと思います。

音楽観がよりはっきり分かりますね。




私はドイツが好きなのかも、と最近思います。

バッハ・ベートーヴェン・ブラームスの三大B、フォーレ四重奏団もドイツ出身、ウィーンフィルよりもベルリンフィルに何となく惹かれますし、母なる大地のような揺るぎない音楽に心が震えるのです。

爽やかなウィーンの風が吹き抜けるモーツァルト、表現できず苦戦しているひとつの要因かなー、なんて、言い訳ですが。

まずはピアノに向かうことですね!

真っ直ぐに、雑念は取っ払い。

体を愛し、情感をしっかり感じてあげましょう。





    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info

2018-10-06-16-25-31

9月29日(土)と10月6日(土)、アンサンブルの訪問演奏へ行ってきました。

アンサンブル活動を始めて早3か月、様々な調性の曲を次々に合わせていくことにも慣れてきました。

空気も気分も、切り換えを素早くすることも。

そして、ピアノ以外の楽器たちとの調和が楽しくてワクワクしながら演奏しています。

聴いてくださった方たちとの、音楽を通した温かな時間でした。

拍手をして喜んでくださり、感動したと涙を流す方がいらしたり、握手をし合ったり。

心を込めて皆で演奏し、心の交流が生まれ、訪問演奏は貴重な経験となりました。

音楽は心を震わせ、共有し合い、優しくて温かい。

その大切な部分をしっかり感じ取りました。

一人アンサンブルが出来るピアノという楽器。

「右手と左手は仲良しなんだよ、お互い思いやって演奏してね」とレッスンで話します。

融合し溶け合い、時に対旋律を奏でたり、光と陰を感じたり、互いに引き立て合ったり。

聴いて感じて考えて。

やることがいっぱいですね。

楽しい!

やはり連弾も多く取り入れていかないとです。

ついついソロばかりになってしまいがち、様々な練習をレッスンで行っていきたいです。

調和の音楽の素晴らしさを全身で感じ、感動したりうっとりしたり、細胞が生まれ変わったように感じる1週間でした。

次回は12月に訪問演奏がありますので、そこに向かい、また仲間たちと高めていきます。

素晴らしいピアノカルテットの感動をいつでも胸に、私は何を伝えたいのか、共に成長し音楽を一緒に感じるために、さあ頑張るぞ~!








    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



2018-10-06-16-21-23

昨日のトッパンホールでの第2夜。

フォーレ四重奏団のファンになるきっかけとなったブラームス第1番も演奏してくれました。

何度も何度も観て心震わせたこの楽曲、ライブの演奏が聴けることに心の中で歓喜の声をあげました。

楽曲に感動し、敬意を払い、丁寧に研究し積み上げてきた4人だからこそ表現可能なカルテットに、まずは彼ら自身が感謝と感動を持っているのがひしひしと伝わってくるのです。

ありがとう!楽しいね!なんて素晴らしい曲だろうね!信じてるよ!という声が聞こえてくるこういう演奏、たまらなく感動します。

私も彼らと共に歌い、躍り、苦悩し、喜び、哀しみ、感謝の気持ちが溢れ、2時間、ずっと幸せな涙をポロポロ流していました。

音楽って決して一方的ではないのだと思います。

奏者と聴き手と、そして作曲家、みーんなで共有するのです。

なので奏者には責任があるのです。

作曲家の魂の声を再現する、いつでも正しく。

奏者、聴き手、作曲家のトリオ。

それが可能なのは、奏者の探究心と努力と優れた技術があるからです。

それをはっきりと知りました。

終わらないでー、と心の中で叫び、同時にありがとうーー!と叫びました。

好きなアーティストのライブ演奏は何がなんでも聴くべきですね。

こんなにも満たされ幸せで、そして私自身の音楽が潤うのですもの。




第1夜に贅沢に4枚もサインを書いて頂けたので、昨日は彼らの写真がどうしても欲しくてパシャ!

エリカさんは大変チャーミングな方ですし(大好きです!)、男性3人は皆さんスラッとしていてピシッとしていて脚が長くて凛としていて、とっても格好いい、惚れ惚れです……

日本中を、世界中を、彼らの演奏を聴くために追っかけをしたいほど。

日本公演は今日と明日です。

感動の嵐を巻き起こすことでしょう。

次は2年後、また東京に来てくださると信じ、会員先行販売を狙いトッパンホールの会員になることにしました。

23年間、メンバー変更なく築き上げてきた強固なカルテット。

憧れ、尊敬しています。

2日(火)にありました室内楽マスタークラスでの彼らの音楽観は、少しずつアップしていこうと思います。

感謝の気持ちで心が張り裂けそうで、幸せです。





    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


40

待ちに待ったフォーレ四重奏団、来日です。

トッパンホール、東京での1日・本日5日のコンサート、2日にありましたマスタークラス聴講、聴ける限り彼らの音楽と姿勢に触れたい一心です。

コンサートは満員、割れんばかりの拍手大喝采でした。

極上です。

間違いなく世界トップクラスの音楽、彼ら以上のピアノカルテットは無いと確信します。

こんなにも感動するとは想像していませんでした。

嗚咽をこらえるくらい揺さぶられ、感涙が止まらなくなりました。

アンサンブルの姿、音楽の真髄、ここにあり。

人間が奏でる芸術って、こんなにも壮大で果てしなくて、地球の奥深くまで届くようで、そしてこんなにも優しく包み込んでくれるんだ。

まるで地平線が見えるよう。

まるで宇宙に包み込まれるよう。

空気の濃度や揺らぎが次々に変化していき、多様な色彩が押し寄せ、様々な感覚が呼び起こされ、心の動きも感涙ももう自分ではどうにも出来ないくらいでした。

作曲家の魂の叫びが聴こえます。

彼らの体を通して、作曲家たちの声が聴こえます。

神聖さをも感じます。

なぜ音楽を奏でるのだろう、どう向き合いたいのだろう、なぜこんなにも音楽が愛しいのだろう、と自問自答します。

答えがありました、彼らの演奏の中に。

幸せを感じるために音楽はあるのですね。

音楽イコールhappiness、それを決して忘れたくないです。

そしてソロのみではなく、音楽はアンサンブルを学ぶ必要が絶対的にあることも確信しました。

心はピンク色、また今日も彼らの音楽を浴び、堪能してきます。





    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


13

先日、ハンブルクトリオのメンデルスゾーン・ピアノトリオ全曲の演奏会を聴きに行きました。

行って良かったです…心が解放され、羽が生えたように感じました…

前の方でよーく観ながら聴いていたのですが、開始ワンフレーズで琴線に触れ、ぼわぼわと涙が溢れてきました。

なんて優しい音楽なんだろう…

愛情や思いやり、支え合い、照らし合い、お互いを引き立てる、そんな想いが詰まっています。

作曲家への尊敬の念。

仲間たちへの信頼。

楽曲への愛情、向かう真摯な姿勢。

感性が響き合い、温かい音色に包まれて次から次に涙が溢れてきました。

メンデルスゾーンの傑作二作品、そしてメンデルスゾーンの姉ファニーの一作品。

どんなにfでも痛くなく、たっぷりと豊かで。

ppの音色や、ピアノの細かく速いパッセージは耳元で優しくこしょこしょと鳴っているようで、たまらなく美しい。

音と一緒に昇っていく感覚。

あー素晴らしい、幸せだ…と夢見心地でした。




音楽を奏でるのに大切なことって何でしょう。

人それぞれ答えがあると思いますが、作曲家と対話し意図を読み取り研究し、楽譜を丁寧に表す、甦らせるのは、何よりも大切だと思うのです。

自分の都合、自己解釈に頼っていては本物には辿り着けません。

「設計図を丁寧に作って」と室内楽レッスンで先生方が仰っています。

土台を大切にするからこそ、対話のイマジネーションが広がっていくのですね。

やはり大事なことだよね、とハンブルクトリオを聴きながら感じていました。

私もぶれないで進もう。

自身のトリオにも、アンサンブル活動にも大きな学びとなりました。

感動をありがとうございました。




来月は大大大ファンのフォーレ四重奏団、来日東京公演は2日とも聴きに行きます。

ピアニストのモメルツ氏の音色は色彩豊かで大変美しいのですが、生演奏が聴けるのが今からワクワクです。

ライブを聴くことは実に重要ですね。

きっと音源を何回も聴くより、本物の音楽家達のコンサートを一回聴いた方が、断然学びとなります。

先生方とのモーツァルトトリオも11月本番に向けて本気モードに入っています。

感動して、学んで研究して、感性を響かせ合い、進んでいきます。





このページのトップヘ