所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

~音楽との幸せな時間~

FullSizeRender
今日は友人とFaceTimeで繋がり、レッスンのこと、オンラインの手応えや工夫や改善点、室内楽のこと、自身のレッスンのことなどたくさん話してとても楽しかったです。

ありがとうね!

どこにスマホを置くと見やすいか、音の聴こえ方はどうか、ヘリに置くとピアノの振動が伝わってしまうのか、音の割れはどうかなどもチェック。

レッスンで少し離れた位置にスマホを置き映していると、はて、生徒さんはこちらの画面のどこを見ているのか?

私が弾いている、どこ見ているかな?

手元見てる?もしかしてボンヤリ眺めてるだけになってる?私の顔を見てるのか?と思うこともあります。

ここはオンラインの利点として、反転に切り替えてスマホを手に持って弾いている手元と鍵盤を映したり、鏡のように蓋に映った手元を見せてあげるのも良いらしいよ!と二人で実験したりもしました。

等身大の現在のレッスンの現状、相談しあって改善に向かえること、気付き合えることが多いです。

居住地によってコロナ感染状況が違うので対面レッスンに戻すタイミングをいつにするか、なども話していました。

所沢市は感染者がとても多いので対面レッスンはまだ先になりそうです。

だからこそオンラインが楽しく少しでも快適なレッスンになるよう、まだまだ試行錯誤が必要ですね。




写真はモーツァルトヴァイオリンソナタ、室内楽のデュオ曲です。

モーツァルトにしては珍しいe moll…

母親を亡くした時に作曲した鎮魂歌、Vnソナタの中でも名曲と言われています

ほぼ弾けるようにはなっているのですが、今日はVnとの関係性や対話や和声をじっくり見てみました。

まるでオーケストラです。

こんなに音数が少ないのにオケが鳴っています。

大作曲家の中でも頭ひとつ抜きん出ている存在というのは誰でも認めることですし、記譜してある音の向こうに壮大な世界が見えるようで、モーツァルトの偉大さに平伏すような気持ちです。

どうしたって管楽器が鳴っています。

クラリネットはモーツァルトでは重要な楽器なので美味しいところはクラリネット担当。

ファゴットやホルンがモーツァルトの時代にあったのか定かではありませんが、各楽器たちの3度や6度や8度の調和の中に、緊張と弛緩と、寄り添いと呼応がたくさん含まれていて、頭が研ぎ澄まされるように見えてきて嬉しくてゾクゾクしました。

何を表現したいのか、何を伝えたいのか、知りたいです。

管楽器のパーンとハリのある音やポーンとまろやかな音、ストリングスの調和、メロディラインを引き継いで発展させていく様、tutti。

好きで好きで目眩がしそう…

古典派が好きなのはオケが聴こえるから・弦のボウイングが見えるからなんだよね、と常々感じていますが、この曲がこんなに管楽器が鳴っているとは思っていなかったので新鮮でした。

オケに置き換えて各楽器の音色とボウイングもイメージ、後は拍子を見失わず、じっくり和声進行を考える。

そうすると、どのような練習をすればいいのかが分かっちゃいます。

闇雲に弾いていても時間の浪費になりますが、練習方法が分かると随分楽になります。

表現可能になるには時間がとてもかかりますが、どうしたら良いか分からない…ということにはなりません、拍子と和声進行に答えがあります。

早く練習したいなあ…

来月からレッスン再開予定の室内楽、今年度の大きな目標が叶えられるように、先生方と呼応出来るように、するぞ〜!




ピアノ教室フェリチタ


FullSizeRender









FullSizeRender
自粛期間、レッスンが無いからピアノから離れてしまう子たちもいるのだろうなと思います。

『オンラインレッスンしてくれているよと友達に話すと「いいなあ、うちの先生はお休みって連絡が来ただけでレッスンがずっと無い、子供がピアノ弾かなくなっちゃう」と言っていました。レッスンしてくれて本当に有難いです』というようなお話を親御さんたちから聞きます。

親御さんへの説明に悩まれたり音質画質の悪さが気になるとオンラインを躊躇している先生方もいますが、レッスン休みの間に生徒さん親御さんがどんな気持ちでいるのか考えたら…オンラインを選ぶしかないと思います。

お休みが長いとピアノから離れてしまいます。

私の目標は、自粛期間があることで、生徒さん全員が音楽とピアノがより一層好きになることです。

勇気づけてくれたり、癒したり、励ましてくれたり、喜びが膨らんで自身も周りのみんなも笑顔になれたり。

音楽はそういうものだと実感出来て、ピアノが生涯の趣味になりますように…切実な願いです。

それを体現し、音楽の魅力を伝えるのが私達の使命であり存在価値だと思っています。

じっくり練習出来る今こそチャンス。

練習たくさんしてぐーんと上手になったよね。

憧れの曲にチャレンジ、頑張れて嬉しいね!

ピアノ弾けて楽しいね、音楽って良いよね。

好きな曲が自由に弾けるようになるためにレッスンってあるんだね!

そうひしひし感じて欲しい。

物事を明るく見るか暗く見るかは人によって様々で、私はいつでも明るく見たいと考えています。

こちらの意気込みを見せることが説得ですし、明るく見る姿勢を生徒さん親御さんに示すことで軌道に乗ると信じています。

私の場合、音楽は浄化してくれる存在なのですがクラシック音楽は特にそうです。

透き通っていくような感覚があります。

奏でて、聴いて、楽譜を深く読み取って…

一人での練習は作曲家と自分と対話、アンサンブルではパートナー達の音色と想いを受け取り新たに生み出す。

なんて充実の時間でしょう。




開催時期は未定ですが、ドラムとのアンサンブル会のお知らせを生徒さん向けに動画で送りました。

好きな曲や弾いてみたい曲にチャレンジして、ドラムの先生とのデュオも楽しみに目標を持って、ピアノに向かうのが楽しくて良い時間になって欲しいので早めにみんなにお知らせしますよ!と元気に伝えました。

ドラムではなくカホンになるので、カホンの紹介をしレッスン室で行うこと、
①ドラムの先生のカホンと生徒さんピアノのデュオ
②カホンを叩いたりレクチャーしてもらえる
③出来ればトリオにも挑戦したい
という三本柱のレッスン形式です。

カホンは今後、リズム課題で生徒さん達が叩くようになるから一緒にやろうね〜!とも伝えました。

早速『デュオの2曲目を何にしようか楽しそうに考えています』とお返事を頂きました。

ワクワクするね!先生もとっても楽しみです。

生徒さんたちを照らしてあげたいなあと思っています。

ピアノの可能性を知って欲しいし、ピアノが弾けて良かった〜楽しい〜と感じて欲しい。

カホンってどんな音がするのかYouTubeで調べてみますね。

お楽しみに!





ピアノ教室フェリチタ
IMG_0209







FullSizeRender
5月の満月フラワームーン、第二夜(っていうのかしら?)

今夜は少し大きくてより幻想的…昨夜に引き続き子供と一緒に月の光を浴びました。

わーい、月さん、美しい光をありがとう〜!

あなたはとても美しい!

と月に向かって手を振りました。





ここ数日、親御さんたちとのやり取りの中で、延期になったドラムアンサンブルイベントの話もお伝えしています。

延期になったのを機に、ドラム講師に相談し内容を改めることにしました。

会場を借りてアンサンブルをお披露目しようと計画していたのですが、アンサンブル初体験の子が多いこと、大きな音の生ドラムと、触るのが初めてのステージピアノでの合わせが子供たちにとって現実には難しいかもと考え…

ドラム講師の負担が大きくなりそうですし、お披露目を目的にするべきではないとも思い、レッスン室でレッスン形式のアンサンブル会をすることにしました。

開催時期は対面レッスン可能になってからなのでまだ未定ですが、ただ音を出してカウント合わせて二人で弾けました、ではなく、打楽器の音も聴けて少しでもアンサンブルの魅力を味わえるよう是非仕上げて欲しいので、生徒さんたちはずっと練習を続けています。

ポピュラーや軽めのジャズ風の曲で好きな曲を選んでもらっているので、みんなそれはそれは楽しげに練習してくれています。

お友達に会えない、学校にも行けない時だからこそ、好きな曲を弾いてピアノ時間がウキウキするひと時になって欲しい、音楽って良いな!と楽しんで欲しいという思いもあります。

2曲目を練習している子たちもいて、クラシックとはまた違うリズム感や、弾き歌いにもチャレンジしています。

レッスン形式、ドラム講師と私と生徒さんのマンツーマンならぬ1対2のレッスン、というより3人でじっくりアンサンブルを楽しみたいです。

アンサンブルってこんな感じだよ、どうかな、生徒さんの様子にしっかり目を向けたいなと考えます。

ピアノを一人で弾くのも楽しい。

二人や三人で演奏するのは、それぞれの良さが混ざり合って新しいものが生まれる。

仲間たちと演奏すると一人では成し得ない新たな喜びが生まれ、共鳴共感を味わえる楽しさがある。

新しいものが生まれるんだ、と最近気付きました。

誰かと共同作業をして、共鳴しあって一緒に味わうのが大好きなんだ、とも気付きました。

ソロとは別世界、高揚感です。

どちらも経験して欲しい、それぞれの良さを知って欲しいと考えます。

音楽って広いの、豊かなの。

幅を広げよう。

イベントの内容も決まっているので、生徒さんに向けてそろそろ動画を発信しようと思います。

好きな曲をじっくり練習出来て良かったね!

新しいこと、難しいことにも挑戦して頑張っているね!

アンサンブルって楽しいよ〜!といつも生徒さんたちに伝えています。

季節は明るく輝いています。

今やることにきちんと対応しながら未来にも目を向けましょう。

自分の可能性を信じてね。

目標があると目の前が明るくなります。

新しいものが生まれるアンサンブル、早く先生方と合わせがしたいなあ…切実に思います。

明日はじっくり自分の曲の練習をしよう。





ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender









FullSizeRender
晴れやかなお天気だと外で深呼吸したり空を眺めお日様を浴びます。

同じ晴れでも日によって青さが違う空。

小さな雲がフワフワしてる〜。

今日もありがとう!元気でーす!

窓を開けて爽やかな風を入れ家の中も風通しして、鳥のお喋りも聞きましょう。

気持ちの良い大好きな季節、運動不足でもあるし朝はお散歩に行こう!とも思います。

5月と11月、空気の感じと、新緑と紅葉で樹々が移りゆく様が好きです。

絶賛好きなこと探し、ご機嫌になれること探し!

今日はこのアイシャドーにしてみよう、挑戦〜とメイクを楽しみアクセサリーもつけて、美顔スチーマーを購入したのですが子供と一緒に毎晩お手入れでご機嫌になり、全身マッサージでケアをしたり、常に気持ちを上げておこうと心がけています。

音楽関係のこと一日中で過ごしていますが、少し前はドラムの勉強をしたり、今はヴァイオリンとピアノの楽器視点の勉強をしています。

興味のあることや好きなことの勉強は純粋に楽しい。

見識を広げる深める、知らない世界を知る、ってたまらなくワクワクします。

子供達のオンライン授業も始まったので、新しい世界を知ることが出来るってワクワクするね!楽しみだね!応援しているよ!と背中を優しく押しています。

心を満たすよう、心身共に自分を大切にすることを第一優先に選択すると良いかなあと思い過ごしています。




大人の生徒さんがオンラインレッスンの感想を『家での練習環境に先生が側に来てくださる感じがして、練習とレッスンのモチベーションの差が無くなって嬉しいです!』とお聞かせ下さいました。

レッスンのモチベーションが保てるのだそうです。

なるほど〜〜とお話していました。

『先生が家に来てくれるような感じで楽しい』『ビデオ通話が面白い』と言ってくれる子たちや、『想像以上に楽しくて安心しました』と仰る親御さんも多いです。

画面であっても、ニコニコで話しかけたりお話したりご意見を聞いたり楽しいものですね。

こちらが問いかけたり指示する→生徒さんが答えたり動作する、の繰り返しになるので『野球のキャッチボールと一緒だよ。ボールを持っている方だけがお話したり音を出すようにしましょう』とも伝えます。

ボールを握って投げる側なのか受け取る側なのかを明確にしながら、レッスンのリズムを作っていきたいなと考えます。

焦らない、急がせない、対面レッスン以上に待ってあげる気持ちが必要です。

それと、お家での練習環境で椅子が低すぎる子が多いなと感じるので、再度姿勢や足元を見てあげようと思います。

どの生徒さんもソルフェージュ課題のテキストを追加しました。

何事においても、基礎基本を時間をかけて習得し身につけることはとても大切です。

ソルフェージュに時間を取ることで音楽においての基礎基本を固めて、またオンラインレッスンならではの楽しさを見つけて伝えていこうとも思います。

これからはテキストの進め方や練習回数の指定などを研究していきます。

ここのところ室内楽の練習が足りないので、来週の絵理先生のオンラインレッスンに向けて、ベートーヴェンとモーツァルトと対話をする時間を確保して、どっぷりアンサンブルに浸りたいです。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender








FullSizeRender
何事も経験してみること、挑戦して取り入れてみるって大事ですね。

視野を広くしよう、見識を増やそう、いつも心は柔やかでいて、フットワークは軽くして、アンテナを敏感にね。

世の状況に柔軟に対応する姿勢も必要です。

やる前と後とでは大分印象が違うオンラインレッスンです。

最近はオンラインのメリットに注目しています。

但しサポートで動画を使うのが前提です、オンラインのみでなんとかしようとするのは難しいと思っています。

短所をどうカバーするかは毎日研究しながら、長所も真っ直ぐ見つめて、気づいたことはその場で生徒さん親御さんに伝えることも必要です。

親御さん達から『レッスンの様子が見ることが出来てとても嬉しい』という声を多く頂きます。

きっと、私とのやり取りの中で、真剣に話を聞こうとする姿勢、ここまでは自力で弾ききるぞという頑張り、私のアドバイスを考えながら出来るようになりたいという気持ちでピアノに向かっている様子、ピアノが弾ける喜び、目の前でどんどん良くなっていく演奏、そういったことに親御さんも喜びを感じておられるのだと思います。

音質まではチェック出来ませんが、リズム感やフレーズの改善、音楽にのれている様子は伝わってきますし、不自然な動きになっていないかも画像で分かります。

オンラインで出来ない音質や全体のバランス指導はプラスで動画でアドバイスしています。

毎日何かしら動画を撮っています。

何が出来て何が出来ないのか、こちらがきちんと把握しておかねばなりませんし、オンラインに適したアドバイスが必要です。

『この楽譜は閉じて、次はこの楽譜をやりましょう』『赤鉛筆を持って、気を付けるところ、こことここに印をつけましょう』など一つ一つの動作を明確に伝え、急かさないことも心がけています。

そして毎回少しでも親御さんとコミュニケーションが取れるのも嬉しいことです。

レッスン終わった時に、何か心配事はありますか、と必ず聞くようにしているのですが、音声が途切れた時になかなか子供の方から言い出せないようだ、とのお声があるので、私の方でまめに一呼吸おいて確認してあげよう、気を付けようと考えています

親御さんとお話が出来るってとても良いですね。

きっと親御さん達、レッスン時のお子様の様子や上達にとても興味を持って下さっています。

あとは、マンツーマンでの楽しいお喋りも対面レッスンの良さのひとつですが、オンラインはそこに時間を取りません。

ご挨拶をし少しお話をして、楽譜や筆記用具はご準備をお願いしてありピアノの前に座っているので最初と最後の支度に時間が取られませんし、シールを貼るのも私の方でササッとするので思った以上に目一杯レッスンが出来ます。

対面と同様に足りないくらいです。

レッスン時間とレッスン費の設定をどうするか、私も始める前は少しお安く時間を短くしようかと考えたのですが、同時間同額で正解だったと二巡した感想です。





オンラインはお家の状況で難しいとレッスンをお休みされている生徒さんにアドバイスの動画を先週送ったところ、短期間にとても上手になって、しかも暗譜まで出来ている動画を送ってくださり大変嬉しく思いました。

レッスン出来なくても会えなくてもあなたのことを思っているからね、とどうしても伝えたく、その気持ちを受け取ってくれたようで、なんだか感極まりました。

あんまり上手なので『更に上のステージにいくために4つのアドバイスがあるよ。そして練習がもっと楽しくなると思うので、難しいけど弾き歌いに挑戦してごらん!』と練習方法と一緒に提案動画をお送り。

『うんうん!と頷きながら親子で見ました。嬉しかったです。頑張ってみます!』と前向きなお返事を頂きました。

お家時間が多い今は、何より大好きな曲を弾くのが一番良いように思うのです。

練習曲もコツコツ進めたいですが、好きな曲、弾いてみたい曲に時間をいっぱい使って欲しいなと思います。

音楽って本当に良いよね!レッスンがあって良かったよね!ピアノ弾けるって楽しいね!と実感して頂きたい。

その一心です。

今やるべきことは、まずは目の前の生徒さん親御さんに真摯でいるために何が出来るかをフル回転で考え実践することです。

一歩を踏み出すことで見えるものは確実に変わります。

Facebookなどで、首都圏ではオンライン移行が一般的になっているけれど、地方ではまだ踏み切れない先生方もいるとのこと、情報やレクチャー関連が多く飛びかっています。

先生方大丈夫です、オンライン上手くいきますからね!

私達講師も楽しんでレッスン出来ます!

新しいこと経験って楽しいものです。





ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender


このページのトップヘ