所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

~音楽との幸せな時間~

image
note公式ブログから聴いて頂けたら嬉しいです!

https://note.com/luceluce

癒しと浄化の音色を奏でて、パートナー奏者も聴く人も幸せにする

がこれからの人生のテーマです。

張り切って、ニコニコ笑顔で楽しんで、表現していきます。



ピアノ教室フェリチタ






image
これから一緒に活動していくアンサンブルのパートナーであるクラリネットの節子さん(せっちゃん!)と昨日、初合わせをしました。

ぴったりと呼吸が合い素直に演奏出来て、初合わせとは思えないね〜と2人で嬉しい驚きを感じていました。

もうずっと合わせをしてきたかのようなしっくり感…

クラリネットって人の声に近いのだそうです。

なので優しく語りかけるような癒しの音色が魅力、持っている音色の一つなのですね。

初合わせでもあり、YouTubeアップのための録音も4曲しました。

スマホとマイクの場所を変えて撮り、録音したものをパソコンで聴いて、を繰り返すので時間がかかりますが、なんて楽し時間なのかしら!

何回合わせても楽しい!

スマホでは画像を2人それぞれで撮りました。
image
せっちゃんが編集作業してくれているのですが、編集って大変なのですね…ありがとう!

米津さんが好きだし、同じ歳だし、音楽で伝えたいことも同じだし、ずっとずっと欲しいと求めていた音楽パートナーは、すいっと現れました。

願いは思い描くことが大切ですが、言葉を発して行動しないと実現出来ない、ということも最近よく分かりました。

ピアノが弾けて良かったな、室内楽を真剣に学んできて良かったな、とも強く思います。

私の夢の実現に手を差し伸べてくれた人達に感謝しています。

YouTubeに無事にアップ出来るか実に心配ですが…頑張ります!

展望、夢、叶えたいことがあります。

貪欲に、しかも着実に努力を重ねて突き進むぞー。

みんなみんな、ありがとう。



ピアノ教室フェリチタ

note公式ブログ







image
フルート奏者、クラリネット奏者、ヴァイオリン奏者などの友人達に『ピアノが弾けるって良いよね』と言われます。

メロディ、単旋律を奏でる楽器奏者にしてみるとメロディも伴奏も全部奏でられるピアノって良いなと思う、と。

好きな曲をいっぱいの音で奏でられたら楽しいじゃん!一人で全部出来たら楽しいよね!でも役割も大きくて大変そうだけど!と言われます。

単旋律の一音一音に命を掛ける、魂を込めるのが、ピアノ奏者にしてみると、少ない音数の中に拍子も和声も背景も全てを含んで表現する、表現しなくてはならない奥深さがとてもカッコいいよ!

表現は奥深いのに出す音が単音、というのが潔くて、ごまかしもきかなくて。

下手をしたらとても薄っぺらくなりますものね。

海外に行くと日本の良さが分かる、とよく聞きますが、きっと他の楽器を演奏出来たらよりピアノの良さが分かるのかも。

ピアノは手の中で声部の弾き分けをするし、和声のバランスも神経使うし、音数がとても多くて両手の動きが忙しいし、瞬時に多くの音を読み取るし、だからこそ色彩豊かに表現出来る、オーケストラのように。

やっぱりピアノが弾けるって幸せなのです。

譜読み、リズムの確認、テンポの安定、左右のバランスなど考えることが多いので、だからこそ頭の中はいつでもフル回転で面白い。

そして、出てきたたくさんの音を聴くことを疎かにしないで。

聴けていない時の音はすぐ分かります。

手の動きと譜読みだけにいっぱいになっていると聴けていないので、手に馴染むまで何度も何度も弾いて、手も耳も慣れること。

それがピアノ奏者にはとても必要な時間ですし、多くの時間が掛かります。

勉強や部活や塾が忙しくて練習出来なくても、この曲のここが好きなんだよな〜の気持ちを忘れずに弾こうね、と声を掛けました。

そうかあ、ピアノってすごいですね!と笑顔で帰っていって良かった。

子供とはいえ色々な時期があるし、優先すべきことがあります。

練習出来ていなくても、レッスンで一緒に集中出来て、曲の良いところを堪能し、弾けないところの解決を見つけられる、その姿勢があれば丸。

やっぱりレッスンの時の姿勢って大事だなーと思います。

夢を叶えるため。

目標に向かって。

ピアノって良いよね〜の気持ちを持って進みましょう。



ピアノ教室フェリチタ

note公式ブログ






image
10/17(土)の住吉ステップの合わせリハーサルに行ってきました。

最高に楽しい時間でした!!!

ドラム石田雅弘先生もベース絲井勇太先生も島村楽器ららぽーと富士見店で講師をされています。

石田先生とはお店でピアノと合わせてもらって楽しんでいたのですが、絲井先生とはご挨拶程度でお会いすることがほとんどなかったので、こうやってアンサンブル出来て嬉しい〜。

3人での演奏、それはそれは楽しくて、喜びで細胞が踊り出す感じです!

ベースの音っていいですね…

芯があってズシンとしっかり響く、私好みの音でした。

……話が逸れますが、女性の歌声でも芯のある声が好きです。芯があるから周りにある声音が様々に変化出来るので、ポップスではあいみょんは好きです。米津さんはもう神です……

と戻しましょう。

ベースって俺が!俺が!とは前に出てはこないのでしょうが、しっかり音楽の根底を支えているのが伝わってきて、この音を受け止めておきたい!と録音で繰り返し音を聴き取りました。

ピアノが弾けて良かったと今日もしみじみ噛み締めました。

こんなに楽しいことだから来年は生徒さん達にも体験させてあげたいなー。

全員は無理としても、楽しめそうな生徒さん達には遠慮なくお声掛けさせて頂きますね!

ステップ代表の板崎早苗先生もとても魅力的な先生で、こうやってピアノの先生方とのネットワークも広げていこうと考えています。

石田先生、絲井先生、当日よろしくお願いします!目一杯楽しみましょう!
image




ピアノ教室フェリチタ

note公式ブログ






image
昨日の中秋の名月は見事でしたね。

吸い込まれそうな美しさでした。

いいなあ、秋って。

夜になるのが早くなって、月を見ていられる時間も長くなりました。




作曲家ポスターがあるよ!と教えてもらい、欲しい〜っ!とすぐにポチしました。


ちなみにフレームはポスターフレーム専門ショップ パネルデポ

にて白を購入しました。


image

ユーモラスでありながら特徴を捉えたお顔と、なるほどね〜の小道具。

生徒さんたちが『わあ!すごーい』と作曲家達のお顔と名前に食い入るように見ています。

ベートーヴェンそっくりーとか、モーツァルトから前の時代の人はカツラをかぶっているんだよ、くるんくるんしてるでしょ?とか、絵が上手いなーとか、この人はなんて名前?とか話が弾みます。

良かったらサイト見てみて下さいね、楽しいポスターですよ。




先月レッスン室のエアコンが故障してしまい買い替え・設置のためにグランドピアノを鍵盤手前側に横移動しました。

レッスングッズなども整理し、出ている物がピアノ椅子とカホンしかなかったのもあるのでしょうが、移動した場所で弾くと響きが違っていて驚きました。

よく響く…ここの位置の方がいいな…

調律師さんと話していて、それくらい響きって繊細なものなんです、と。

弦楽器管楽器も立ち位置によって微妙に響きが変わるそうですし、ホールではステージ上の足元板目一枚づつで変わるので、良い響きの場所をセンチ単位で探すのだと聞きます。

カホンでリズム課題を叩いたり鍵盤手前はやはり空間が欲しいので、元のピアノ位置に戻すことにしたのですが、ホントは弦の奥側を開けておきたかったなーというくらい響きの違いがあり良い発見でした。

それとレッスン室内の物を減らす!グッズ等はとにかくしまう!

こんなにも響きが違うのが分かると、ピアノの位置は変えられないから、響きの邪魔になる物を減らすのだ!

レッスン室を快適空間にする!

と決めて、聴音課題や楽理のたんまりあるノートやもうさすがに使わない楽譜のコピーなど断捨離。

楽譜はどうしても捨てられないので整理整頓。

ピアノの足のキャスターは、3つとも内側に向けると響きが抑えられる、外側に向けると響きが外に向かう、のだそうです。

ホールのピアノは外側に向けて設置されるのがが一般的なんですって。

知らなかった、びっくり。

屈強な楽器ピアノですが、響きはやはり繊細なのですね。

エアコン故障で大変でしたが、発見がありかえって良かったのだと思います。

音を出す環境にはシビアでいたいです。

快適にレッスンしたり、練習したいもの。

10月11月も本番があるのでレッスン室にこもって弾いていたい、ホントは8時間くらい…

このところ腕がとても疲れているので、明日はメンテナンスに行ってきます。





ピアノ教室フェリチタ

note公式ブログ








このページのトップヘ