所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

~音楽との幸せな時間~

    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


08

生徒さんのアンサンブル発表を聴きに行ってきました。

皆で心をひとつに同じ方向を見て、感性を澄ませて作り上げている音楽だと感じました。

ワクワクしたり、ドキドキしたり。

仲間の音色にうっとりしたり、美しいハーモニーにゾクゾクしたり。

楽しかっただろうなあ~♪

上手くいかないことなどもあったかもしれませんが、本番では、何よりも楽しそうに真剣に演奏している姿が見られてとても嬉しかったです。

素敵なアンサンブルを聴かせてくれてありがとう!

我が子や生徒さんたちの成長や本気の姿に感動をもらいます。

親になって、ピアノ講師になって良かった!と心底感じる瞬間です。

やはりハーモニーって最高です…

和声に夢中だから室内楽などのアンサンブルを追求していきたいし、ひとりアンサンブルが可能なピアノから転向することなく私は突き進んできたんだな~と考えていました。

これからも前進するのみです!ワクワク。

生徒さんはこの経験で多くを得たと思います。

ひとまずラインでお疲れ様~♪と伝えましたが、またレッスンの時にじっくりお話を聞こうと思います。

どのような言葉が聞けるか、それも楽しみです。





心ひとつに楽しそうに演奏している皆の姿を見ていて、これぞ音楽だ!と感じました。

そう、楽しいのです、音楽は。

悩んだり、迷ったり、時に自分のダメさに打ちのめされても、それは自分の音楽と心を充実させ、更に高みへと向かう大切な一部なのですね。

ちょっと痛いけど、幸せなことなのです。

好きだから迷うし、好きだからもどかしくて悩むし。

いっぱい悩んで迷ってもがいて、本物になっていこうよ!

心も音楽も豊かな音楽家になって欲しいと心から願っています。

色々な痛みも知っていて、回りのみんなを笑顔に出来る音楽家になって欲しいなあ。

そしていつも応援しています。

楽しい時間と感動をありがとうね!







    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



55

トリオのモーツァルトを弾いていると幸せな気持ちいっぱいになります。

クリアで清潔で、軽やかで温かみがあって。

天上へ昇っていく音……身も心も浄化されるように感じます。

注意力全開で練習するのでヘトヘトにはなりますが、滞っているものがさらさらと流れ出していくような、小川のせせらぎのような……清らかな心情になれます。

ここのところ、レッスンにて『モーツァルトが弾きたい』と言う生徒さんが何人もいます。

ピアノソナタ、珠玉の名曲あれこれ。

モーツァルトは本当にきれいだと思います!と熱くお話ししてくれる生徒さんもいます。

バッハとベートーヴェンはピアノを始めてからの私にとっての核、そして永遠の核ですが、プラスその時々でブームもあります。

リストに傾倒した時期、ラフマニノフ、ブラームス、モーツァルトなど。

リストは長かったです。

手が大きいため師たちからリストを勧められることが多かったのもありますが、東欧の魅力の虜になったものです。

ロシアものも好きです。

現在はモーツァルト。

どうしてこんなにきれいなのでしょう?

例えば、きらきら星変奏曲のテーマ、2声部、四分音符で進むリズム、本当にシンプルです。

和声進行の美しさ、その響きがどこまでも広がっていきます、まるで宇宙にまで届くよう。

数少ない音たちは洗練され美しく、キュンとしめつけられます。

天使の音楽……

シンプルでクリアで、清潔で温もりがあるオーロラ色のその世界観に、現在、惹かれて惹かれて仕方がないのです。

しかもモーツァルトは、自分で奏でるのが一番幸せを感じます。

あの研ぎすまれた和声を、自分の指で奏でて、混ざり合う響きをじっくり全身で体感し包まれたいのです。

昇っていく音と共に引き上げてもらえます。

これから私はどこに行くのかなとボンヤリ思うのですが、高く清らかに昇っていこうよ!と引っ張ってもらえる感じがするのです。

モーツァルトを弾きたい生徒さんたちとも熱く語り合い、音楽とピアノを愛する者同志、この10本の指で美しいオーロラ色の音楽を奏でましょう♪と、ワクワクしてきます。

雑念を取っ払い、ただただ音楽に真っ直ぐ向き合う、なんと裕福な時間でしょうか。

この時間を決して無くさないよう。

クリアになりたいです。





    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


56


年齢を重ねると友人関係にも大きく変化があるものですね。

大切にしていた関係が壊れたり、離れたり、やっかみを受けたり、一方で再会や出会いに恵まれたり、と考えさせられることが多くなります。

全て栄養ですね!

私らしく生きていくことを選んでいいんだ、人それぞれだもの。

友人が

「ありのままの自分を認めてくれるのが、真の友人だよね」

と言ってくれました。

救われます…ありがとう。

自分を偽ることなく、真摯に、感謝の気持ちと思いやりを持って生きていこう。

自分の生きる道を貫こう。

その中で、本当に大切にしたい人間関係に恵まれるだろうから。

誰でも人間関係でヘトヘトになってしまいます。

だからこそ、心を浄化してくれる、勇気や元気をくれる存在が必要になります。

音楽、心を開ける友人たち、大事な家族。

気持ちのよい自然、静かに過ごす自分だけの時間。

音楽は、浄化し満たしてくれます。

聴いたり奏でたり、本当に幸せな時間ですね。

長所も短所も全部自分の良さ、個性。

それを音にのせようよ♪

あなたの音色、あなたの感性、肯定したい、表現して欲しい。

音楽のその大切な部分を見失わないよう、進むことだけにとらわれないよう、時々自分を客観的に見ながら、生徒さんと触れ合っていきたいです。







    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



先日、ある一般大学教授のお話を聞く機会がありました。

海外に長く住んでおられた文学専攻の教授なのですが、音大はもちろんのこと、学者の域に達する方々のお話はとても興味深いものがあります。

何よりも、本当に勉強熱心で、熱く真剣にその道を進んでこられた生きざまには感服する思いです。

その教授が仰ることのひとつに『考えることの重要性』がありました。

誰もが簡単に情報を探すことが出来る便利な時代、しかしただ右から左に情報を流すだけで頭には何も入っていない。

何も思考がない。

何も覚えていない。

だって、覚えなくてもその都度調べればいいのだから。

考えていないのだそうです。

本を読む、ひとつを取っても、本の重さや紙の質感を感じながら、ページをめくる感触、この辺りの頁だと思い出し探る思考、頁はこんなレイアウトだったはず……など頭の中では様々な信号が出て五感を使っている、確かにそうですね。

この、五感を使い、ひとつのことをするのにも考えて、考えて、考えて……が必要なのですよ、と。

活字を読むのが好きですが、新聞や本は手にとって紙での活字に触れるのが好きです。

肌感覚って絶対的に澄ませておいた方が良いと思います。

どんな楽器も手と指は必ず使いますから。

考えて、考えて、考えて下さい、とお話されていました。

これはどの分野にも、文学、スポーツ、芸術、その他何にでも当てはまりますね。

僕は、私はどう感じるかな、どう考えるかな。

どうしたらいいかな。

たくさん考えて、自分と向き合って、純粋にはっきりと表現する。

世界レベルでその重要性は説かれているようですし、日本は遅れているくらいだそうです。

音楽において、先生の言うことが出来るようになる、のが目的ではないですね。

音楽の仕組みや解釈を伝えますが、私のコピー作りや支配ではないですから。

考え読み取って、あなたはどう弾きたいか、をいっぱい引き出してあげたい。

そのひとつとして、リズムカートでオリジナルリズムを作るのを最近よく取り入れています。

音価で長さが違うカードなので分かりやすいようで、「拍子にあったオリジナルリズムを作ってね」と声かけるとルンルンと作ってくれます。

一緒にリズム打ちをするのもウキウキしています。

たくさん質問して一緒に考えたり、少しづつ、でも毎回、自ら考え感じ、表現していきましょう!


40








    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


17

言葉って本当に大切なものだなと思います。

頑張りすぎてしまったり。

心に余裕が無くなってカチカチになっていたり。

無理しなくていいと分かってはいても、どうにも笑顔になれなくなってしまったり。

頑張れば頑張るほど、自分で自分を追い詰めてしまったり。

そんな時、まるで菩薩様のようにほんわかにっこりと温かい言葉をかけてもらえたら、人って救われます。

大丈夫ですよ、頑張りすぎなくて、いいんです。

いつもそばにいますから。

思わず涙がこぼれてしまいそうな、あったかい言葉。

心が一気にほぐれる言葉。

言葉って、ぐさりと剣にもなります。

でも、救いになることもあります。

私は言葉で、誰のことも、いつだって包み込んであげたいと思うのです。

そして、奏でる音色で癒してあげたいとも思うのです。

発する言葉を選び、音色は心地好く響くよう、日々研究するぞ~。

そして日々、色々な感情を味わって、全てを音楽に込めていきたいと考えます。

世の中に溢れている言葉、音楽が、愛に満ちたものになると良いですね。

音楽には愛が似合います。

生徒さんの様子をしっかり見ながら、笑顔になるレッスンをし、音楽は最高に心地好いものと、一緒に体感していきます。












このページのトップヘ