望んで親になりました。

そして我が子たちは私たちを選んで生まれて来てくれたのだと信じています。

全身全霊で向き合い、丸ごと認めてあげて、愛情たっぷりで包み込んであげることをいつも心掛けていますが、もちろん悩んだり迷ったりイライラしたりの日々です。

体が小さくて知識も経験も無い、ことが、人として未熟なことでは無いのだと思います。

清らかで、大人よりも人格が高いなあ、と感じる子供たちもいます。

大切であり必要な知識や経験を与え、良き人柄と能力を開花させ独り立ち出来るようにサポートするのが親の大きな責任だと感じています。

そのためには本気で向き合わなければ、とてもとても責任を果たせません。

「子供」だというだけで、威圧的になったり命令したり押さえつけたり、そんな風にはならないぞ!!!と決めています。

我が子たちや生徒さんたちから教わること、ハッとさせられ気付かされることがたくさんあり、私も日々成長させてもらっています。

子供たちの大切な人生です。

自ら未来を切り開き、勇気と努力で前進できるような心の土台づくりは今しか出来ないと痛切に感じているので、親として、指導者として、責任と自覚を忘れずに接していかねば!

そのためにはまず、認めてあげること、その子を丸ごと真っ直ぐに認めてあげることが不可欠かなと思います。

こうあってほしい、という親の勝手な願望で、あるがままの子供の姿を見失わないよう……潰さないよう……

独りよがりで自己満足な子育てや指導にならないよう、常に客観的に見つめ、子供たちの成長と共に軌道修正も必要ですね。

子育て。

大仕事であり、こんなにも責任のある役割を与えてくれた子供たちに感謝しています。

親も指導者も、自分で望み選んだ道なので、責任と自覚を忘れることなく邁進していきます。


    ♪ HPも是非ご覧ください ♪
    http://www.sachi-piano.info