数日間、レッスン室にあったトロンボーン、一音でも出してみたい!と思いチャレンジしまして・・・

結果は、一音も出せませんでした……チーン……

管楽器ってなんて難しいんでしょう、音を生むこと自体が至難です。

マウスピース(マッピというそうです)を使ってまずは練習するのですが、唇をブルブルブル~~と振動させマッピで音を出します。

まず、この唇の振動が出来ない!!!止まってしまう!

ということは、いつまでたってもマッピは鳴らず、トロンボーンも当然鳴りません……うー…

たった1週間ではやはり無理か…あー音を出してみたかった…残念だあ…



そんなことをレッスン室でしていて、以前聞いた話を思い出しました。

弦楽器・管楽器奏者は、音を作ることにとても神経を使っていて、ピッチが合っているかはもちろんのこと、美しい音を生むために常に耳と感覚を研ぎ澄ましているそうです。

ピアノは簡単に正確な音が出るため、音を作る・生むという感覚が極端に低く、無頓着に無神経に音を出している、ただ弾いている、ことがとても多いのだとか。

自分が奏でるピアノの音を、本当に聴いていますか?と投げかけられました。

“聴く”と“聞こえてくる”は違うことですね。

聴いているつもり、が実は多いのかもしれません。

耳を澄まして聴いていたら、そんな無頓着な音、出せないよね……

ということでしょうか。

トロンボーンの音を生み出せなかったのはとても残念でしたが、大事な話を思い出すきっかけとなりました。

生徒さんの演奏だけでなく、自身の演奏でも『耳を澄ませて聴く』を忘れないでいようと思います。

無表情で無頓着な音にならないように。

トロンボーンくん、また会おうね!


♪ HPも是非ご覧ください ♪
http://www.sachi-piano.info