初見の勉強をしている生徒さんたち。

初めて見る楽譜は、まず絵画を観るような気持ちで見ましょう。

絵画を観るとき、パッと全体を観ますね。

印象や雰囲気を感じ、中心になるものに目がいきます。

そのあとに細かいところを観ていくように……

初めて見るドキドキの楽譜、最初の一音にかじりつきたくなりますが、どんな雰囲気の曲なのかを、まずは感じとりましょうね♪

遠くからさら~っと最後まで見ていきますよ。

テンポ感やリズム、調性でおおよその曲のイメージを感じたいですね。

そして細かいところに目を向けましょう。



初見の勉強、すごい力を発揮しています!

上記の話をしているので、皆、曲を捉えるのが早くなってきました!

これがドで、次はレで……よりも、流れてどんどん見ていく、音型や音程も確認しつつ流れて流れて……が大分出来るようになってきたんです!!

音楽は、止まらずに流れていかなければならないので、目はどんどん進み、読み取っていかねばなりません。

そのためには音読みだけの練習も必要なので、別のトレーニングも行います。

うーん、初見の勉強を初めて良かったあ♪

これからも積み重ねていこうと思います。


♪ HPも是非ご覧ください ♪
http://www.sachi-piano.info