ピアノを弾く前と弾いた後、ストレッチをするようにしています。

腱鞘炎や関節炎の予防です。

運動選手も必ずストレッチをするそうですね。

筋肉をほぐし動きやすくし、練習を終えたら丁寧に伸ばして疲労が残ったり硬くならないようにします。

寝る前には全身のストレッチも行います。

体が硬いのは痛める原因にもなるそうです。

体は繋がっているので、ここが硬いとあっちもこっちも痛くなる……ことがあるとのこと。

腕のストレッチがとても気持ちよく、腕が重く感じたり指が動きにくかったり、ということが無くなります。

練習の合間でもこまめに取り入れ、まずは体を大切にして労ってあげなくては……練習したくても弾けないのは辛いですし、何よりも痛いのは嫌ですもの。

年齢を重ねると体も心も頭も硬くなる??と感じるので、どれもいつでも柔軟にしておきたいなと思います。

大人の生徒さんにはストレッチをして頂き、腱鞘炎にならないよう気を付けましょうね、と話しています。

気持ちの良いストレッチ、お教えしています。


♪ HPも是非ご覧ください ♪
http://www.sachi-piano.info