~音楽に触れる、幸せな時間~

作曲家は調を選んで作曲しますので、曲と向き合うために調の雰囲気や特色を調べるのは大切だと考えます。

今はネットで簡単に調べられますね♪

シャープ系とフラット系では歴然とした違いがあるのはもちろん、シャープ系のホ長調とト長調でも雰囲気や色彩、明るさが違っています。

考えることの一つに季節があります。

『明るい』と一言で言っても、春のほんわかぽかぽか陽射しなのか、きらめく夏の太陽のような明るさか、など、お子さんでもイメージが膨らみやすいですね。

そこに様々なアーティキュレーションが加わります。

特にクラシックは、西欧、東欧、ロシア、アメリカなどの各国の独特の風土も含みますので、どこの国の作曲家かきちんと知ることも大切です。

同じ西欧でも、北ドイツの作曲家の作品を、イタリア音楽の様には演奏しませんね。

この調で!!と作曲家の想いが込められている、大切な一部分ですね。

 
  ♪ 所沢市の矢崎ピアノ教室です ♪
    http://www.sachi-piano.info