~音楽に触れる、幸せな時間~

生徒さんが「この曲は自信ある!」と弾いてくれる曲はやはり生き生きしています。

楽しんでいて、心の中で歌っていて、先生、聴いて♪と訴えかけてくるようで、微笑ましく思います。

そういう曲はサッと丸をあげることもあれば、さらに豊かに表現出来るように、と指導することもあります。

さらりと弾いて楽しんで丸、というのも、もっともっと上手に弾けることを目指して弾きこんで、も、どちらも必要だと思っています。

大事なのはバランスです。

広さと深さ。

たくさんの曲に出会って欲しいから、楽しんで弾けたら丸にしてどんどん進もう。

この曲はじっくり取り組んで深く学んで欲しいから、もっと豊かに弾けるようになるまで弾きこもう。

生徒さんによっても広さを好むのか、深さを好むのかも違いますね。

可能性を秘めている生徒さん達ですので、偏らないように、どちらもバランスを考えて進めています。

よく観察して。

何が必要な指導かをよく考えながら。



ピアノは歴史がある楽器なので、一生かけても弾ききれない数の楽曲があります。

テキストの曲から始まり、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、リスト、ラフマニノフ、ラヴェル……

大作曲家の楽曲にたくさん触れて、心のひだが柔らかくなり、光り輝く体験をして欲しいです。

成長が楽しみな生徒さんたち♡


    《ピアノで幸せと喜びを》

  ♪ 所沢市の矢崎ピアノ教室です ♪
    http://www.sachi-piano.info