~音楽との幸せな時間~

学生たちの合唱を聴きに行きました。

全体の印象や曲の理解、そして指揮者と伴奏にも大注目。

音程の正確さや音量、審査の対象になる項目が幾つもありますが、『心があるか』が重要ですね。

仲間たちと喜怒哀楽を経験し作り上げてきた、想いたっぷりの演奏。

その姿に感動します。

想いと心、感性の表現。

素敵な演奏をありがとう。



伴奏者、一人で鍵盤と格闘し、弾くことだけで必死…という演奏があるのは実に残念です……

あれれ……仲間たちの歌声、聴いているかな?

なんだか苦しそうな演奏…

曲や歌詞の理解は、指揮者と伴奏者にも必須のことですが、ただピアノの音が鳴ってる、合唱が全く生きない、と感じてしまうこともあります。

一人で黙々と、目も耳も音符と鍵盤だけに集中した練習をしているのかな…

気持ちはよく分かりますが、ピアノから放たれた空中にある音、声との溶け合い、歌詞のもつ世界観、それが魅力だよ♪

顔を上げて、目を仲間に向け、耳を澄ませてごらん。

曲の世界、仲間の想いを知ると、きっと目の前が明るくなるよ。

そんな風に声をかけてあげたい、と感じました。

生徒さんにも伴奏を控えている子が数人います。

私は何を伝えたら良いかな…

バリバリと弾くことが目標ではない。

仲間と心をひとつにして、目も耳も仲間に向けて、曲の世界から何を感じ皆で表現するか、どう作り上げるか。

なんて楽しい音楽なのでしょう♪

仲間たちの歌声と想いを感じて欲しい。

歌声を美しく彩るために伴奏があるからね。

あなたの想いとピアノの音色が、歌声と溶け合うように。

楽しみだね♡




     《ピアノで幸せと喜びを》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info