皆さんそれぞれ、生きるテーマがあり、目指す生き方があると思います。

ここ数年で、生きるテーマが少しづつ見えてきました。

私にとっては、一言「愛」です。

愛を持たなければ、愛を大切に生きなければ、愛を最上として選んでいかなければ、生の意味は無いと思っています。

こう思うようになったのは、様々な方や物事との出会いとご縁があったゆえです。

この年齢だから、もあると思います。



ご縁には色々ありますね。

全てが明るくて良い縁とは思っていません。

マイナスに感じる出来事もあり、しかしそれを経験したことはプラスです。

こういうお付き合いの仕方や、こういう場所や物事は取り入れない方が良さそう……と学びと捉えます。

人生は後半戦。

今は家族で健康に穏やかに過ごせていますが、何があるか分からない世の中。

痛ましい事故や事件が後を絶ちません。

どうやって生きていく?

何を大切に毎日を積み重ねていく?

私は何を残せるか?

自問自答し続けています。



我が子たちは、自分の生きる道、生き方を模索し始めます。

母として夫婦として、こういう生き方もあるよ、と示してあげたい。

一番大切なことは何だろうね、と。

何を選ぶか、何を大切にして生きていくか、自ら考え、悩み、選択出来るよう、親として体現したい。

そして、感受性を豊かにしておく必要があります、大きくあります。

感じる心を無くしてはいけません。

いっぱい感動して、心を震わせて、泣いて笑って、喜怒哀楽。

そして、愛を最上として生きていこう。




     《ピアノで幸せと喜びを》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info