~音楽との幸せな時間~

二つ目のアドバイスは「曲の世界を楽しむ」です。

楽譜に書いてあることを正確に演奏するだけ、が目的にならないよう。

この曲はどのような情景でしょう。

海のイメージですか、山ですか、それとも川、建物の中。

時間帯は早朝ですか、それとも昼、夕方、夜。

天気はどうですか。

季節はいつでしょう。

湿度はどれくらいでしょう、風はどんな風が吹いていますか。

何色のイメージでしょう。

ここに歌詞をつけるとしたらどうでしょう?

盛り上がりは、どんな気持ちが盛り上がってきたのでしょう。
喜び、哀しみ、懐かしさ、涙、悔恨、望郷、愛情……

こんな風にひとつひとつ、イメージをしていきます。

作曲家の意図と違っていても構いません。

それぞれの人生、それぞれの感性がありますので。



大人の方たちは、様々な経験と想いを重ねてきています。

身動き出来なくなるような真っ暗な苦しみ。

天に感謝するような喜びや愛。

心も体もバラバラになってしまうような悲しみ。

悔しさも感動も、たくさん。

真鍮のように、深みと重みと、温かみのある輝きを放つのが、大人の方たちの姿勢と演奏の魅力だと思っています。

正確さ、ミスのなさが最重要ではないですね。

心のこもった演奏、想いのある演奏、それが魅力であり、可能だと思っています。

イメージを広げて、自由に羽ばたいて、頭の中はそのイメージで満たされて、歌いたくなるような演奏。

奏者も聴く側も、感動する演奏。

正確さだけを求めても心は満たされません、心に届きません。

何のために音楽を学びましょう。

人生を豊かに、心は微笑み、洗われて。

あ~幸せ♡音楽って素晴らしい♡

いっぱーいイメージ、その世界を楽しんで♪

なかなか難しいかもしれません、でも、どこを目指すか、を考えるのは大切です。

心が微笑んでいて欲しいな。



     《ピアノで幸せと喜びを》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info