~音楽との幸せな時間~

曲のイメージを持って弾くことが大切です。

決して機械的にならないように!したいです。

“感情豊かな人間”の私たちが演奏するのですから。

リズム、音名、アーティキュレーションなど楽譜に書いてあることは全てよく見て、その上で「どんな曲かな?」「どんな風に弾きたいかな?」と想像力を広げましょう。

生徒さんに聞いてみましたら、3曲とも、すいすいと自分のイメージを話してくれました。

ほほ~♪感心しました。

「本をよく読みますか?」と聞いてみると、本が好きでよく読んでいること、作文も得意です♡とのお返事。

やっぱり♪本が好きだと思いました。

本を読むことは想像力を育てますね。

色々な世界や空想を自由に羽ばたかせるイマジネーションもそうですが、人の気持ちと心を想像する力も育みます。

言葉もたくさん覚えられます。

自然に触れ合って、肌で感じて感動することも大切ですし、文字や絵から自分なりの世界を育てるのも大切です。

感受性豊かでありたいですね。

そうそう、思い出しました。

脳科学の先生が「日本人の読解力が低下している。脳を育てるには本と新聞を読むことが重要です」とお話されていました。(以前にアップしたかしら……)

と話が逸れました…

イメージしていることがあっても、うまく言葉に出来ないこともありますね。

そのような時は、導いてあげたり、色や物で表現してみたり、言葉やお話でなくても構いません。

こんな風に弾きたいよ♪の気持ちを育てていきたいです。



     《ピアノで幸せと喜びを》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info