~豊かで幸せな音楽時間~

ヴァイオリンレッスンにて、この一週間で感じたことを先生に話しました。

指や手首、肘などの細かな位置と形、弓の角度、左手の弦の押さえ方など、基本的なことをきちんと習得したいです。

たくさん質問し、たくさん教えて頂きました。

基本が出来なければ、決して豊かな響きの音は出ません。

曲を華麗に演奏したいのではなく、ボウイングやフレーズの感じ方、圧や重さの加減、息づかいなどを知りたいです、と最初に話してあるので、先生もピアノ演奏に生きるように、とレッスンを考えて下さっています。

そして、ヴァイオリンがどれだけの響きを持っているかを知りたいです。

歌うような良い音が出せるようになるにはどうしたらいいのか。

ヴァイオリンの視点から学び、それはピアノと共通する部分が必ずあると思うのです。

細かく教えて頂き、とても充実したレッスンでした。

ピアノと指番号が違います。

人差し指が1番、中指は2番、薬指は3番、小指は4番となります。

弓を持つ右手の5本それぞれの役割が違い、重みをかける方向がそれぞれ違うですが、これが実に難しい……

この微妙な変化を操っていることを知りませんでした…

左手の弦を押さえる時の形も丁寧に教えて頂き。

ピアノと同じなのは、両手とも自然に丸く、無駄な力はいらない、ギューッとする必要はないことです。

そして手は握る・掴むという動作をするものなので、親指の位置にも注意が必要。

例えを出してお話して下さるので、とても分かりやすく納得!!なのも嬉しいです。

音を出す前の練習。

チューニングの仕方はもちろん、弓の重さを弦にかける、を知るための動作を練習したり、各弦に弓を置いた時のフォームなども知りました。

頭の中はまたまたパンクしそうですが、一人でじっくり振り返り、幸せを噛みしめます。

本当に嬉しい……

高校時代から憧れだったヴァイオリン。

大学時代から憧れだった室内楽。

そして長年共にしているピアノ。

追求が楽しくて仕方がない、クラシック音楽が本当に好きです。

室内楽のチェロとヴァイオリンのパート譜も準備し、研究しながら練習しています。

喜びを噛みしめ、努力の一歩を踏みしめています。





     《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info