~豊かで幸せな音楽時間~

フルートの友人主催のコンサートに行って参りました。

フルートの生徒さんが大半ですが、私の他にもピアノソロ演奏もありました。

西新宿にあるムラマツホールにて、今回はケーラーという後期ロマン派の作曲家・フルート奏者の作品を演奏する、という会でした。

ピアノソロは作曲家・選曲は自由とのことでしたので、私はモーツァルト。

フルートアンサンブル、ピアノとのアンサンブル、無伴奏と、様々な演奏を聴かせて頂きました。

皆さんの、フルートと音楽が大好き♪の想いを私もいっぱい浴びて、友人の真摯な姿勢が溢れている会でしたので、なんだか私も嬉しくなっちゃいました!

素敵だなと感じる演奏があり、感じて考えました…

拍子感がバツグンに良い。

無伴奏でも(無伴奏だからこそ)和声が聴こえる演奏。

この2つです。

拍子感って、ピアノでもぺたーっとなりやすいですね。

生き生きと躍動、音の方向性を感じる・見える、自然な流れ、昇っていき空間を満たす音たち……と感じました。

拍子には重要な意味があると再確認。

無伴奏は、和声感がはっきりと分かり、色合いの移り変わりが目の前に広がるよう。

フルートは単旋律の演奏ですが、その方の音色での和声が聴こえてとても心地よい……

ピアノとですと音色が合う合わないがあるでしょうから、あーだから無伴奏なんだ!と膝をポンと叩きたくなりました。

こんなにくっきり和声が聴こえるんだ~と驚きました。

技術も音楽性も高くないと無伴奏は無理、ということですね。

今日の学びはこの2つ。

楽しくて充実の時間を過ごせた上に2つも学びました!

友人に感謝の想いと、これからもますますご活躍下さいね♪のエールを送りました。

楽しかった~フルート三昧!

音の解け合い方の勉強にもなりました。

ピアノでないから見えること、分かること、感じることがあるのですね。

今日は素敵な会にお招き頂き、ありがとうございました。



       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info