~豊かで幸せな音楽時間~

その時期に必要な言葉は、何度も何度も目にしたり耳にしたりするそうです。

媒体を通すこともあれば、友人知人・家族など回りの人たちとの話の中で出てきたり、と。

必要な言葉、今の自分に要る言葉。

少し前は、

音の質や音色

共有

和声

柔らかさや優しさ、円やかさ

繰り返し耳にし、目にし、必要なのだとしっかり受け止めました。

そして現在は〈楽しさ〉です。

何度も出会います。

ウキウキ嬉しい、という楽しさとは少し違います。

自分を表現出来る喜び、幸せ=楽しさ

ちょっと質が違いますね。

短調でも、重々しくても、厳格でも、悲愴感でも、自分が感じたことや追求して
そういう〈楽しさ〉が、私に必要なこと、それが何度も降りてきているように感じます。




一昨日のワークショップでは、清水先生が指揮をされ、賛助演奏で2台ピアノを弾いてくださったお二人。

楽しそう~!

音符がポンポンと生まれ、まるで踊っているみたい♪

お二人の涌き出る想いと楽しさが滲み出ていて、聴き手にもビシビシ伝わり、心が弾むような気持ちになりました。

素敵。

奏者が音楽を楽しむ余裕がある、と言いましょうか。

奏者がその曲が大好きで、私はこう感じるよ、こう表現したいよ、と心のある演奏は、聴いていて苦しくならないし、こちらの心が動く演奏となります。

5日間でここまで仕上げたとのこと、うーむ、お二人とも流石です!

こういうことなんだな、と思いました。

まずは〈微笑みの気持ち〉でピアノに向かうのだ!

表現出来る楽しさは、他の芸術やダンス、スポーツなど皆同じですね。

せっかく何度も出会う言葉です、忘れないでいたいです。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info