~豊かで幸せな音楽時間~

3週間ぶりのヴァイオリンレッスンがありました。

トロイメライは最後まで弾けるようにはなったのですが、音がかすれたりと上手くいかない、うーん、なんで?と思いながら一人で練習してきまして。

先生のような潤いのある音にはならないとしても、弓の角度や方向が悪いのか、左手の弦の押さえ方の問題なのか、一人で弾いていても何が原因なのかが分かりません…

先生に聞き、トロイメライを弾いてみて、原因を教えていて頂きました。

左手、ヴァイオリンのネック、指を押さえるところですね、そこにしがみつかない!

よいしょと下から覗きこむように押さえず、ピアノでいう「骨の山」、指の付け根の関節ですが、その辺りがネックに沿うこと、上からフワリと斜めに弦を押さえる感じ。

そして肘を固定しない。

四本の弦のどこを弾くかで自然に動いて良い。

ネックにしがみつき、手首の方向だけで何とかしようとしてたのね……詰まった音、伸びない音、滑らかに進まない、原因のひとつ。

ピアノでも、ピアノにしがみつくのはNGですね、同じ……

次は右手。

小指、ヴァイオリンでは4番といいます、その形が崩れているとのこと。

それぞれの指の方向・どういう役割があるかを見直し、小指を正しい形に直すこと。

一人だけで練習していると、どんどん自己流になってくるのですね。

弾きにくくなっていって、でも原因が分からず、とにかく練習が足りないのよ!と躍起になってゴリゴリ弾いてしまったり。

結局、基本に戻るのです。

基本のフォームや指の使い方、体の使い方をマスターしないと、弾きにくくて進めないのです。

基礎基本、本当に大切なんだなあと思います。

先生に教えて頂いたことを反芻しながらいつも練習していても、いつの間にか自己流や悪い癖がついてしまう……うーん、気を付けなくちゃ。

自分で研究は必要、と同時に客観的に見てもらう、も必要なんですね。

ピアノのレッスンでも同じですね。

やはり、子供さんの場合は1週間に一回、レッスンが必要です。

基本に戻ろう。

肩当てを無くすことにしたり、〈鎖骨から腕〉の感覚を思い出したり。

上手く弾けない原因は、基礎が崩れてきているから。

原因を見つけて対処する。

今日はそれを痛感したレッスンでした。

それは、後退しているのではなく、次のステップに進む感覚です、なんとなく……

そうやってUPdownを繰り返し、少しずつ上がっていきたいです。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info