~豊かで幸せな音楽時間~

〈歌う〉は音楽の基本だと思っています。

合唱伴奏の生徒さんたち、暗譜まで出来ているので、楽譜をさらによく見て、より繊細な生きた演奏を目指しています。

ここは何を表しているのか。

どんな気持ちがこもっているのか。

歌詞があるので実に分かりやすいのです!

歌いながら演奏してみると良いよ、と話します。

ピアノはノンブレスで演奏出来てしまうので、合唱が苦しくなるような伴奏になっている演奏を、残念ですがよく聴きます。

自分で声を出して歌うとフレーズがよくつかめますし、ブレスのところはスッと風が通るように、詰め詰めの息苦しさにならないように。

歌の子達が伸び伸びと安心して歌えるように、をオーディション前に目指します。

スコアを見るつもりで。

ピアノパートだけにいっぱいいっぱいにならないといいなと思います。

縦に楽譜を見よう。

そうすると、伴奏の役割が見えてきます。

ここは際立たせて弾いた方が良さそう
誘ってあげよう
ソプラノと絡み合うように
間奏部は難しいことが多いので、丁寧に丁寧に弾こうね
際立たせるのか寄り添うのか、はたまた彩るのか

などなど。

スコアとしてみるとよーく見えます。

みんな、も~っと上手になりそう♪

奥行きがあって表情豊かなピアノパート……思いやり、合唱を生かす演奏。

そんな風になろうね。



       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info