♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


門下コンサートが終わり、次の曲はまたモーツァルト♪です。

ソナタk281の3番。

師匠にとても美しい曲だと薦められまして、私としてもまだしばらくモーツァルトに触れていたい思いでいます。
53


なんて美しい曲なのか……と練習しながらうっとりとため息が出る曲です。

人間離れしている……人間が届かない音楽、もう神の領域だと、特に感じるソナタです。

まさに神童なのね……

ひとつひとつの音が限りなく天上へ向かい、清らかで明るくて、浄化されます…

モーツァルトって、下に向かう音が無いような気がします。

どこまでも天上へ。

一緒に私の精神も上へ向かえる、そんな感じ。

引き上がっていく、それだけで幸せです。




車の中でJ-waveを聞いていましたら、京都の一見さんの話があったんです。

今の私の心にストンと落ちた話なのですが、「何故、京都の老舗料理店では一見さんお断りなのか」についてです。

広く浅く、または狭く深く。

どちらを選ぶのかは誰にとっても日常的なことですね。

一見さんお断り、なのは、狭く深くを大切にしているからなのだそうです。

人との触れあい、信頼関係を重んじ、その世界には文化が生まれるのですって。

あー良い話だ……

経営的には広く浅くの方が売り上げはアップするのだそうで、この情報社会、いくらでも拡散出来るのですが、大切にしていることはそこではないのですね。

触れあい、おもてなし、温かさ、お店とお客さんの間の信頼関係。

そしてお客さんと誘った一見さんとの間にも信頼が生まれるのだそうです。

ゆったりと流れる時間なのかなあ…

人との触れあい、量より質が重要、でしょうか。

そして、SNSで拡散させる努力をする前にやらなければいけないのは、〈内容を成熟させておく〉ことだそうです。

そこをまず見直してください、未熟な恥ずかしいものを拡散させないこと、と。

私でいうと、まず先にレッスン内容を充実させ→丁寧にHPやブログに載せる、ことかな。

どうやってアップし広めるか、の前に、レッスンと音楽を充実させるのが先。

この順番を忘れがちになってしまう、のですって。

目の前にいる生徒さん、親御さん、そこにしっかり目を向けること。

一見さんの話がストンと落ちました。

欲しい言葉が朝から頂けて……ハッピーdayです♡