♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


友人のコンサートを聴きに行きました。

X'masにパイプオンガンが聴けるなんて幸せです。

パイプオンガンが大好きなの♪とよく話していた友人の演奏に心から拍手を送りました。

素敵な演奏を聴かせてくれてありがとう♪

大学のホールには立派なパイプオンガンがありましたので何度か聴き、巨匠トン・コープマンも最近聴きましたが、パイプオンガンは実に壮大な音楽で圧倒されます。

あの足さばき……驚きますね。

大変な難しさでしょうし、色々な操作は手でもしなくてはいけないし…

音色が変わったり、ハーモニーが次々に移り変わったり。

ぐいーっと引き上げられる嬉しいゾクゾク感があり、やはりバッハの世界はパイプオンガンなのかなと思います。

衣装もピアニストとは違っていて、それも素敵でした。

後ろ下がりのふんわりしたキラキラのスカートにぴったりしたパンツを合わせている方が多く、オルガンの前に座った時に、スカートをタキシードの裾部分のように椅子の後ろに垂らすのですが、その後ろ姿が皆さん綺麗で。

背中部分もキラキラ、スカートもふんわり輝いていて、衣装って大事ですね~。

演奏を聴いていて感じたのは「その人の中に音楽があるか」

目の前の音楽、その背景には土台には何があるかの探究。

その探究が体に、細胞の一つ一つに、心のひだに染みわたっている音楽って、聴いていて分かるような気がします。

テクニックとか、華やかさとか、曲の難易度とか、そういったうわべではなく、もっともーっと深いところを見つめないといけませんね。

今年のX'mas3日間は本当に楽しい時間でした。

あ~幸せ~と思いながらこの3日間を過ごし、残りのレッスンや大掃除、年末年始に向けてもうひと頑張り!

時間を作って自分の音楽にも向かいたいです。