♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


夏に受講した第1回ボディマッピング講座、26日(金)にありました今回は6時間コースです。
06

何でもそうですが、結局土台が重要なんですね。

骨格。

身体の構造と機能。

「身体の仕組みと正しい使い方を知り、演奏にも指導にも活かしてください」と先生がお話下さいました。

ボディマップ=脳の中の身体の地図。

日常の癖、何となく動いている、些細なことも全てが脳の中の身体の地図を作っていて……それが演奏時の身体の使い方に出るのだそうです!

驚愕してしまいました。

音楽は内面を丸裸にするようなものだと感じていましたが、それのみならず、日常の身体の使い方や動かし方までも出てしまう……

うまく弾けない、思うように表現出来ない、それは動きが構造に添っていないため……

練習が足りないのではなく、間違った身体の使い方をしているから筋肉が強ばったり、余計なところに力が入ってしまったり、だから良い演奏に繋がらないのかもしれません。

知らないって恐ろしいと思います。

骨格についてから始まり、姿勢や呼吸、腕と脚の構造など、全身を網羅です。

最後には、学んだことを実践すべく受講生それぞれ演奏したのですが、先生のアドバイス一言一言でみるみるうちに艶があって伸びやかで遠くまで響く演奏に変わり、ボディマッピングの偉大さを感じました。

やみくもに練習していても、土台を知らなければ、私自身も生徒さんたちも、身体を痛めたり、行き詰まってきたり、伸び悩んだり、と陥るかもしれないのでもっと学びたいと思っています。

五感、プラス筋肉・関節・骨の感覚。

大変勉強になり、有意義な時間でした。