♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



ソロの発表会は幼い頃から、コンクールやコンチェルト本番、歌の伴奏、楽器とのデュオは何度も経験があるので、もしかしたら忘れていたのかもしれない……と考えることがあります。

本番の威力、意義について再確認です。

毎回の本番で学ぶことがあるのですが、なんと言いましょう、慣れがあったのかなと思うのです。

ソロは特に。

去年11月の室内楽ステップを経験し、本番の威力と意義を痛いくらいに感じました。

そこに向かっていくひたむきな努力と姿勢。

本番ならではの喜びと高揚感。

聴いてくださる方々と、クラシック音楽の魅力を存分に味わい、五感で共有する。

あまりにも感動的な時間で痺れ、尊いとさえ思いました。

きっと生徒さんたちは、こんな風に一回一回の本番を味わって経験しているんだな……

私は慣れっこになってしまっていたのかしれない…

先生はドンと構えているべきですが、惰性だったり機械的に進めていったり、逆にソワソワあわあわしたり、そんな風にはなりたくないと思います。

幼い生徒さんや初めて出演の子には、演奏のみならず立ち居振舞いや椅子の座り方から話して聞かせ、練習します。

今週から始めたのですが、これから何回も何回もレッスンで話し練習して、本番では自然な立ち居振舞いになるよう。

そして余計な不安はなく演奏に集中出来るように。

去年何度も練習した子は、うんうん♪歩き方もお辞儀の仕方も座り方も覚えているよ♪と嬉しそうに披露してくれました。

素敵にスマートに座ってね。

おめかししている姿に相応しい立ち居振舞いが必要なの。

それは聴いてくださる方々への感謝の気持ち。

目一杯自分を現して、皆さんと一緒に音楽を楽しむの。

堂々と自信をもって挑むには、練習だけではないプラスアルファも一つ一つ教えてあげなくてはいけません。

練習の成果を思う存分に出して、大切な一回の本番を、皆さんと共に味わってどうかどうか実となりますように。

本番を経験するのは想像以上の威力があります。

人前で弾ければOK、だけなんてもったいない!

苦労も喜びも、柔らかな心でいっぱい感じ取ってほしい。

五感をフルに使って染み込ませてほしい。

私に何が出来るか。

グルグル考えます。