♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


39


24

国立西洋美術館の「プラド美術館展」へ行ってきました。

スペイン国王付き画家として活躍したベラスケスは1599年生まれとのこと。

音楽史といつも重ね合わせるのですが、バッハが1685年生まれでパッヘルベルやコレルリでも1653年生まれ。

それよりももっと前の画家なんですね。

その頃のスペインではどのような音楽が満ちていたのかな。

チェンバロなどよりも前の鍵盤楽器、弾かれていたのかな~と考えていましたら、オルガンが描かれている絵がひとつありました。

1550年、ティツィアーノ作「音楽にくつろぐヴィーナス」という作品。

小型のパイプオルガン?一段鍵盤でパイプが50㎝くらいの長さ、パイプオルガンって歴史が古いのですね!

バッハが生まれる100年前、既にこのようなパイプオルガンがあったのですね!

美術作品は数百年前のものも原物が鑑賞できるので、本物に触れる、とても刺激的なひとときです。

そのものなんですよね、バッハ本人の演奏、聴くこと出来ませんもの……

15


22

お日様が眩しく、さらりと爽やかな気候、気持ちの良い時間でした。

5月、大好きです。

音楽、美術、芸術……

感性を磨き、感覚を研ぎ澄ますために必要です。

美しいものに触れ心を震わせて。

楽しみであり、自己表現の喜びであり。

もうすぐルーブル展が始まります。

様々な展示が来て嬉しいですね~。

音楽、美術、喜びと潤いをありがとうございます。