♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



「ピアノの他にもやりたい楽器があるんだ~♪」と話してくれた生徒さん。

楽器はナイショだそうで、「先生もピアノの他にヴァイオリンを習ってるよ」と話していました。

私の役割、すべきこと、何だろうといつも自問自答しています。

私は何故、何十年もピアノを弾いてきたんだろうと。

ピアノが好きになって、上手に思い通りに弾けるようになってもらうよう指導するのは、私の役割のひとつに過ぎないのだと思うのです。

レッスン室に貼った「ニコニコ笑顔で努力♪」に皆が注目してくれます。

努力ってどんなことか知って欲しいし、音楽の価値も知って欲しい。

生徒さんがピアノを習うことで、ご家族の皆さんにも、みんなみんな笑顔になって欲しい。

ドラムスティックでヴァイオリンの真似を楽しそうにしている生徒さんを見ながら、ピアノが音楽の入り口となり、あなたの音楽の世界がどうか広がっていきますように……と願いました。





ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、ホルン……心を鷲掴みにされる大好きな音色の楽器たち。

オーケストラの一員になりたい、と子供の頃から思っていました。

ストリングスを聴くだけで、木管楽器の温かく包み込んでくれる音色を聴くだけで、感涙しそうになります。

でも、他の楽器に転向しようと思ったことは一度もなく、ピアノ一筋。

オーケストラの一員になりたいけど、ピアノが弾きたい、10本の指で弾きたい。

大編成のオーケストラですと、どうしてもコンチェルトになるかと思いますが、小規模のアンサンブルなら一員が叶います。

弦楽や吹奏楽団は多い中で、ピアノも常にメンバーに入っている楽団は数少ないようなのですが、活動を始めたアンサンブル楽団は指揮者の先生もピアニストも入っている楽団です。

ピアノソロだけ練習していると、自分の音や世界観だけに集中してしまいがちなのですが、合唱伴奏やコンチェルト、アンサンブルは指揮者や仲間たちにも意識を向けなくてはなりません。

因みに「集中」というと聞こえは良いのですが、脳の視点からみると、他の情報が入る余裕のない、いっぱいいっぱいの状態なんですって。

体の使い方や、他の音に意識が向けられない、パンパンの余裕のない状態を指すそうで…

なので、集中というより『注意力を持てること』が、体を無理なく自由に使う上でも大事なのだそうです。(ボディマッピングの著書に載っています)

注意力を持てないと、仲間たちの楽器の音も聴こえず、歌声も聴こえず、指揮者に注目も出来ず、皆での音楽ではなくなってしまいます。

また、私がどうしてもピアノが弾きたいのは、一人オーケストラが可能だからだ!と多喜先生のお話を聞いていて、そして赤松先生の演奏を聴いていてビビビッときました。

一人オーケストラ、たまらない魅力があります。

素晴らしいと感じる演奏家たちは、全員、オーケストラが聴こえます。

もう感動です…

ティンパニの音も、トランペットの音も、低音のコントラバスも。

豊かに、朗々と、ハーモニーを奏でているのです。

オーケストラの一員にもなりたいし、一人オーケストラが演奏出来るようにもなりたい……

ピアノの可能性と自身を信じて進むしかないですね。

そしてその可能性、音楽の広さと豊かさを、目の前にいる生徒さんに伝えていきたいです。

11