♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


思い通りに弾きたいのに。

難しい曲もスラスラ弾けたらいいのに。

楽譜を見てパッと弾けたらいいのに。

うまく弾けない、など心がしぼんでしまうことってありますね。

音楽から離れても、人間関係や環境や自分ではどうにも出来ないことなど、悲しくて泣きたくなる場面があるものです。

心がしぼむと、更に萎縮するような出来事が起こったり、どんどん上手くいかなくなったり、不思議ですね。

その感情自体は悪くないのだと思います。

楽しいことや嬉しいことばかりでなく、悔しいこと悲しいこと、苦しいこと、みんなみんな自分の心が感じる感情のひとつです。

悔しさも悲しさも痛みも苦しみも知らない人は、愛情も優しさも温かさも無いですものね。

悲しいな、苦しいな、とその感情を無視せず認め、心に収めます。

辛いですけどね。

そうしていると、周りの誰かの心がしぼんだ時が分かります。

ただでさえその出来事で困っているのに、悲しんでいるのに、もっと心がしぼんでしまうような言動で追い討ちをかけない!と常日頃心掛けています。

譜読みを間違えていたり、ミスがなかなか直らない時「○○ちゃんオリジナルになってるよ~」と言うと、ププッと笑顔になって楽譜に注目してくます。

そこ違うから。まだ直らないの?と言うのは簡単ですが、自分からどれどれ~?と楽譜をよく見て確認させたいです。

言動に気をつけるのと、あとは話をよく聞いてあげることです。

プールがあって疲れた、今週は忙しかったから、難しくて嫌になっちゃった、などなど色々と話はあるようです。

大丈夫、先生お話聞くよ。

一通り話したいのですね、ただ聞いて欲しいのでしょう。

せっかく出会えた生徒さんたち、受け入れてあげたいです。
58

人生の中で転換期ってありますね。

人間関係、環境、思考、ずっと変化が続いています。

一掃も、新しい交遊関係も、環境の変化も、ま、いいね、と受け入れます。

笑顔で努力していれば、きっと大丈夫。

全ての感情を大事に受け入れて、心をキュッと抱きしめよう。

ピアノだけでなく、色々あるだろうけど、いつでもお話聞くよ、手助けするよ。

ここはこう考えるよ、こう練習するよ。

もしも心がしぼんでしまっていたら、ふんわりピンク色になって、温かくしっとりと潤うよう。

そのために音楽はあるのですから。

笑顔で努力して欲しいので、音楽の素晴らしさのひとつひとつを伝えていきたいです。