♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



55

トリオのモーツァルトを弾いていると幸せな気持ちいっぱいになります。

クリアで清潔で、軽やかで温かみがあって。

天上へ昇っていく音……身も心も浄化されるように感じます。

注意力全開で練習するのでヘトヘトにはなりますが、滞っているものがさらさらと流れ出していくような、小川のせせらぎのような……清らかな心情になれます。

ここのところ、レッスンにて『モーツァルトが弾きたい』と言う生徒さんが何人もいます。

ピアノソナタ、珠玉の名曲あれこれ。

モーツァルトは本当にきれいだと思います!と熱くお話ししてくれる生徒さんもいます。

バッハとベートーヴェンはピアノを始めてからの私にとっての核、そして永遠の核ですが、プラスその時々でブームもあります。

リストに傾倒した時期、ラフマニノフ、ブラームス、モーツァルトなど。

リストは長かったです。

手が大きいため師たちからリストを勧められることが多かったのもありますが、東欧の魅力の虜になったものです。

ロシアものも好きです。

現在はモーツァルト。

どうしてこんなにきれいなのでしょう?

例えば、きらきら星変奏曲のテーマ、2声部、四分音符で進むリズム、本当にシンプルです。

和声進行の美しさ、その響きがどこまでも広がっていきます、まるで宇宙にまで届くよう。

数少ない音たちは洗練され美しく、キュンとしめつけられます。

天使の音楽……

シンプルでクリアで、清潔で温もりがあるオーロラ色のその世界観に、現在、惹かれて惹かれて仕方がないのです。

しかもモーツァルトは、自分で奏でるのが一番幸せを感じます。

あの研ぎすまれた和声を、自分の指で奏でて、混ざり合う響きをじっくり全身で体感し包まれたいのです。

昇っていく音と共に引き上げてもらえます。

これから私はどこに行くのかなとボンヤリ思うのですが、高く清らかに昇っていこうよ!と引っ張ってもらえる感じがするのです。

モーツァルトを弾きたい生徒さんたちとも熱く語り合い、音楽とピアノを愛する者同志、この10本の指で美しいオーロラ色の音楽を奏でましょう♪と、ワクワクしてきます。

雑念を取っ払い、ただただ音楽に真っ直ぐ向き合う、なんと裕福な時間でしょうか。

この時間を決して無くさないよう。

クリアになりたいです。