FullSizeRender
金曜日にありましたハイドンのレッスン、広い視野と真摯な姿勢で音楽に向かう先生方への信頼の思いが膨らみます。

決心し、室内楽の学びを深めたいので個人レッスンで教えを請いたいと昨日多喜先生にお願いしました。

自分の心の声に素直になって、現在はソロ曲ではなく室内楽曲をぐんぐん深めたい。

どんな曲でもいいわよ、と受け入れて下さいました。

あー夢みたい…

早速19日に初レッスン。

決心した自分に花を贈ります。




1月から昼間は他の仕事を始めました。

外に出て、クラシック一筋に生きてきた自分とは異なる価値観の人達との出会い、大きな刺激になっています。

激動の2ヶ月でした。
 
ぬるま湯の中でぬくぬくと、夫に守られて私は生きてきたんだなと痛感します。

家族への感謝を忘れてはなりませんね。

私がやるべきこと、私になら出来ること、私にしか出来ないこと、模索し悩みました。

私はこう生きていきたい、これをするために生きてる、と少しずつ分かってきました。

その中のひとつに、多喜先生の教えをスポンジのように受けたい、があります。

ステージを上げたいのです。

もっともっと上に昇りたい。

やりたいこと、やるべきことが分かったので様々な整理もしなくてはなりません。

流れに乗って、素直になって、自分の長所も短所も同じように受け入れて、自分を大切にしていこう。

そうすることで周りもよく見えてきます。

私にとって神のような、救世主のような存在、音楽観も人間性も全て全て伝授して頂きたい先生は、目指す人間像、音楽家です。

頑張ろ!笑顔で努力し続けよう!

幸せいっぱいの気持ちでいます。




ピアノ教室フェリチタ

IMG_0091