FullSizeRender
仲間たち。

同じ志を持ち同じところを目指している同志たちのことだと思います。

一緒にいて楽しいとか刺激を受けるとか、そういった友人や友達とは少し違うように思います。

私が室内楽を勉強したいんだ、と話した時、えーっ室内楽なんて…とか、一緒にやってきた友人たちが残念がるよ、とか、ソロじゃないとダメよとプンプンされたり、とか、ピアノ関係の人たちに反対されたことがあります。

何でそんなこと言われなくちゃいけないのか、と憤りを感じることもありましたし、否定されて悲しくなることもありました。

その時に思ったのです。

私が逆の立場になることがあったら、やりたいこと全力で頑張れ!と笑顔で心から応援してあげようと。

叶わない夢だとか、そういうことを他人がとやかく言う権利はないのだ。

全パワー込めて必死に頑張れ!エール送るからね!と背中を押してあげたいです。

価値観や使命、生きている証はそれぞれですから。




自分の気持ちに素直になって必死に勉強してきたら、気付けば、周りは同志たちに囲まれていました。

音楽への焦燥感を持ち、音楽関係で人との付き合い方に悩み、痛い思い悲しい思いを胸に抱き黙々と歩んできた仲間たちがいます。

私が学びたいことはここにあった!と共に歓喜の声を上げ絆を深めています。

我が子たちはスポーツを頑張っているのですが、仲間たちと同じ目標に向かって努力出来ることって最高に幸せなことだよ、結果よりもその幸せを噛みしめ、これまでの過程に感謝することが大事だよ、といつも伝えています。

動けなくなるほど練習して苦しかったこと、悔しくて泣いたこと、ぶつかり合ったこと、嬉しくて抱き合って喜びあったこと、ただただ楽しくて笑いあったことも、全てが本当に素晴らしい。

心の襞に深く深く染み入る経験。

ずっしりと重みのある人間性と、軽やかで爽やかな心根を養う栄養。

人との出会いって不思議です。

偶然のようでいて、手繰り寄せられるように必然的に出会っていると思っています。

全ての出会いが、自分を成長させ磨かれ輝くためにあるのですね。

今となっては、反対されたりプンプンされたりしたからこそ、私はそうならないぞと思えますし、それを振り切って黙々と勉強してきて良かったあ!仲間たち先生方とやっとやっと出会えたあ!と幸せを噛みしめています。

ふふ、痛い思いはするべきですね〜。



酷暑が続いております。

栄養と休養をしっかり取りながら、心は5月の風のように爽やかに過ごしましょう。

にこやかに軽やかに暮らすことが、結局は自分を大切にすることになるかなと…感じます。




ピアノ教室フェリチタ
https://www.sachi-piano.info


IMG_1479