FullSizeRender
何事も経験してみること、挑戦して取り入れてみるって大事ですね。

視野を広くしよう、見識を増やそう、いつも心は柔やかでいて、フットワークは軽くして、アンテナを敏感にね。

世の状況に柔軟に対応する姿勢も必要です。

やる前と後とでは大分印象が違うオンラインレッスンです。

最近はオンラインのメリットに注目しています。

但しサポートで動画を使うのが前提です、オンラインのみでなんとかしようとするのは難しいと思っています。

短所をどうカバーするかは毎日研究しながら、長所も真っ直ぐ見つめて、気づいたことはその場で生徒さん親御さんに伝えることも必要です。

親御さん達から『レッスンの様子が見ることが出来てとても嬉しい』という声を多く頂きます。

きっと、私とのやり取りの中で、真剣に話を聞こうとする姿勢、ここまでは自力で弾ききるぞという頑張り、私のアドバイスを考えながら出来るようになりたいという気持ちでピアノに向かっている様子、ピアノが弾ける喜び、目の前でどんどん良くなっていく演奏、そういったことに親御さんも喜びを感じておられるのだと思います。

音質まではチェック出来ませんが、リズム感やフレーズの改善、音楽にのれている様子は伝わってきますし、不自然な動きになっていないかも画像で分かります。

オンラインで出来ない音質や全体のバランス指導はプラスで動画でアドバイスしています。

毎日何かしら動画を撮っています。

何が出来て何が出来ないのか、こちらがきちんと把握しておかねばなりませんし、オンラインに適したアドバイスが必要です。

『この楽譜は閉じて、次はこの楽譜をやりましょう』『赤鉛筆を持って、気を付けるところ、こことここに印をつけましょう』など一つ一つの動作を明確に伝え、急かさないことも心がけています。

そして毎回少しでも親御さんとコミュニケーションが取れるのも嬉しいことです。

レッスン終わった時に、何か心配事はありますか、と必ず聞くようにしているのですが、音声が途切れた時になかなか子供の方から言い出せないようだ、とのお声があるので、私の方でまめに一呼吸おいて確認してあげよう、気を付けようと考えています

親御さんとお話が出来るってとても良いですね。

きっと親御さん達、レッスン時のお子様の様子や上達にとても興味を持って下さっています。

あとは、マンツーマンでの楽しいお喋りも対面レッスンの良さのひとつですが、オンラインはそこに時間を取りません。

ご挨拶をし少しお話をして、楽譜や筆記用具はご準備をお願いしてありピアノの前に座っているので最初と最後の支度に時間が取られませんし、シールを貼るのも私の方でササッとするので思った以上に目一杯レッスンが出来ます。

対面と同様に足りないくらいです。

レッスン時間とレッスン費の設定をどうするか、私も始める前は少しお安く時間を短くしようかと考えたのですが、同時間同額で正解だったと二巡した感想です。





オンラインはお家の状況で難しいとレッスンをお休みされている生徒さんにアドバイスの動画を先週送ったところ、短期間にとても上手になって、しかも暗譜まで出来ている動画を送ってくださり大変嬉しく思いました。

レッスン出来なくても会えなくてもあなたのことを思っているからね、とどうしても伝えたく、その気持ちを受け取ってくれたようで、なんだか感極まりました。

あんまり上手なので『更に上のステージにいくために4つのアドバイスがあるよ。そして練習がもっと楽しくなると思うので、難しいけど弾き歌いに挑戦してごらん!』と練習方法と一緒に提案動画をお送り。

『うんうん!と頷きながら親子で見ました。嬉しかったです。頑張ってみます!』と前向きなお返事を頂きました。

お家時間が多い今は、何より大好きな曲を弾くのが一番良いように思うのです。

練習曲もコツコツ進めたいですが、好きな曲、弾いてみたい曲に時間をいっぱい使って欲しいなと思います。

音楽って本当に良いよね!レッスンがあって良かったよね!ピアノ弾けるって楽しいね!と実感して頂きたい。

その一心です。

今やるべきことは、まずは目の前の生徒さん親御さんに真摯でいるために何が出来るかをフル回転で考え実践することです。

一歩を踏み出すことで見えるものは確実に変わります。

Facebookなどで、首都圏ではオンライン移行が一般的になっているけれど、地方ではまだ踏み切れない先生方もいるとのこと、情報やレクチャー関連が多く飛びかっています。

先生方大丈夫です、オンライン上手くいきますからね!

私達講師も楽しんでレッスン出来ます!

新しいこと経験って楽しいものです。





ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender