FullSizeRender
トッパンホール20周年バースデーコンサート『ガブリエル・フォーレとともに』が10月に三夜行われます。

会号にてフォーレ四重奏団の演奏があることを知っていたので、待ちに待った案内が昨日届き嬉しくて飛び跳ねました!

敬愛するフォーレ四重奏団、ピアニストのジャン=クロード・ペヌティエ、チェロ界のホープ岡本侑也さんの演奏です。

このフォーレ四重奏団のチラシはラミネートして、先生方とのステップ演奏のラミネート写真と並べて置きたいくらい…4人の調和と音色がとても好きで、お一人の音色も本当に素晴らしい。

『本年結成25周年を迎え、伝統を重んじる姿勢と、現代的感性との見事に調和させ、斬新かつ圧倒的な迫力と説得力で瞬く間にピアノカルテットのトップランナーに躍り出、21世紀の音楽シーンを牽引する存在』、そうやって室内楽の魅力を発信しています。

圧倒的な説得力…確かにそうだなあと感じます。

クラシックは伝統を重んじる姿勢がどうしたって必要な、作曲家の声を再現する芸術です。

楽曲、作曲家、作曲家の音色のことを研究する時間が多く必要で地道ですし、その過程で奏者が背負ってきた背景のようなものも感じ取れます。

説得力ってとても重要なのだと思います。

即興やアレンジにあまり興味がないのは、再現芸術たる音楽に最大の魅力を感じているからです。

対話をした上で、何を感じどのようなイメージが見えるか自分と相談し、自分のフィルターを通してこの身体で表現可能な音色ってどんなものだろうと研ぎ澄ますのが好きなんですね。

室内楽は更に仲間達の音色、楽器ごとの音質の違い、それぞれの思想を融合させます。

4人の楽しげなお喋りを聴いたり、思いやり溢れる調和が伝わってきたり、心地良さにうっとりします。

ソロ演奏とは別世界ですし、室内楽は一人一人の音色と想いが際立つため、巨大な船を指揮者が舵を取るオーケストラとも違います。

際立つのは良さのみならず、粗も出てしまいますので…そこがまた学び甲斐があります。

6月になるとチケット販売も開始されるようですので、すぐさま三夜申し込むぞ!

10月三夜のコンサート&11月ステップがどうかどうか無事に開催出来ますように…ニコッ!ワクワクする気持ちが目覚めてきました。

チェロデュオも楽しみです。

FullSizeRender

家の中の整理や断捨離を進めていますが、ここまではやりたいなあというところまで、あともう少し!

体を動かすし、整頓も進み不要なものも無くなるし、掃除って良いですね。

自分自身の心身ケアも忘れず…といつも心掛け、快適で明るく前向きになれることに焦点を当てましょうね。

19日・20日と室内楽個人レッスンをお願いしたのでワクワク度もアップしています。

今夜もリフレッシュします。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender