所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2015年07月

初見の勉強をしている生徒さん達がいます。

取り組む楽曲を初めて見たとき、音を出さずに、楽譜から出来るだけ多くのことを読み取る、そして頭の中で曲をイメージ出来るようにする ⇒ イメージした通りに弾いてみる、という勉強です。

今までも、宿題にする曲の分析 (アナリーゼと言います) を一緒にしたり、アナリーゼしたらその場で弾いてみて、止まらずに弾けたらシール1枚!ということは行っていました。 

これも↑初見なのですが、友人から初見の勉強の本を紹介してもらい、 これまで一緒にアナリーゼしてきた生徒さん達は、一歩進んで 【初見の勉強】 を始めてみました。

4~8小節の短い曲を、決められた時間じっくり見ます。

拍子、調性、リズム、何度で動く音型か、指番号、強弱記号、右手と左手のそれぞれの動き、両手にした時の動き、スラーやフレーズなどを、音を出さずに歌わずに、読み取ります。

そして、決められた回数以内で、止まらずに最後まで弾ききれるか?

これが程良い緊張感と、すごい集中力なんです!!!

止まらずに流れ良く弾けた時は皆 『ふ~~~~~っ♪』 とニコニコ!やったー弾けた~~、シール1枚~~~♪

短い初見の曲ですが、気持ちの良い達成感!を感じています。



脳科学の本に、初見の勉強を幼い頃たくさんしていた人は、大人になってからも初見に強い。目で見た情報を処理する経路が鍛えられている、と載っていました。

私も恩師から初見をみっちり教わりまして、今でも始めてみる楽曲もあまり苦労せず何とか弾けます。

初見に強いと何が良いのか??

日本語を話すとき、 『わ、た、し、は、お、ひ、る、ご、は、ん、に、・・・・』 とは話さず、 『私はお昼ご飯におそばを食べました』 とフレーズで話します。

音楽も、これがド、で次はミで、ソ、ラ・・・とバラバラでは音楽になりませんし、目がその音で止まっていることが多いです。

そしてこの譜読みの仕方では、とても時間がかかり、譜読みが苦手で新しい曲に挑戦するのが大変・・・となりがちです。

最初から長いフレーズやまとまりで捉え、目はどんどん先を見て準備をする、初見の勉強。

楽譜を読み取る力が高くなり、それを弾くことにも長けてくると、譜読みが速くなり、新しい曲にもどんどんチャレンジしたくなりますよ♪

集中力を高め、良い緊張感と達成感を味わうために続けていこうと思います。


 ♪ HPも是非ご覧ください ♪
 

 

先日参加したセミナーで、大学時代の友人と再会を果たしました!

今回のセミナーでは会えるかしら?とワクワクしていたので、念願叶った再会です♪

あっという間に大学時代に戻るね~♪と話していたのですが、昔のままの可愛らしくて優しい雰囲気の彼女を見ていると、簡単に学生の頃の感覚に戻ります。

あの頃は、自分のためだけに生きていたけれど、今は背負うものと責任が増えました。

ともすれば、お互いに疲れ切った雰囲気を醸し出してしまいますが、素敵な笑顔と生き生きした表情の彼女は本当に若々しい♪ 可愛らしい♪

嬉しくなりました!

セミナーの後は予定があったため、絶対会おうね!と約束をして別れたのですが、連絡先も交換してやりとりしています。

音楽のこと、指導のこと、子育てのこと・・・それぞれの歩んできた道のこと、話したい事はたくさん!

秋に会えるかな~今から楽しみです♪



友達は宝だよ、と子供たちにも話しています。

支えてくれる友達、力を貸してくれる友達、お互いの悩みや夢を話せる友達、みんな宝です。

微力でも、友達を支えられるような人になりたいな。



セミナーはとても勉強になったし、早速レッスンに生かすぞ~♪行って本当に良かった~!

再会も出来たし、充実した一日でした。


 ♪ HPも是非ご覧ください ♪ 


 

子供から大人の方まで、生徒さん全員レッスンノートを使っています。

こちら↓

20150720_151944


レッスンで取り組んだことや、お家での練習方法と気を付けることを毎レッスン書き入れ、それを元に1週間、練習出来た回数や一言などを書いてもらっています。

次の週のレッスンで、一緒に確認しながら進めます。

たくさんの回数が書いてある生徒さん、上手になりました、弾けるようになって楽しいです、など親御さんや生徒さん本人が細かくメッセージを書いてくれることも♪

大人の生徒さんは「そうそう、こういうことを教えてもらった!」と振り返りながらしっかり取り組んで下さいます。

時には「あまり練習できませんでした…」や「難しかったです」というメッセージもあり、「うんうん、一緒にレッスンで弾けるようなった!体験しようね♪」と話します。

そういう時もあります!

それを認識し、次は練習するぞ!弾けるようになりたい!と思えれば一歩前進です♪

楽譜に、ここを注意、や練習方法などを書き込んでいましたが、『楽譜をきれいに使いたい!』と思うようになり、このレッスンノートを使うことにしました。

大事なこと、音楽的なことは少し書き込み、楽譜が真っ黒になってしまわないよう注意をしています。

難しかったです、とのメッセージがあれば、課題を見直してあげなくてはいけません。

単なる練習不足なのか、ハードルを少し下げてあげる必要があるのかを見極めてあげなくては。

今週はこことここに気を付ける、とポイントを明確にしてあげると、練習がしやすいようです。

ひとつひとつ階段を上っていけるよう、サポートする気持ちです♪

これからもレッスンノートを活用していきましょう


♪ HPも是非ご覧ください ♪

http://www.sachi-piano.info

コンサートで演奏する曲を研究するために、名ピアニストたちのCDを聴き比べながら楽譜をじっくり見て、フムフム・・・ 薄く書き込みをし、付箋を貼っていました。

それを見ていた子供が 『お母さん、楽しそうだね』 と声をかけてくれました。

『うん!すっごく楽しいよ!』
『そっかあ、いいなあ~』

という会話。

その事を友人たちと話していたら 『親が真剣に取り組む姿勢、しかも心から楽しんでいる姿を見せるのは大切だね~』 と言ってくれました。

子は親の言う通りには育たず、親の背中を見て育つと言います。

恰好良く言うなら、親の生きざまを見て育つ、でしょうか。



お母さんには音楽があるよ、一生の友で楽しみで生き甲斐で、本当にお母さんは幸せ。

音楽を通して知り合う仲間たち、友人たち、そして生徒さんたちは宝物。(もちろん家族も!)

あなたたちにはたくさんの可能性が秘めているから、恐れずに色々な事にチャレンジして、何事にも真剣に取り組んでいってね。

きっときっと、自分にとって大切なものが見つかるからね。

と子供たちに話しています。

自分にとって 『かけがえのないもの』 って何だろう・・ と模索しているようです。

子供たちの 『たいせつなもの』 が音楽でなくても構わないんです、本人の感性が何よりも重要ですから・・

どんな道を選んでも心から応援するし、音楽であるなら全力でサポートするよ!!!

口であれこれ言わずに、背中と生きざまを見せて子育て出来るよう目指して・・・ しっかりと目指して・・

私には音楽があるから、少しでもそれを生かせればいいなと思っています。



そしてもう一つ、忘れないでいて欲しいこと。

人に手を差し伸べられる人間になってね。

嘘をついたり、悪口を言ったり、ねじ伏せようとしたり・・・ ではなく、おおらかな心で、手を差し伸べることを考えられる人になって欲しいな~。

考えることが出来て、実行に移せる人になって欲しいな~。

と、そのためには、まずは私がそうならなくっちゃね!!!



音楽は、音楽に詳しくなくても無心に感動出来ます。

子供たちと 『ただ純粋に音楽を楽しむ』 ことも大切にしています。

一緒に音楽を聴いて、話をして、 楽しんで・・・ 生涯音楽が大好きでいてくれるように、今、私に出来ることは惜しみなく注いで・・・

音楽と子供たちから、学び、幸せをもらっています。


 ♪ HPも是非ご覧ください ♪ 

どのような言葉を生徒さんに伝えましょう?

心がけていることの一つに 『否定的な言葉は使わない』 があります。

否定的な言葉はマイナスエネルギーなので、出来るだけ使わないように気を付けます。

音楽は、自由で感動的で、愛情、癒し、喜び、楽しみを感じることが出来て、崇高なものであって欲しい。

プラスのエネルギーです。

そこには、否定的だったり美しくなかったり、ガミガミ、ビクビク、ダラダラ・・・といったマイナスエネルギーはいらない。

伸び伸びと演奏するための手助けや指導に、否定的な言葉はいらない。

と考えています。

ダメ出しは簡単です。そこをこらえて・・・

しかし、ゆる~いレッスンではいけません!!

上達するための厳しさを秘めつつ、否定的ではない言い方、プラスエネルギーを伝えよう。

頭の中フル回転です!!



ピアノを弾くって、自分と対話し、自分を見つめないといけないこと、だからこそ面白くてたまらないんだけどなあ♪

さぁどう言葉かけをする??というレッスンでは・・・
色々な言葉を選びながら、生徒さんのやる気を引き出し、本人が上達を目指せるよう導くために、指導者として日々研究が必要です! 


♪ HPも是非ご覧ください♪
http://www.sachi-piano.info

このページのトップヘ