所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2016年05月

家族で話していて。

うちは平和でよかったなあと思う、と子供が言いました。

お友達の話を聞いていて、そう感じたそうです。

病気など思いもよらぬ不幸があったり、家族が離れることになったり、回りでもあります……

こうやって、穏やかに、ただ家族で過ごせることがどれだけ幸せか。

私に降りかかるはずがないと思ってしまいがち……

この毎日を大切にしたいな。

平凡な私たち家族ですが、心も体も健康に過ごせて、仲良く笑顔でいられれば良いかな、と今日改めて思いました。

明日も1日、みんなが明るい気持ちで、健康に過ごせますように……


    《ピアノで幸せと喜びを》

  ♪ 所沢市の矢崎ピアノ教室です ♪
    http://www.sachi-piano.info



昨日行きました、親友のコンディショニング体験会♡

親友はとても勉強熱心!努力家!!

前回のコンディショニング講座よりも、更に分かりやすく丁寧なレッスンになっていて、すごいなあ♪と感じました。

明るく清潔なお店の中で、親友のにこやかなキラキラ笑顔と説明、リラックスした空間で楽しかったあ♡♡

足の筋肉が整い柔らかくなり、すっきり軽く、1日軽いままなんです!!

労ってさすることで、こんなに血流が良くなるのね♪

『ほぐし屋 楽。所沢店』

来月からは親友の講座が始まりま~す♡


    《ピアノで幸せと喜びを》   


  ♪ 所沢市の矢崎ピアノ教室です ♪
    http://www.sachi-piano.info




 ~音楽に触れる、幸せな時間~

無事に門下コンサートを終えました。

年齢を重ねるということは、たくさんのことを経験し心のひだが増えて、表現したい思いが豊かになること。

楽しいことも苦しみも、喜びも哀しみも、たくさん経験しているから、透明感や重厚さの幅も増えるのだな……

演奏した皆さんの演奏が、去年の会より格段に表情豊かになっていて……そんなことを感じました。

ここまでの演奏にするために、毎日楽曲と向き合い、丁寧で緻密な練習をし、何を表現したいのかを考えイメージし、真摯に取り組んできた成果です。

感動して心が震え涙がでたり、刺激を受けたり、門下コンサートは大きな学びの時となっています。

濃密で幸せな時間でした。

ピアノの楽曲は2、3ヶ月ではとても仕上がりません。

長い月日をかけ努力を重ねています。

演奏を聴いていると、その過程までもが伝わってきます。

クラシックの醍醐味、魅力のひとつだと思います。




私自身、まだまだ課題がたくさんあります。

次に勉強する曲も決まり、また明日から努力の日々が始まります。

どんな世界観の楽曲なんだろう……楽しみだな。

満たされた1日でした。




    《ピアノで幸せと喜びを》

  ♪ 所沢市の矢崎ピアノ教室です ♪
    http://www.sachi-piano.info



高カカオのチョコレートが体に良いと評判ですね♪

我が家に常備してあるチョコレートがこちら♡

07


大人は86%の方を、子供たちは72%の方を食べてます。

私も子供たちもチョコレートが好きで、甘さの少ないビターチョコを食べていましたが、カカオが多く含まれてるのにしようよ!と、最近はこちらの2つ♡

苦味が強いですが、小さな一枚で充分!と感じる食べ応えがお気に入りです。

このシリーズ、95%もあるのですが、甘さが無くガツンとかなり苦め、そのまま食するのはちょっと無理かな……でしたよ。

スーパーで手軽に買えますし、高カカオ効果を期待♪して続けます♡



    《ピアノで幸せと喜びを》

  ♪ 所沢市の矢崎ピアノ教室です ♪
    http://www.sachi-piano.info



 ~音楽に触れる、幸せな時間~

22日に演奏する2曲は、ある人に捧げる思いで練習しています。

海のように豊かな、愛と哀のある楽曲。

霧の中にいるような、不安定で絶えず変化していて、儚い楽曲。

どちらも大好きです。

生きていると、苦悶や悔恨、押し潰されてしまいそうな悲しみや傷みがたくさんあります。

一方で救いや安らぎもあります。

楽曲には、その様々な想いがこめられています。

苦しみを経験するからこそ、人としての深みが増し、心はより豊かになると信じています。

私の言葉で、楽曲にのせたい。

直接は聴いてもらえなくても、どうか届きますように……




    《ピアノで幸せと喜びを》

  ♪ 所沢市の矢崎ピアノ教室です ♪
    http://www.sachi-piano.info



このページのトップヘ