所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2017年03月

 ~豊かで幸せな音楽時間~

シフさんの演奏の感動はまだ冷めません。

あのような慈愛に満ちた音を、どうしたら奏でられるのでしょう。

はるか高みにおられる方ですが……目指したい、あの高みを目標に、と痛切に思います。




音楽の根の部分、幹の部分って何でしょう。

枝葉を伸ばし、可憐な花を美しく咲かせるには、根と幹が太く丈夫であることが重要です。

土壌が豊かであるかも重要です。

音楽の根、幹。

知りたいです、学びたいです。

ここを太く丈夫にしたい。

それが無ければ、枝葉を伸びやかに広げ、生き生きと花を咲かせることは出来ない……のは人間にも当てはまりますね。

私が目指したい音楽ははっきりしているし、根と幹はこれかもしれないと手応えを感じています。

枝葉を剪定したり、花をひとつひとつ守り美しく咲くよう工夫するよりも、今は、根と幹を育てることが自分に必要なことのように感じます。

指導をする上で、私はそれを知らなければならないし、今はそれを学ぶ時期だ、とも感じます。

目指す音楽のためには、必要不可欠、かも。




シフさん、次はいつ聴けるかな……

ライブでまた聴きたいです。





       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info



 ~豊かで幸せな音楽時間~

さいたま芸術劇場に聴きに行ってきました。
59

言葉が出ないくらい感動しました。

ただ涙が止まらなくなります。

楽器の音を超越していると言いましょうか、自然界、地球、宇宙の音……

風を表している、ではなく、風そのもの。

大地の音、空の音、海の音。

夕陽や月や星を見て、川の流れや健気な花を見て、無条件に、あまりの美しさに感動しあたたかくなるのと同じような感動です。

師匠が「シフさんは別格、別世界の音楽」と絶賛されておりまして、「宇宙を感じる」と。

会場は慈愛に包み込まれ、清謐な空気で満たされていました。

私の音楽を聴いて下さい、ではなく、偉大な作曲家達の天上の音楽を共有しましょう、感動と喜びを共に味わいましょう、という想いが溢れているように感じます。

シフさんは、天上の彼方から音を奏で、聴衆の私たちを慈しみ包み込んで下さいました。

別世界、体感しました。

最後から二番目のソナタ。

プログラミングも素晴らしいです。

作曲家達の声、想い、音楽への愛情をびしびしと感じました。

もっと現世で音楽を生み出したかったのだろうな。

音楽を追い求めたかったのだろうな。

切ないです。

このプログラミング、演奏者の意図することが熱く伝わってきて、それだけで心震えます。

満員の聴衆の拍手は鳴りやまず、30分以上アンコールに応えてくださいました。
20170325_172609

最後はスタンディングオベーション。

皆さん、この世界を求めている。

魂を磨き、引き上げてくれる音楽を求めているのですね。

拍手は「素晴らしい!」を贈る意味がありますが、それよりも「魂が磨かれる珠玉の音楽をありがとうございます!」の心が込められた拍手のように感じました。

CDとオリジナルプログラムも購入し、どうしても近くで拝見したくサインをして頂いたのですが、透明感のある清廉な方でした。

音楽に全て表れています。

バッハはただただ涙が出て、どうしようもありません……

本当に素晴らしい演奏会でした。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info




 ~豊かで幸せな音楽時間~

室内楽で学んでいるのは、チェリストでもあるクレンゲルという作曲家のトリオです。

ロマン派の作曲家ですが、古典様式です。

メロディックなところもありロマン派を感じさせつつ、王道の、基本の古典。

今日は最後まで聴講しまして、モーツァルトとハイドンクラスでもたっぷり学び、パンクしそうなくらいで幸せいっぱいです♪

たくさんある中で特に3つ、ビビッときたお話を。




①pの表現を探究すること。

pp~pの研究が必要、ppでも縮こまらずに音の伸びが欲しいし、pの音がだんだん豊かになってfになるイメージ。

様々な音色のpを表現できるように。

②f=強く、p=弱く、ではなく、
fは例えば豊か・おおらか・大きい・あたたかい
pは繊細・美しい・軽やか

など、イメージを日本語で表記してみるといい、とのこと。

なるほど~~!

③和音で運んでいく感覚、メロディではなく和音を歌っていく感覚が必要です。

まず和声がある。

和声のまとまりを常に感じ、頭の中で鳴らしながら弾きたい。

和声弾きをしてみると良いです。




ここに私の求めていた世界がある、と感激しました。

pの表現。

美しく、よく響くpは心に染み込んできて胸が震えます。

師匠にもpの表現の幅をもっと広くするように、と言われております……

そして、まず和声がある……

移り変わっていく和音の動きが子供の頃から大好きでして、うねりと言いましょうか、波を感じ、色彩の変化がたまらなく好きでした。

メロディは無くてもいいのに、と思うくらい。

どの作曲家にもそれぞれの和声の美しさがあり、あまりの美しさに何度も感涙してきました。

音楽は調和を追究する学問。

神が創りたまいし宇宙の調和を追究する学問でしたね。

どんな追究なのかまだボンヤリですが、いつかくっきり分かるようになるかな、なりたいな。

やはり、まず和声ありき、調和です。




帰宅してから第二楽章の練習も始めたのですが、なんという美しさ……

海。

感動しながら弾いていました。

ヴァイオリンは毎日弾かないと感覚がかなり鈍るので、こちらも全身で聴きながら練習します。

音楽って本当に幸せです。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info




ある方は、豊かな土壌をもつ森林のようです。

ある方は、ミネラルたっぷりの紺碧の海のようです。

否定語を使わない、ばかりでなく、人間性や音楽性や感性の育て方を知っている、導く言葉を知っている。

そしてもうひとつ、誰に対しても同じように、人間同士として接する、もあります。

尊敬する方々は、人を見て態度を変えたりしません。

相手が子供でも大人でも、性別も年齢も関係なく、人間同士。

その方々のステージはあまりにも高いですが、私もそこを目指したいです!




親子連弾をしてくださったお母様とお話ししました。

本番では、我が子が自信に満ちていて、リードしてくれたことに感激したんです、と仰いました。

やはり親子連弾は意義があるなあ、と感じます。

お家で、二人で、苦労を乗り越え、何度も何度も合わせて作り上げた音楽。

深いところで繋がっています。

価値のある、豊かな音楽です。




室内楽の曲の練習をしていて次から次に、こうしよう、このバランスがいいかな、と湧き出てきます。

まだまだ分からないことだらけですが、ここ好き、が幾つもうまれてきました。

濃くて豊かな音楽なんだな……

ピアノソロも、オーケストラや室内楽の編成をイメージすることが多いのですが、今度は実際に演奏しています。

ヴァイオリンのレッスンも始まり、弦楽器の音色に少しだけ触れてみて、室内楽の各パートに意識がいくようにはなりました。

明日はレッスンです。

楽しみで楽しみで♪既にテンションUPしています。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info



 ~豊かで幸せな音楽時間~

ピアノコンサートでは生徒さんたちも連弾曲を披露します。

この連弾、パートナーは誰でも良いわけではありません。

講師と、または親御さんかご兄弟と、としています。

お友達同士ではやりません。

お互いのパートをただ弾けば連弾=アンサルブルになる、のではないですし、教室のピアノコンサートで合唱や様々な楽器での合奏をやることは今後もありません。

アンサルブルを完成させるにはかなりの時間を合わせに使う必要があり、学校では繰り返し何度も、時間を使って指導してくださいますが、ピアノコンサートでそれをやるのはとても難しいです。

本番前に数回の合わせでは、アンサンブルからは遠いです。

将来的には、室内楽をしっかり学び、ピアノコンサートでもやりたい…と夢をもっていますが、今はその時ではありません。

音が鳴っていれば、タイミングが合ってさえいれば、連弾やアンサルブルになるのではないですね。

自分の音、パートナーの音を聴くために相当耳を使いますし、息づかいも感じ合い、バランスもよーく吟味しなくてはなりません。

繰り返し繰り返し、バランスはどうだった?二人の世界観は合ってるかな?と練習を重ねます。

これをするには、講師がリードして、二人で作り上げることにアンサンブルの意義があると考えます。

レッスンでは、まだ弾けていなくても早い段階でどんどん合わせをしました。

自分のパートがバッチリ弾けることよりも先に、聴くこと、バランスを考えること、相手の呼吸を感じること、この曲の世界観を感じることが大切だと思うからです。

ご家族連弾がOKなのは、お家でたーくさん合わせをしてくださるからです。

本番まで○○回は弾いてくださいね!とはお話していませんが、毎日練習をして、何十回もお家で練習を重ね弾きこんでいます。

ご家族の絆がうまれて欲しいとも願い、親御さんとご兄弟の連弾はチャレンジして頂いています。

レッスンだけでなく、ピアノコンサートでも連弾を経験させるのは何故か、目的を間違えてはいけませんので、自分を時々振り返らなければ……

プレゼントする連弾譜を買ってきました。

連弾の質も上げたいので、勉強します!




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info



このページのトップヘ