所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2017年07月

 ~豊かで幸せな音楽時間~

秋にある、学校での合唱コンクール。

夏休み明けにオーディションをする学校が多いので、楽譜をもらってきて練習に入っています。

この辺りの学校は4年生から伴奏をするので、出来るだけ伴奏に挑戦しようね、と話しています。

4年生以上の生徒さんは全員チャレンジしています。

合唱曲を観ていて聴いていて思うのは、希望に満ちた曲・明るくて前向きな曲・心に寄り添うような曲が多いな、ということ。

打ちひしがれている曲でも、進みたいという前向きな姿勢を持っているなあ、と。

楽譜に対面した譜読みの段階で、どのような曲かを考えるようにします。

取りあえず音符とリズムを読んで少し弾けるようになってから、さあ、どんな曲か考えよう、ではなく。

歌詞と世界観に合ったピアノが鳴っています。

最初に知って考えて、アーティキュレーションにも初めからしっかり注目し〈音楽〉を見ていきます。

どうしてスラーがこのように付いているのかな。

ということは、どう弾こうか。

フレーズ毎に発展していく様子が見えるよね。

絵画を観るように楽譜を観て、大きな流れと全体像をつかもう。

歌詞があるので全体像が見えやすいですね。

取りあえず音とリズムだけ弾いちゃおう!にならず、最初から〈音楽〉に注目したほうが練習もしやすく、進みやすいです。

これはソロも同じ。

私も、譜読みをするときは全てのアーティキュレーションに注目しながら進めます。

感動的な楽曲が多い合唱曲。

楽しみだなあ~♪

生徒さんと一緒に合唱の世界を楽しみます。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info





 ~豊かで幸せな音楽時間~

その時期に必要な言葉は、何度も何度も目にしたり耳にしたりするそうです。

媒体を通すこともあれば、友人知人・家族など回りの人たちとの話の中で出てきたり、と。

必要な言葉、今の自分に要る言葉。

少し前は、

音の質や音色

共有

和声

柔らかさや優しさ、円やかさ

繰り返し耳にし、目にし、必要なのだとしっかり受け止めました。

そして現在は〈楽しさ〉です。

何度も出会います。

ウキウキ嬉しい、という楽しさとは少し違います。

自分を表現出来る喜び、幸せ=楽しさ

ちょっと質が違いますね。

短調でも、重々しくても、厳格でも、悲愴感でも、自分が感じたことや追求して
そういう〈楽しさ〉が、私に必要なこと、それが何度も降りてきているように感じます。




一昨日のワークショップでは、清水先生が指揮をされ、賛助演奏で2台ピアノを弾いてくださったお二人。

楽しそう~!

音符がポンポンと生まれ、まるで踊っているみたい♪

お二人の涌き出る想いと楽しさが滲み出ていて、聴き手にもビシビシ伝わり、心が弾むような気持ちになりました。

素敵。

奏者が音楽を楽しむ余裕がある、と言いましょうか。

奏者がその曲が大好きで、私はこう感じるよ、こう表現したいよ、と心のある演奏は、聴いていて苦しくならないし、こちらの心が動く演奏となります。

5日間でここまで仕上げたとのこと、うーむ、お二人とも流石です!

こういうことなんだな、と思いました。

まずは〈微笑みの気持ち〉でピアノに向かうのだ!

表現出来る楽しさは、他の芸術やダンス、スポーツなど皆同じですね。

せっかく何度も出会う言葉です、忘れないでいたいです。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info




 ~豊かで幸せな音楽時間~

36

第4回は、協奏曲のヴァイオリニスト・コンサートマスター・指揮者と多才な清水醍輝先生です。

協奏曲を〈大きな室内楽〉ととらえ、スコアを読み解いていきました。

『共有する音楽』

・イメージしながら進み、予測をすること。

・心の目で観よう、呼吸を感じよう。

・左手でテンポ感を伝えよう!

・楽器が増えれば、その分アンテナを増やさないといけません。

・管楽器とのアンサンブルは呼吸が学べるのでオススメです。

・是非いろいろな楽器と合わせをして、その楽器の特徴を学んでください。
声楽の伴奏も、言葉のアクセントやニュアンスに合った和声がきちんとくる、など、ピアノソロに必ず生きます。

ビビビっときたお話、先生は管楽器と『音速を合わせる』のだそうです。

音速!

考えたこともなかったです。

「楽器によって音速が違うので、弓を持つ右手の手のひらで呼吸をするつもりで音速を合わせます」のですって!

フムフムと、今日ヴァイオリンの練習の時にイメージしてみました。

ピアノ以外の楽器、発音や音色、そして音速。

知りたいです!




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info





 ~豊かで幸せな音楽時間~

世の中には様々な音楽がありますね。

音楽療法や音楽カウンセラーなど心にアクセスする音楽のひとつでしょう、〈音浴ヒーリング〉を友人に教えてもらい、浴びに行ってきました。

どんなことをするのかしらとワクワクドキドキ……

感涙、感涙でした。

葛藤、不安、焦り、音楽において無くなることはなく、毎日それと向き合っています。

自分の心は、本当の気持ちは、何を求めてこんなにも葛藤しているのか。

練習が足りない・才能が無い・練習法が悪い・指導案が甘い・生徒さんのテキストの研究も足りない・ピアノソロだけ弾いていても音楽が足りない・私は足りない足りない、不充分なことだらけ……

そう思いながら生きてきた、生きていることに気付かされました。

足りないから迷い、焦り、悩んでいるのだと思い込んでいる、と知りました。

本当の気持ち、自分の心とアクセスするのが、音浴ヒーリングの目的の一つ。

日々の生活に追われ、聞かなくていいものや見なくていいものに疲れ、自分の深い深いところにアクセスするのを忘れている、出来ていない人が多いのですって。

色々とお話をして、音楽を聴かせて頂いて、自分の深いところと繋がってみて、感涙が止まらなくなりました。

私が足りないのは練習や研究ではなく『楽しむこと』だと。

「真面目に音楽と向き合うのはもちろん必要、その土台は絶対に必要。

そして土台は長い年月をかけてしっかり出来ています。

次はその先を見てください。

楽しんで弾く、自由に弾く。

自分を解放して良いのです。

怖がらなくていい、あなたは間違っていないから羽ばたいて良いのです。

こう弾きたい!と解放し、自分の音楽に責任を持つ、それも大切です」

ビックリしました。

上手くいかないのは○○が足りないから、もっともっと努力が必要なんだ!と焦燥にも似た気持ちで、焦りと不安に埋もれていました。

違うんだ……

楽しんで。

解放して。

心配しなくていい、迷わなくていい。

こう弾きたい!こう感じる!のパッションを表現していい。

自分を思いっきり表現していい。

練習と研究が足りないのではなく、〈怖がらずに心を解放し、楽しんで弾く〉が足りなかったんだ…

心と深く繋がり、問いかけてみる。

それが出来ているほうだと思っていましたが、どうも違ってたみたい。

新鮮で目が覚める思いでした。

音浴ヒーリング。

浴びて本当に良かったです。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info





 ~豊かで幸せな音楽時間~

勉強って本当に楽しいですね。

知識が深まり、世界が広がり、かつ交遊関係も広がり。

一生勉強しよう、日々前進し深めていこう、と心に決めています。



昨日の室内楽6回目のレッスン。

演奏する・音楽とは・アンサンブルとは、を深めるのはもちろん、どのような言葉かけで指導をするか・成長を手伝うか、を一緒に学んでいる気がします。

様々な例えを使ってくださり、それが大変的確で「うーん、なるほど~!」とうなってしまいます。

先生方の音色がとても好きです。

好きだ、と思える音色がそばにあるのは大変幸せなことです。

師匠の音、先生方の音。

目指す音、放たれる輝き。




さてさて。

「ペダルを踏んでいるかのような響きを指先で作ることが先です。ペダルに頼ってはいけません。

そして演奏する部屋によって・ピアノによって、ペダルの具合を調整してくださいね。

ピアノの響き・三人での音の響きを聴いて、ペダルの踏み加減や踏むかどうかを決めましょう」とのご指導。

これがですね、難しくて迷いに迷っています…

「速い曲や、16分音符などの細かいパッセージでも、一音一音の響きを感じること。

スパスパと音は切れません。

音価が小さくても響きがあるのですから、きちんと感じて下さい」

「それには、音を出す前に、音のイメージを必ず持つことです」

「音楽を大きく観ること。背骨を観ること」

「装飾音符は、そのおおもとの音を感じながら(背骨ですね)、何個入れるか・スピード・柔らかさを考えましょう」

おおもとの音を感じないのは本末転倒、ドタバタと入れるのは美しくない。

装飾音符はソロ曲のモーツァルトで思考中でもありますので、大いに学びとなります。

「弦・管楽器奏者は発音後の〈響いている音〉を聞いています。 

ピアノ奏者は〈打鍵した音=発音した音〉しか聴いていない。

和声聴音は良くできても、音程を作る必要がないので、ピアノ奏者は〈音を聴く〉がなかなか出来ないでしょうね」

やはり
『音楽は響き。響きあってうまれるハーモニー、調和、和声。

響きが、まずありき』

なのですね。

今日はそこに集中して練習をし、全身で聴きました。

音を観るつもりで。

楽しいレッスン、感覚が開きます。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info





このページのトップヘ