所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2017年08月

 ~豊かで幸せな音楽時間~

29日のイベントにて、トリオをチェロで弾く体験です!
24

室内楽・ピアノのご指導をくださる多喜靖美先生、ヴァイオリンの森田昌弘先生、チェロの篠崎由紀先生。

多喜先生はもちろんのこと、森田先生も篠崎先生もピアノの一音一音を真剣に、〈音楽〉をみっちり教えてくださいます。

スペシャリストの先生方です。

この日は篠崎先生にチェロを教えて頂き、初めてのチェロ体験、そして受講生全員が多喜先生と森田先生との夢のようなアンサンブルまで……贅沢♡

チェロって語りかけるような、心に訴えかけるような音色ですね。

弓はヴァイオリンの弓よりも太く、大きな安心感のある風体、深い音。

響きのたっぷりした、なんて良い音なんだろう……と先生の音にいつも聴き惚れていますが、自分で弾いてみると、素直に発音してくれるんだな、と感じました。

受講生の初の体験に、添うように優しくピアノとヴァイオリンを奏でてくださり、とーっても心地好かったです!

室内楽、もう虜です♡



音楽には何が必要なのかな……

楽器に対する愛情、奏でる音への温かい思い、慈しみ。

思いやり。

ヴァイオリンの先生に教えて頂いた、思いやり。

室内楽や他のアンサンブルはもちろんのこと、全ての音楽は愛情や思いやりが不可欠なのかも、と感じます。

だからこそ、聴いていて心に沁みてくる。

奏でていて心が解けていく、解放される。

それを体感するのはアンサンブルが最適かもしれません。

近づいて寄り添って共鳴しあう、尊重しあう、喜びを共有する。

だから今、私はこんなにもトリオに心惹かれて夢中になっているのね……



チェロをもっと弾きたいです!と受講生たちの声が多く、室内楽クラスでチェロも学ぶ、が実現するかもしれません。

ボディマッピング講座も~♪

ワクワクわくわく♪

思いきって室内楽の勉強を始めて本当に良かった……としみじみしています。

先生方は、音楽を真剣に追究し、私たちに手を差し伸べてくださいます。

その姿勢を見て、背中を追いかけていきたいです。

ピアノソロと共に、アンサンブルももっともっと深めていきます。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info



 ~豊かで幸せな音楽時間~

本日は室内楽クラスのイベントがありました♪

9時からのボディマッピング講座から始まり、メンデルスゾーン・ベートーヴェン・フンメル・ブラームスの聴講、チェロを弾く体験、そして懇親会と、朝から夜までビッチリ!

とっても楽しくて充実した1日となりました。

30

新たな出会いもあり。

お料理もとても美味しくて満腹。

音楽と美味しいものと友人たちと。

あー幸せです♪

ブラームスを演奏された方が大変お上手な方で、羨望♡♡♡でした。

おーこれぞ室内楽の醍醐味!

感動しました、素晴らしい、素晴らしすぎるっ!

この満ち足りたトリオの音楽、もう止められません♪

ボディマッピングのお話などしたいので、また明日アップします!



       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info




 ~豊かで幸せな音楽時間~

〈歌う〉は音楽の基本だと思っています。

合唱伴奏の生徒さんたち、暗譜まで出来ているので、楽譜をさらによく見て、より繊細な生きた演奏を目指しています。

ここは何を表しているのか。

どんな気持ちがこもっているのか。

歌詞があるので実に分かりやすいのです!

歌いながら演奏してみると良いよ、と話します。

ピアノはノンブレスで演奏出来てしまうので、合唱が苦しくなるような伴奏になっている演奏を、残念ですがよく聴きます。

自分で声を出して歌うとフレーズがよくつかめますし、ブレスのところはスッと風が通るように、詰め詰めの息苦しさにならないように。

歌の子達が伸び伸びと安心して歌えるように、をオーディション前に目指します。

スコアを見るつもりで。

ピアノパートだけにいっぱいいっぱいにならないといいなと思います。

縦に楽譜を見よう。

そうすると、伴奏の役割が見えてきます。

ここは際立たせて弾いた方が良さそう
誘ってあげよう
ソプラノと絡み合うように
間奏部は難しいことが多いので、丁寧に丁寧に弾こうね
際立たせるのか寄り添うのか、はたまた彩るのか

などなど。

スコアとしてみるとよーく見えます。

みんな、も~っと上手になりそう♪

奥行きがあって表情豊かなピアノパート……思いやり、合唱を生かす演奏。

そんな風になろうね。



       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info



 ~豊かで幸せな音楽時間~

腕はどこからか。

体の構造からすると、鎖骨から腕になるそうです。

肩からかな?と思っていたので、ほほ~鎖骨からっ!と驚きます。

左右の鎖骨の中心、くぼみになっていますね、そこに左の指を置き、「ここから…」と意識をしながら、関節に邪魔されずに右腕を一本に感じます。

感じながら、体の横で肩の位置までゆっくり上げ、息を吐くと共にストンと下ろします。

楽チン。

息を吐く、を意識するのが大事なのだそうです。

吐かなければ、空気は体の中に入ってこないので。

歌を歌うと、当然ブレスをします。

息を吐いたので、空気が入ってくる、吐くのが先。

また肩の位置まで上げて、息を吐くと共にストンと下ろす。

肘も手首も真っ直ぐですが、脱力しています。

吸うのは意識なくても良いのですって。

自然に入ってくる、と。

この動きを左右どちらも、練習する前に行います。

姿勢、体の使い方、正しくリラックスしたフォームで奏でると音が伸びやかで艶やかになる、を知ってしまうと、徹底したくなります。

ヴァイオリンでは、右の鎖骨から弓の先までを腕だと思ってください、と教えて頂きました。

そうすると、全ての関節がスムーズに柔らかく動き、稼働範囲が広くなります。

弓という道具を握っているのではなく、体の一部が弦と触れている、という感覚なのだそうです。

興味深いですね。

手首や指に力を入れてしまうと流れが止まってしまう、そうすると伸びやかな音にならない、詰まったような音になってしまいます。

ピアノも同じですね。

本当に同じでびっくりします。

正しくリラックスしたフォームは、きっとスポーツでは、ボールがより飛ぶとか、足がよく動くとか、腕の振りが良いとか、そんな風に現れるのでしょうね。




来週29日は室内楽クラスのイベントがあります♪

チェロ体験としてチェロを弾いたり、他のクラスの室内楽を聴講したり、ボディマッピング講座もあり!懇親会もあり、今からとても楽しみにしています。

ボディマッピング、学びたいのです……

自身はもちろん、生徒さんたちに必ず還元出来ると思うので、まずは単発で設定してくださった講座をしっかり受講しようと思います!

何をやるにも、体が資本ですものね。




       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info




 ~豊かで幸せな音楽時間~

短期レッスンのつもりで習い始めたヴァイオリンですが、これからも続けようと思います。

二週間に一回のレッスンにして頂き、自分の音楽の幅を広げ、生徒さんに還元出来るよう、もっともっと深めたいという思いでいっぱいです。

トロイメライが弾けるようにはなりましたが、音楽的に全く満足出来ない演奏です。

また、響きや基本的な体の使い方など、私が求めることに先生は何倍もの気持ちで応えてくださり、先生との出会いも大きいです。

応えてくださる方の指導だからこそ続けたい、のだと思います。

今日は、どうにもこうにも伸びなくなってきたトロイメライを、確かなテクニックと響きを生むために1音づつ見直しました。

ピアノと違って、左右の手の中でそれぞれが違う動きをしますし、腕の動きも違うため、まだ戸惑いがあります。

もちろんピアノも、5指はそれぞれの動きをする=独立して動くのですが、動く方向は鍵盤に向かって下に、というのは10本の指、同じですね。

同じなのは、
・腕はどこからかを考えること
・脱力が必要
・響きを生むこと

これでしょうか。

体を自然につかうこと、響きが重要なこと。

これはどの楽器も、声楽も、同じなのだと思います。

先生との出会い、ヴァイオリンとの出会いで目が開いたような気持ちです。

『ピアノは弾くのが、本当は楽な楽器』を再確認しました。

しがみつくように、覆い被さるように、鍵盤と格闘するかのように、弾かない。

何を考えながら、何に気を配りながら、どう聴きながら、演奏するか。

たくさん感じています。

出会いって宝ですね。



       《音楽で幸せに》

         所沢市
  ♪ ピアノ教室フェリチタ(矢崎ピアノ教室)♪

      http://www.sachi-piano.info



このページのトップヘ