所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2017年10月

    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

    〈https://www.sachi-piano.info



生徒さんの親御さんたちとお話ややり取りをしたり、体験レッスンに来てくださる方々とお話していて、強く思うことがあります。

信頼関係の大切さ、です。

どの親御さんも我が子のために、より良い環境と学びを求めていらっしゃいます。

私も親ですから、我が子の大切な時間を少しでも豊かなものにしたい、と同じ思いでいます。

私自身が信じるものを、確固たる思いをどうお伝えし、どうお感じになっているかを真っ直ぐに聞く、その信頼関係をいかに築くか、が重要なのだと最近特に感じています。

生徒さんはもちろん、親御さんとのコミュニケーション。

お茶会をしたりランチをしたり、というお付き合いはしていないので、レッスンでお会いできるときのお話やメール・LINEでのやり取り、お手紙を通じてコミュニケーションをまめに取り、お話を聞くようにします。

この「話を聞く」がなんて大切なのかと、この頃感じます。

こちらから伝えることも必要ですが、「話を聞きしっかり受け入れること」、これが実は簡単にはいかないのかもしれません。

私のやり方、指導、私の音楽、言葉、一方通行になってないかしら……

レッスンに関して疑問に思うこと、希望や夢、悩んでいること、分からなくて困っていること、私たちは導く立場なので、いつでも受け止めなくてはいけないのですね。

しっかり受け止めて、軌道修正をしたり柔軟に対応したり。

無理難題を言う親御さんに会ったことはなく、その苦労は今まで無いのですが、親御さんたちとのやり取りで、コミュニケーションを取る大切さを教えて頂いています。




我が子たちの先生方・指導者の皆さんは、信念を持ち真剣に指導してくださる方が多く、我が家は恵まれているな~と常々感じています。

どんな指導も、そういう指導もあるのね、それもこの子の人生勉強!と受け止めます。

暴言・暴力など人格を潰すような行いさえなければ、厳しくても優しくても、信念があれば善し!としています。

そして先生方の悪口は言わない、と決めています。

悪口を言ってしまうと、子供がその先生を信頼できなくなるので、言いません。

私自身が悪口を言う人を信頼していないので……

友人でも、仲間でも、親子でも、夫婦でも、みんな同じ、大事な信頼関係ですね。

涼しく風が通る信頼関係をレッスンでも。

目指したいです。




    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

    〈https://www.sachi-piano.info


学校の合唱伴奏者にはコピーを頂き、私自身も練習しています。

聴いたり楽譜を読み取るだけでなく、実際に音を奏でることって大事ね~!と再確認です。

和音ひとつとっても、合唱とのバランスで、外声を響かせた方がいい和音、内声を充実させた方がいい和音とあるんだなと気付きます。

ここは外声を響かせて明るくてクリアな音、ここは実が詰まった豊かな和音が欲しいから内声を充実させよう。

伴奏の基本は左手ね!左手を大切に!と常に話していますが、前奏や間奏はどうするのか、和声をどう響かせるのか、それから左手で底上げしていきたい部分など。

フレーズをどこまで見るか、目指す場所が分かればフレーズの出だし音の出し方まで考えなくてはいけません。

ここの歌詞を見て、こういう音が欲しいよ、と細かく一緒に見ていくと、面白い~~~♪と生徒さんのテンションが更にアップするようです。

私も研究です。

研究とか構築とか、読み取るとか、作曲家の想いとか……そこに向かうのがやっぱり大好き♡と楽曲を前にいつも感じます。

人間がひとつひとつ大切に創っている作品、想いがたっぷりこもっているのですものね。

ただ指を動かし頭の中は空っぽ……では練習とは言えません。

若い頃は疲れ知らずでしたが、練習しているとヘトヘトに疲れるのは、体よりも頭の中なのだと、年齢を重ねてきた発見です。

若い頃は脳も柔軟なのですね、あちこち固くならないようにしなくちゃ~。




伴奏がほぼ仕上がっていても、本番までは必ずサポートしています。

ピアノソロだけ弾ければOKとはとても思えず、音楽を他方向から教えたいからです。

ピアノを入り口にして、あなたたちの音楽を豊かにしたい。

もっと上へ。

あなたなら出来るよ、合唱と融け合う伴奏に磨きをかけよう、といつも声をかけています。



    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

    〈https://www.sachi-piano.info


クレンゲル仲間たちと、ティアラ江東の大ホールにて弾き合い&合わせをしました。

大ホールを月三回ほど2時間枠づつ解放しているそうで、ピアノはスタインウェイだし、大ホールの響きを体感しよう!と申し込みをしました。

良いピアノ、響きが豊かなホール、弾いていてとても気持ちが良いのですが、音が放たれていくのでお互いの音が聴こえづらくなる、これを体感しておいて良かった!と話していました。

まだまだお悩み中のペダリング、ホールで弾くとつい踏む回数や深さを増やしたくなってしまいます。

音が飛んでいくので、客席で聴いているつもりで……アンサンブルの具合も聴いて聴いて。

鍵ハモでヴァイオリンパートを演奏してアンサンブルにしたのですが、ヴァイオリンの身になってみると、ここはもっとピアノに推進していって欲しい・弦らしくもっと歌いたい・もっと密度を増して欲しい、などが見えてきます。

一人での練習でもヴァイオリンパートやチェロパートは弾くのですが、合わせでやってみるとやはり違うのですね。

あ~楽しかった♡

クレンゲルの他にも、友人とショスタコービチを演奏するので、その合わせもさせてもらえて、2時間あっという間でした。

2時間枠で4,000円、一人増えるごとに2,000円プラスされます。

音色は柔らかめ、軽やかで、なんとも良いスタインウェイでしたよ。

帰って早速練習しよう~!



    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

    〈https://www.sachi-piano.info


13日(金)にありました赤松先生のペダルセミナー。

ペダルについては、室内楽を学びはじめてから、真剣に向き合うべく課題のひとつになっています。

踏み方、深さ、離し方、タイミング。

尊敬する先生方が仰ってることと同じことを赤松先生も仰っていました。

「まずは指で響きを作ることが重要です。ペダルは補助です」

ロマン派のペダルは、
「音に艶を出すために」
「和音を響かせるために」
「同音の連続の部分は接着剤として」など、とても大切な役割がある、とのお話を丁寧に熱く説明してくださいました。

古典派とはやはり大きく違うのですね。

赤松先生のコンサートにてペダリングが絶妙で神業だと感動しましたが、とても繊細で知的で、音楽に基づいた研究の末の神業なのだと、セミナーを受けてよく分かりました。

才能溢れ、プラス努力に努力を重ねていらっしゃる姿勢に感動さえします。

あー研究しよう!

楽譜に書いてあるペダリングのもっともっと奥深くまで研究しなければ!



    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

    〈https://www.sachi-piano.info


44

先生がメンテナンスをお願いしているという信頼のおける弦楽器店へ行きました。

今日、出合えるだろうな、と思っていた通り。

予算から、オーナーさんが4台のヴァイオリンをご準備して下さっていて、ピアノ講師をしていること、違うアプローチから音楽を追求したいことを話し、まず楽器をよーく見ました。

楽器にも「佇まい」ってあると思うのです。

感覚を開き、色々な角度から見ていて、このヴァイオリンが良いな……と思う1台がありました。

オーナーさんが試し弾きしてくださる音色、自分で奏でてみた感触と音、ここでもう決定しました。

先程、佇まいが気に入ったヴァイオリンでした。

目が合う、感覚が合う、という感じ。

プラス、音色が豊かでした。

先生にも弾いて頂いて、あーやっぱりこのヴァイオリン!と早々と決定。

と言うことは、ケースと弓は何万円もするものは無理……我が家でレッスンするし、外で演奏をお披露目することはないので、ケースは格安のものにしました。

弓はオーナーさんがかなりお安くしてくださいました。

先生と一緒に行くと、信頼関係からこのように良くしてくださるのですね。

嬉しくて、可愛くて、家に着いてからケースから出して触りました。

これからどうぞよろしくね、大事にするからね♡

ヴァイオリン、出合えて良かったです。




このページのトップヘ