所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2018年03月

    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


生徒さんのミュージカル公演を観に行きました。

プロのミュージカルを観たことはあるのですが、それに劣らない熱気とパワー、そして皆さんの内から涌き出る思いが伝わってきて感動しました。

ミュージカルって、とても人間味溢れていると言いましょうか、心を打つ内容なのですね。

生徒さんのキリリと引き締まった表情、全身で懸命に表現するひたむきさ、その姿を最初に見てそれだけで感涙しそうになり、メッセージ性の高い歌やお芝居にポロポロ泣いてしまいました。

回りでも泣いている方が何人も。

愛のある公演でした。

以前、生徒さんのクラシックバレエを観に行ったことがあり、私自身も子供の頃バレエを習っていたので、懐かしく思いながら端正な芸術の世界を楽しんだものです。

ミュージカルは、バレエと同じように音楽が重要な役割をもつ芸術だと思うのですが、外に向かって発する力がものすごく大きい!と今日の公演を観ながら考えていました。

躍動的なミュージカル、とても楽しかったです!

生徒さんの頑張り、大好きなことへの努力や挑戦、ピアノレッスンやコンサートとは違った一面が見られることは大きな喜びでもあります。

とっても素敵な公演で、先生感動したよ!ありがとう!と、終演後少しお話が出来て良かったです。

明日も2公演あるようですので、全員が怪我なく素晴らしい公演となりますよう……エールを送ります。

大好きなことをする。

思う存分大好きなことに熱中して、楽しむ。

大切なことなのですね。

そうやって生きていきたいし、我が子たち、生徒さんたちにも、そうやって生きていって欲しいです。





    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



ピアノコンサートでは、生徒さんたちにあらかじめ「メッセージカード」をお渡しし、出演者のみんなにメッセージを書いてね!と伝えています。
43

もらって嬉しくなるようなメッセージを書こう♪と話してあるのですが、コンサート後のレッスンお休み期間を終え、今週たくさんのメッセージカードが集まりました!

親御さんやご兄弟が書いて下さることもあります。

ありがとうございます。

みんな、よく聴いてくれていたんだね、先生も嬉しく思います!

自分の良さを認めてくれる、見つけてくれる。

みんながこうやって応援してくれる。

一生懸命練習してきた曲を、みんなが真剣に聴いてくれる。

頑張ったね!すごいね!と一緒に喜んでくれる。

それが少しでも励みになるといいな…

みんながひとつになるような、心温まる会にしたいな…

大切な思い出の一枚になってくれればいいな…

そのためのメッセージカードです。

聴いてくれるみんなが、落ち着いて席に座って、自分の演奏を集中して聴いてくれる。

これはマナーの一つですが、全てのマナーは、イコール思いやりだと思うのです。

聴く姿勢を知る、それは奏者の立場になってみると分かります。

真剣な奏者の気持ちに添って、きちんと座って静かに聴けば、演奏の良さに気付けたり発見があります。

努力の先には幸せが待ってる、苦労も全部含めての幸せ、それを感じ表現している演奏をしっかり聴いてほしい。

音楽で幸せになること、幸せを感じてもらうこと、それが私の役目です。

このカードはこれからも続けようと思います。

来週、集合記念写真と一緒にお渡ししますね。

みんな、どうぞお楽しみに♪



    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


昨日は師匠のレッスンがありました。

ピアノコンサートがあったので先月7日のレッスンから大分あき、師匠にも久し振りな感じがするわね、と言われまして、音楽の話の他にもアロマオイルや飯能の美杉台にある「生活の木」、ヨーロッパの家々の美意識の高さ、植物の力、はたまた防犯について、様々な話にウキウキしました。

こういうレッスンを、私も一人一人としたいんだな、とふと考えました。

ゆったりとコミニュケーション、美味しいお茶を頂きながら目が開くようなお話の数々、そして内容の濃いレッスン。

上質な空間での音楽に満ちた時間。

あー幸せ♪と噛みしめつつ。

レッスンは撃沈もしばしばですが、高みを目指すには撃沈、考えて練習、の繰り返しです……

今回はリズムのことを。

ヨーロッパ舞曲、ワルツなどよりももっと古く、大変上品な舞曲たち。

常につま先立ちで軽やかで優雅、決してドシンドシンとはしない。

考えてみたらクラシックバレエもつま先立ちですね。

バッハの講座でも赤松先生が、舞曲が元にあると仰っていました。

舞曲ということは常に動きがある。

リズムが生き生きとしている。

その生き生きした動きが足りない、とご指摘を受けました。

足踏みや立ち止まってはいない、進み動き続け、音がどこに向かうのかの意識。

これがなかなか……私自身の大きな課題です。

色々なことを目まぐるしく考えながら演奏していると、生き生きとした動きよりも立ち止まってしまうことが多く、抜け出すのに苦労しています。

動きが止まってペタンコの音楽はNO、上下左右奥から手前まで、波打ち、均等にはならずに伸縮性が必要、と。

実に難しい……

色彩も観て、全体のイメージも考え、音色に耳を澄ませて。

じっくりと数時間、練習に集中する時間が足りていないと思います。

ピアノコンサートで忙しかったから!年度末と新年度でバタバタしているから!なんて単なる言い訳です…

集中してがっつり練習したいな。

ヴァイオリンの和声もきちんと毎日欠かさず練習したいし。

まずは集中する時間を努力して作ろうと思います。





    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


ピアノコンサートのビデオを見直して、生徒さん一人一人に手紙を書きました。

スランプを経験し、上手に楽しく弾けるようになるには……と考え、自分と向き合った数ヵ月、その本番。

ミスのない演奏が必ずしもベストではない、としても、練習を重ねてきた成果を思う存分出したい、それは当然の思いです。

自分で納得出来る演奏、気持ちよく表現した演奏。

成果を出せた!と思える演奏。

本番に照準を合わせて高めておく準備。

当日のリハーサルが最高の出来、ではなく、その後の本番に合わせられる。

どうしたらいいかな……と観ながら考えていました。

練習量だけが問題ではないのでしょう。

なんで?ここ間違えたことないのに!ということも本番ではあることです。

それを無くすにはどうしたらいいのかな……

リハーサルの在り方も考えようと思います。

私の次の課題です。

思う存分、積み重ねてきた成果を発揮させてあげたい。

場数も必要でしょうし、もちろん練習量や質もあげなくてはいけないでしょうし、メンタル面の見直しも。

私なりに、その子なりに、この課題が次へのステップです。

56
我が子達が幼い頃、お散歩でよく歩いた道路脇にある桜の木。

あの頃を思い出すな~。

ママ、ママ、だった頃。

子育て真っ最中の、無我夢中の幸せな時期でした。

あっという間の人生ですね。

毎日を大事に過ごそうと思います。







    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



来月からボディマッピングを学ぶことにしました。

私自身が腱鞘炎に悩んでいた時期があり、接骨院に通っても繰り返すばかり……どうしたらいいのか分からなかった経験があります。

何故体を痛めるのか、それが今では分かります。

痛めるまでいかなくても、思い通りに弾く邪魔をしてしまう体の使い方。

スポーツの世界では、正しい体の使い方をしなければ良いパフォーマンスが出来ない、という考え方は一般的なようです。

体を使って表現するのは音楽も同じです。

室内楽を学び、様々な先生方との出会いに恵まれ、ボディマッピングを知りました。

すごく知りたい!が止まらず、多喜先生にもお願いし、ボディマッピングを学ばせて頂けることになりました。

普段の体の構造の意識から始まります。

そして音色が明らかに変わり、体は楽になるのです。

ただピアノの前に座り、がむしゃらに練習しても上達しないと思うのです。

私が今しなければいけないこと、学ばなければいけないこと、知らなければいけないこと。

奏者としても指導者としても、次から次に学ぶべきことが出てきます。

知り学び、視野も広くして、ついでに懐も深く。

来月からはレッスン時間が少し長くなるので、ソルフェージュにも力を入れ、生徒さんたちの知識を深めて表現にも活かし、とやりたいことがいっぱいです。

自分の中にひとつづつ落として、自身も生徒さんたちも豊かになるといいなあ!

新しい自身のレッスンで音楽の世界を広げます。





このページのトップヘ