所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

2018年12月

FullSizeRender
オペラシティでのウクライナ国立歌劇場管弦楽団のベートーヴェンを聴きに行きました。

若い頃に第九を聴いて以来、大変久し振りの生演奏。

大分印象が違うのは私が年齢を重ねたからなのだと思います。

出産して母親になり、近しい人を天国に見送り、生と死を知り、守るべきものや背負うものが増え、だからこその喜びや苦悩があり。

作曲や指揮法は学んでいないので分析や解説は出来ませんが、作曲家たちがベートーヴェンの九つの交響曲を超えられないと考えていたのが分かる気がしました。

二つの交響曲ではありますが、ベートーヴェンのシンフォニーには、地球上に存在する全てのものがある。

森も大地も大空も、花も樹木も水も、生命あるもの全てが。

そして存在する感情、全てもここにある。

ただただここに存在しているのが分かる、大作曲家たちならもっともっと深く分かるのでしょう。

単に構成が素晴らしいとか、緻密とか壮大とかそういうことではないのだと思いました。

応援歌。

絶望と悲しみの淵を彷徨ったベートーヴェンだからこそ、目標、歓喜、感謝が大きいのかもしれないな…

人生悪くないよ。

自ら選んで生まれてきたこの道、全うしようよ。

心が砕かれるような絶望も知っておこうよ。

深くなるから、見えてくるから。

これからも生きていこう、自分だけのかけがえのない人生だもんね。

何故こんなにも第九が人気があるのか、やっと分かりました。

ひたすら感動、あーベートーヴェン、ベートーヴェン…

素晴らしい楽曲を生んでくれてありがとうーーーと心の中で叫びます。

ベートーヴェンを知りたい、ピアノソナタもトリオも、いっぱいいっぱい弾いて触れたい。

どうしてもベートーヴェンには惹かれて惹かれてたまりません。

そして、管弦楽団の音色は優しく、ひたすら天に昇っていきました。

どちらも明るく希望に満ちた曲というのもあるでしょうか、指揮者が音の一粒一粒、ハーモニーの一つ一つを全身で浴び、まるでベートーヴェンへの感謝の気持ちを表現しているかのような、贈るような。

クラシックの素晴らしさってここにもありました。

だからクラシックに虜なんだなあ。

表現すべきことを一流の楽団は格段に伝えられるのですね、ライブ演奏はやはり聴くべきです。

応援歌をありがとう、これからも、来年も、精一杯頑張ります!聴きながら考えていました。

年末に第九を聴く、今年に感謝し、来年の抱負を胸に。

大勢の観客の皆さんと分かち合って元気百倍!になりました。

ライブってすごいですね。

音源やテレビやCDでは決して表せない、生きものがいます。

また来年も素晴らしい公演を聴きに行き、感動したいです。



ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender
大掃除をしながら、私の2018年漢字一文字は…直ぐに思いつきました。

整う、の『整』です。

整理された、準備は整った、など。

人間関係や自分の生き方など音楽的にぐるぐると考えを巡らし、友人たちの支えや出会いに有難いことに恵まれ、取捨選択の必要性も感じた今年一年。

新しいものを入れるためには整理しなくてはならないのですね。

心乱されることがあっても、一見マイナスな出来事があっても、全て自分の人生の一部で、様々な感情を知る必要があり。

路を誤らないための、今現在の必要な学びであり。

みんな栄養。

何を選んでいくのかも、流されることなくしっかり考えていかねばなりません。

身も心も清らかに軽やかに、1日1日を大切に慈しんで、感謝の思いを忘れることなく過ごそう。

皆さん、ありがとう!

と、この数日の大きな動きの中で考えます。

慌ただしい時期ですが、時に静かに思考の中にどっぷり浸かり進む路を、やるべきことを、考えていこうと思います。




クリスマスは恵比寿ガーデンプレイスへ遊びに行ったのですが、大人な雰囲気でイルミネーションも綺麗でした。



ピアノ教室フェリチタ



FullSizeRender
昨夜は月が綺麗でしたね。

明るく青く光る、丸い月。

時間と共に高い位置に上っていくなあ、と見ていました。

日々色々なことを頑張っている家族。

一生懸命に働いてくれてありがとう。

勉強頑張っているね、お疲れ様。

いつもいつも応援してるよ。

空を見上げてみてごらん。

綺麗な月が光ってるし、宇宙と繋がる青い空が広がってるし、モコモコと重く立ち込めた雲は恵の雨を下さるし、素晴らしいグラデーションを見せる夕焼けは心震わせてくれるし、美しい空を見上げてごらん。

高く高く、見上げてみて。

ふっと癒されるよ。

そんな話をしました。


FullSizeRender
自作曲を作っている友人が教えてくれた、無料楽譜製作サイト『MUSIC SCORE』

興味はあるけど数ある無料サイトのどれが良いのかしら?と迷っていたので良かった〜、ダウンロードしてみました。

サクサク作れますよ〜!

一曲目は、この音符の削除はどうするの?休符が…アーティキュレーションが入れられない…戻したいけどどうやればいい?など苦戦しましたが、2曲目からは大分慣れました。

後からちょっぴり手書きも加えましたが、だいたいOK!にこっ。

指番号の入れ方や格段の小節数調整がまだ出来ないのですが、少しづつマスターしていこう。

いつもは手書きでババっと書いていましたが、やはりきちんした楽譜の方が断然読みやすいし、生徒さんに渡す場合は特にこちらの方が良いですね。

おススメですよ〜。



ピアノ教室フェリチタ


FullSizeRender
ピアノ講師の方々との繋がりで、音楽について指導について、発表会について等々、意見を交わしています。

等身大の生きた意見や感想、提案、励まし、本当に有難いものです。

自身の師匠の話がありました。

どのような師を選ぶか…

私たちは大人で経験が多くあります。

選択肢をなるべくたくさん見つけて、その中から自身の目指す音楽を共に追求する、心から信頼出来る師を求める。

それがなかなか上手く進まないことや、本当にこの道で良いのかと迷い悩んだり…切なくなる話を聞くこともあります。

私たち講師も常に前進したい、音楽を深めたい、一生学び続けたいと考えているのですね。
 
だからこそ悩み、迷い、もがくのです。

他県まで足を運ぶ方。

素晴らしい師匠の元で学び続ける方。

何を基準に師を選べば良いのか迷いの只中にいる方。

私自身の話もして意見を交わします。

幸せや充実はそれぞれの感性ですから本当に色々なお話が出て来て、学び多くとても参考になります。

何を選ぶにしても自身の基準がありますね、誰にでも。

大切なもの、譲れないもの、自分の軸とも言えます。

忙しさに自分を見失いそうな時、周りの動きに引っ張られてしまいそうな時、どんどん底に落ちていくように感じる時、自分だけが取り残されらように感じる時…

静かな空間の中で、日常の雑事に惑わされない時間を作って、ひたすら自身を見つめて埋もれているキラリと光る大切なもの、譲れない軸を救い出して欲しいです。

自身の根底にたどり着いて、それを尊重し大切にする気持ちでいれば、きっときっと素晴らしい師に出会えます。

師は実に重要です。

どうか基準を見失わないよう、自分を誤魔化したりしないよう…エールを送っています。




ピアノ教室フェリチタ






FullSizeRender
クリスマスシーズンになってきましたね。

訪問演奏では季節柄の楽曲を数曲演奏するのですが、今回はピアノでホワイト・クリスマス&仲間たちでクリスマスメドレーを加えました。

このホワイト・クリスマスはジャズ風。

ジャズ…クラシック大好き一筋で歩んできた私の最も苦手なジャンルですが…

アレンジや即興の勉強は幼児の頃のヤマハでちょっぴりやっただけ、引き出しはほぼゼロです。

しかし楽譜があったのと、ジャジーな雰囲気がこの曲に合ってるな〜思い、自分でアレンジするわけじゃないしやってみよう!と弾いてみました。

なんとも言えない素敵な和声が鳴り、色がどんどん変わっていく様、そして軽やかで洒落たリズム。

うーん、素敵、いい曲!

『ずっと聴いていたかった〜良かったよ〜』と仲間に励まされました、なんとか形になって良かった…

嬉しいことに『落ち着きの矢崎さん。安定感があるよね』とちょっぴり褒めてもらい。

時間はかかりますが何事も丁寧にやってこそ力になるし、仲間たちをピアノで支えて調和をより一層際立たせる、それを目指しています。

一体感ですね。

彩りとか支えとか、一緒にたっぷり歌って寄り添うとか。

ピアノはどんな音色も出せるのですもの。

耳を育てる積み重ねが、レッスンでの生徒さん達の音色の聴こえ方、連弾の調和の具合を考えたりどう仕上げるか、かなり変わってきているのを実感しています。

練習と実践を着実に重ねていくこと、上質で本物の演奏をライブで聴くこと。

先月のフォーレ四重奏団とステップ、春からのアンサンブル活動で、聴こえ方とイメージの膨らみ方がここに来てやっと動き出しました。

時間がかかります…あっという間にひとっ飛びに良くなろうなんて求めてはいけませんね。

これからも地道に…

楽しい訪問演奏でした。

会の皆が笑顔、感動の涙。

幸せなのです、音楽ってそういうもの。

音楽に携わっていて良かったと心から思います。



         ピアノ教室フェリチタ



このページのトップヘ