所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: 音楽、ピアノ、芸術

FullSizeRender
13日は中秋の名月でしたね。

ほの白くまん丸に、今夜も美しく光っています。

空を見上げるのが好きなのですが、沖縄に行った時、海の美しさはもちろん、空の青の濃さと美しさに感動したものです。

浮かぶ雲の白さも際立っていました。

一日中浜辺で空と海を眺めていたい、そうやってのんびりと浄化したい、いつかまた沖縄に来るぞ!と思いました。

沖縄は星空も大変な美しさなのだそうです。




ハイドンのジプシートリオ第1楽章。
FullSizeRender
写真の最後の小節、右手のcisから始まる音階についてです。

ソロレッスンでの指導では、この32分音符の音階の粒を揃えるためのテクニックだったり、タッチの速度や音色の質だったり、二拍子を感じるだったり、ピアノ演奏として必要なことはあるのですが。

この音階をキラキラ美しく弾くのがこの小節の大事なこと、という感じです。

樹木で例えるなら、花をどう美しく咲かせるか、ピアニスティックに華麗に魅せられるかを考える視点だと思います。

室内楽のレッスンでは違います。

『この小節の最初の和音をもっと大事に感じて欲しい。次の小節の一拍目に向かっている和声感をもっと表現して。』とご指導頂きます。

この音階を華麗に弾くのが先ではなく(テクニック重視ではなく)、和声の響きを感じてその中に音階がある、和声進行が軸。

音階は飾りなんですね。

大事なのは属7の響きであって、その響きを味わい音楽を推進しつつ、音階が真珠のように素敵に彩っている。

花をどう魅せるかのテクニックに四苦八苦するのではなく、根っこや幹の和声進行と拍子感を重視していると、その花をどのようなタッチと速度と音色で弾けばいいのか、あっという間に分かるのです。

和声と拍子を大切にすることであれよあれよと色々な事が見えて練習方法が分かり、音楽が波のように円のようにスイスイと自然に進み、とても心地良いのです。

ピアノは忙しい楽器ですが、根幹に焦点をあてることでずーっと楽に弾けます。

練習が楽しくて楽しくて何時間でも弾いていたいと思っています。

秋のステップではハイドン、モーツァルト、シューマンの3曲弾くことになったので、笑顔でモリモリ追求中です。

笑顔でしっかり努力。

あ、正しい努力ですね。

アンサンブル活動も活発になってきたので、アンサンブル漬け、幸せいっぱいです。




ピアノ教室フェリチタ

IMG_1904









FullSizeRender
大人の生徒さんとショパンの葬送行進曲をレッスンしていて、心が重くなるようなメロディ、中間部の光が差すような天に昇るような救いのメロディ、それぞれをたっぷり味わいながら弾いて欲しいと思いました。

人間の色々な感情みたい。

難しいです〜と仰ってはいますが、とても努力家でいつでも丁寧に練習しているので、 驚くほど仕上がりが良く、積み重ねてきている練習は確実に力になっているなと感じます。

そして、あー楽しかったです!と笑顔でお話下さいます。

そうなんです、そこが大事です。

楽しいから努力出来る。

こんな大曲でも頑張れる。

弾くのが楽しい、幸せ。

笑顔で努力。

練習が辛くて泣きながら日々ピアノに向かっていると音楽に息苦しさが出ます。

ピアノ演奏者はそういう息苦しく地を這うような演奏をする人が、聴いていて辛くなるような音楽をする人がとても多いように感じてきました。

聴いていられない…苦しくなる…耳を塞ぎたい。

作曲家達は血の滲む思いで作曲しているのかもしれませんが、素晴らしい楽曲を世に生み出す
使命を全うしています。

作曲家と対話しその使命を探求するのと、練習が辛くて苦しみながら弾くのとは、全然違う話だと思うのです。

以前習っていた師が言っていました、微笑みの気持ちで弾くのよ、と。



私も練習が辛いと感じる時期がありました。

しかも長い期間。

なんか違う気がする、私がしたい事ではない気がする、この事に価値を感じないんだよな…と悶々としていました。

でも現在は素晴らしい師たちと出会い、一日中24時間練習していたいくらい楽しくて仕方がありません♫

音楽の根源を学べているので。

幸せ全開です!

楽しいかな?楽しんでるかな?と生徒さんたちの様子に敏感になりたいです。



ピアノ教室フェリチタ
https://www.sachi-piano.info
FullSizeRender








FullSizeRender
昨日は室内楽クラスの特別イベント3日目が行われました。

通常レッスンにあるチェロクラスとモーツァルトカルテットクラスの他に、ジュニアクラスの子達は初のカルテットレッスン、『室内楽はじめの一歩』では初室内楽体験の子供たちのレッスンと、盛りだくさんの1日。

『はじめの一歩』には生徒さん2人が初挑戦してくれました。

弦楽器との素敵な演奏で、聴講の大人たちの真剣な眼差しを受けながら立派なアンサンブルを聴かせてくれました。

感性をフル回転させながらのこの体験で、これから更に音楽が深まっていくだろうと頼もしく感じました。

また初カルテットとは思えない完成度の高いアンサンブルを聴かせてくれたジュニアの子達の、柔らかな感性や真っ直ぐな心根が伝わってくるピュアな音色に心洗われる思い…音楽ってその人全てが現れます。

みんな前回のステップよりも更に上手くなっていて、素敵!可愛い!上手い!これからも頑張れ!と大エールしました。

子供ってすごいです!

11月のステップでは受講生全員の演奏を心から楽しみにしています。




その後はお楽しみの懇親会です。

今回は私達ハイドンクラスで3日間の懇親会幹事を仰せつかり、皆でワイワイ賑やかに準備を進めてきました。

その総仕上げの昨日、楽しかった〜!

FullSizeRender
みんな仲良し。

IMG_1835
我らが絶大な信頼を寄せているヴァイオリン講師の森田先生には、N響での活動話や音楽の根本のお話、先生の音楽人生や好きな楽曲など、最高峰楽団のトップ陣としての貴重なお話をいっぱい聞かせて頂けて幸せいっぱい…

やったーー森田先生と同じテーブル!

大ファンです!としっかりアピールしました。

楽しかったなあ。



私の居場所はここ。

室内楽を愛するこのメンバー達と過ごす、ここが私の居場所だと確信しています。

ピアノ講師だけの集まりも情報交換などで楽しいものですし必要ではあるのですが、弦奏者や指揮者目線のもっと広ーい世界が知りたいのです。

空高い位置から音楽を俯瞰するような。

音楽の根がどのように張り巡らされ、この樹木が立っているのか。

それを知りたいし学びたい、と同じように思っている仲間たち。

聴講にいらしていたピアノ講師の方が、今まで自分が学んできた世界とは違う世界でした、感動しました、とお話されていて、それが分かっちゃったら室内楽レッスンにもう来るしかないです♫とおススメしました。

多喜先生が、弦楽器とピアノは木で出来ていて似ている楽器なの、と子供たちに説明して下さり、あーなるほどな、だからなのね…とストンと落ちました。

なぜ弦楽器とのアンサンブルがしたいのか、なぜこんなにも弦の音色に魅了されるのか。

音楽の根っこを知った上で、大空を滑空したいです。

自分の居場所はここ、やっとたどり着いた場所です。



FullSizeRender

ピアノ教室フェリチタ
https://www.sachi-piano.info














FullSizeRender
仲間たち。

同じ志を持ち同じところを目指している同志たちのことだと思います。

一緒にいて楽しいとか刺激を受けるとか、そういった友人や友達とは少し違うように思います。

私が室内楽を勉強したいんだ、と話した時、えーっ室内楽なんて…とか、一緒にやってきた友人たちが残念がるよ、とか、ソロじゃないとダメよとプンプンされたり、とか、ピアノ関係の人たちに反対されたことがあります。

何でそんなこと言われなくちゃいけないのか、と憤りを感じることもありましたし、否定されて悲しくなることもありました。

その時に思ったのです。

私が逆の立場になることがあったら、やりたいこと全力で頑張れ!と笑顔で心から応援してあげようと。

叶わない夢だとか、そういうことを他人がとやかく言う権利はないのだ。

全パワー込めて必死に頑張れ!エール送るからね!と背中を押してあげたいです。

価値観や使命、生きている証はそれぞれですから。




自分の気持ちに素直になって必死に勉強してきたら、気付けば、周りは同志たちに囲まれていました。

音楽への焦燥感を持ち、音楽関係で人との付き合い方に悩み、痛い思い悲しい思いを胸に抱き黙々と歩んできた仲間たちがいます。

私が学びたいことはここにあった!と共に歓喜の声を上げ絆を深めています。

我が子たちはスポーツを頑張っているのですが、仲間たちと同じ目標に向かって努力出来ることって最高に幸せなことだよ、結果よりもその幸せを噛みしめ、これまでの過程に感謝することが大事だよ、といつも伝えています。

動けなくなるほど練習して苦しかったこと、悔しくて泣いたこと、ぶつかり合ったこと、嬉しくて抱き合って喜びあったこと、ただただ楽しくて笑いあったことも、全てが本当に素晴らしい。

心の襞に深く深く染み入る経験。

ずっしりと重みのある人間性と、軽やかで爽やかな心根を養う栄養。

人との出会いって不思議です。

偶然のようでいて、手繰り寄せられるように必然的に出会っていると思っています。

全ての出会いが、自分を成長させ磨かれ輝くためにあるのですね。

今となっては、反対されたりプンプンされたりしたからこそ、私はそうならないぞと思えますし、それを振り切って黙々と勉強してきて良かったあ!仲間たち先生方とやっとやっと出会えたあ!と幸せを噛みしめています。

ふふ、痛い思いはするべきですね〜。



酷暑が続いております。

栄養と休養をしっかり取りながら、心は5月の風のように爽やかに過ごしましょう。

にこやかに軽やかに暮らすことが、結局は自分を大切にすることになるかなと…感じます。




ピアノ教室フェリチタ
https://www.sachi-piano.info


IMG_1479










FullSizeRender
この夏は、コンクールに出場する子、室内楽トリオにチャレンジする子、合唱伴奏初挑戦の子、毎年の伴奏に選ばれる常連の子、などなど盛りだくさんです。

私との出会いが音楽の入り口という子も多いので、まずは基礎基本を固めて、更にその子それぞれの次のステップへ踏み出せますように、音楽の広く深い世界を知り楽しめますように、羽ばたけますように、と願いを込めて日々接しています。

ひとまわり大きくなる夏ですね。

みんなの成長を楽しみに、そして期待しています。




自分の心と体が心地良いものを選ぶ、常にしています。

運転することが多いのですが、多少遠回りでも、樹々や花々が鮮やかな道や、拓けて清々しいと感じる道を選ぶ。

ゴミの山のような一角は通らない。

フルーツが大好きなので、瑞々しく新鮮なフルーツを毎食食べる。

甘い飲み物やジャンクフードを取ると自分が浮腫んでいくように感じるので、口にしない。

爽やかさを感じられないものには近づかない。

悪口は言わない、聞いてしまったら右から左にすぐ抜く。

自分を尊重し守り、空高く舞う鳥のような気持ちでいたい。

それをいつも心掛けています。

音色についても同じです。

自分自身、生徒さんたち、どちらも音色に特に耳を澄ませています。

心ここに在らずな音、指の運動だけの音、そんな時はおっとっとストップ!と声を掛けます。

たどたどしくても、つっかえても、テンポがゆっくりでも、心込めて大切に奏でる音色は心地良く、美しいのです。

そういう音色の時は褒めます。

いつでも心込めて、語りかけるように寄り添うように、演奏して欲しいと切に願っています。

それぞれの目標、達成しようね。




ピアノ教室フェリチタ
https://www.sachi-piano.info


FullSizeRender

このページのトップヘ