所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: 音楽、ピアノ、芸術

FullSizeRender

昨年11月にあった室内楽ステップ。

感動と熱気に包まれた、室内楽を愛するたくさんのメンバー達との幸せな時間でした。

そこから2ヶ月経ち、今年度のジャスミン室内楽クラスが始まり私も友人達もモリモリ励んでいます。

多喜先生の大きな愛を私達は受け継いでいますし、いつでも先生がお空からニコニコ応援してくれている!これからも友人達と生徒さん達と、音楽と笑顔に満ちた毎日を過ごしていくぞ〜!

ステップアドバイザーでいらしたピアニストの若林顕先生の『楽器の上手さと音楽の上手さは違う』という講評に同じ思いになりました。

つらつらとテクニックで弾くだけの心ここにあらずの演奏はカサカサ、何も伝わってきません。

反対に、生徒さんの中でも何人か、よく聴くことが出来、音楽が潤っていて溢れていて上手い!と感じる子がいます。

とても美しいね〜といつも褒めます。

テクニックを磨いたり、安定した音楽の波や拍を体に染み込ませたり、楽譜の正しい読み取り方を知ったり、やはりソロの勉強はどうしたって必要です。

そして湧き出るような音楽性を養うにはアンサンブルは必要不可欠だと考えています。

耳を開かせ、音の重なりを味わい、美しさに感動する心を育ててあげたいです。




6月7日(日)に開催する『ドラム&ピアノ アンサンブルわくわく体験会』のご案内を今日から生徒さん達に発信しています。

ドラムは低音の支え・リズムと拍の安定感がある楽器なので大変アンサンブルしやすく、発音方法が同じなのでピアノとの相性も良いため、デュオはじめの一歩として楽しめるパートナーです。

純粋に楽しい〜〜!

管楽器や声楽はブレスが分かりやすいので比較的合わせはしやすいですが、一番合わせが難しいのは弦楽器です。

しかし、音楽の根源を表現しているのは弦楽器だと考えていますし間違いないと思っています。

だから弦楽器の音色がたまらなく好きなのかもしれません。

ドラムや打楽器は躍動感、揺るぎない拍の鼓動がとても心地良いですね。

そこに溶け込むようにピアノが入っていける安心感があります。




私に出来ることは?私のやりたいこと、やるべきことは?といつも自問自答しています。

6月7日は空けておいてね!と生徒さん達や友人の生徒さん達にもアナウンスを始めます。

すでにやる気満々の生徒さんもいらして、来月の発表会と並行してワクワクで準備を進めています。

ソロから入った音楽の世界。

あまりにも大きく深いその世界を色々な角度から、視野を広くして知り体験し、充実と笑顔の音楽人生になりますように。

私自身が視野が狭くならないよう常に気をつけています。

そうそう、今年の目標の一つに『鳥の目を持つ』ぎあります。

鳥の目線で俯瞰するのだ、何事も!

FullSizeRender

こちらが開催するスタジオです。

私にとってもライトミュージックのアンサンブルは初なので楽しんでいます。




ピアノ教室フェリチタ







FullSizeRender

とても久し振りのアップとなりました。

癌の闘病をされていた多喜靖美先生が1月30日にご逝去され、早くも1週間が経ちました。

まだ実感がなく受け入れられそうもなく、言葉にすると崩れてしまいそうで淡々と過ごすことに気を配っています。

私の救世主。

唯一無二の存在です。

救い、丸ごと受け入れ包み込み、音楽の真髄を教え導いて下さいました。

ここで話すのはまだ難しいので、月日が経ち少しづつ受け入れられるようになったら先生の生き様、音楽観を皆様にお伝えしますね。

お日様に気持ち良く照らされ、ニコニコの笑顔で大好きな富士山の上や世界中を飛んでらっしゃることだろうなあ、と先生を想う毎日です。




室内楽啓蒙活動で全国に沢山のファンと門下生のいる多喜先生。

音楽の原点、真髄。

私が知りたくて悩んで悩んで迷い、やっと巡り合えた多喜先生。

その教えを受け継ぎ、これから色々な場所で活動していこうと決心しています。

室内楽、アンサンブルです。

立春を迎え新しい1年が本格的に始動しましたね。

『6月7日(日)にドラムとピアノのアンサンブル体験会』を開催しますよ!

所沢市小手指にあるスタジオにて行います。

友人たちにも声をかけ、他の教室や生徒さんのお友達でも誰でも参加OK!

ピアノソロは音楽の全てではなく入り口です。

その先にはこんなにも豊かで深くて楽しくて、音楽は人生そのものだと実感できる世界があることを知って欲しい。

多喜先生をいつも胸に、感謝と愛を贈りながら音楽活動していきます。

詳細が決まりましたらこちらにもアップしますね。

もしもご興味ある方がいらっしゃいましたら、ご面倒ですがホームページのメールアドレスにご一報くださいませ。


ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender
今日はこれから若林顕先生のコンサートに娘と行きます。

夫と行く予定でしたが会議が入ってしまったとのこと、娘が聴きに行きたいと言ってくれたので横浜までルンルンで出掛けています。



生徒さんたちを見ていても、自身の練習でも、正しい練習が必要なんだと痛感することが最近多いです。

生徒さんたちのレッスンで、なんとなくの雑な練習をしてきてしまう週は、修正にかなりの時間を使ったり同じことを繰り返し一緒にやらなくてはならず次のことを教えられなかった…結局堂々めぐりだなあ、ということがあります。

そういう週があるのは仕方ないけど、それが続くと正直残念…

親御さんのご協力は必要とはいえ、自身だけで考えて聴いて心を動かして練習出来る様にどうしたら良いかと、ピアノ講師たちは皆考え試行錯誤しています。

室内楽はマスタークラスなので受講生皆さんの演奏を聴けるのが大変勉強になります。

自分とは違う箇所のアドバイス、Vn Vc Pfの音色の解け合い方やバランス、受信と発信の仕方、先生方の寄り添い方、などなど客観的に見て聴いて相当学べます。

なんとかその経験を生徒さんのレッスンで活かせないかなあ…

多喜先生のジュニアの生徒さんたちのトリオがそれはそれは素敵な演奏でため息が出るほど美しいのですが、マスタークラスというのも成長の大きな助けになっているのかなと思います。

互いに刺激合い、真剣に学び合っているのですね。

あの子たちの今後の成長を心から応援しているのですが、素直で可愛らしい子たちばかりで、純真な心根と真っ直ぐな想いが音楽に現れ姿勢美しくピシッと演奏する姿にいつも大拍手をしています。

正しい練習方法、音の聴き方や身体の使い方、指導しなければいけないことが多いです。

良いところは伸ばし、生徒さん一人一人よく見てあげなくてはです。

23日24日のステップでは、ジュニアの子たちの演奏をよりしっかり聴こうと思っています。

私自身も、練習すればするほど見えて感じ取れることが増えてくるので探究は尽きません。



コンサートの前に横浜でホテルランチを久し振りにするのでそれも楽しみつつ、午後のコンサートを全身で聴いて受信します。




ピアノ教室フェリチタ


FullSizeRender








FullSizeRender

雨は好きなのですが、大雨の被害が出てしまったりあまりに寒い雨は気分も落ち込むので、あえてスカッと美しい空を。

青空が恋しいなあ。

前世は羽ばたく鳥だったかなと思うほど空に恋焦がれます。




手首を捻挫してしまいなかなか思い通りに練習は出来ないのですが、レッスンは休まずニッコニコで通っています。

室内楽の通常レッスンに加えて弦の先生方の補講、多喜先生個人レッスン、絵理先生の個人レッスンと幸せ続きの日々です。

どのレッスンも行きも帰りもルンルンでスキップしたい気分。

1ヶ月きったステップに向けて、受講生皆さんさらに真剣に向かわれているだろうなあ!

ステップ当日は若林顕先生の公開レッスンも受けられることになり、テンションが上がりまくりでワクワク興奮しています。

ハイドン、モーツァルト、シューマンとそれぞれに仕上げ段階ではあってもまだまだ課題があり、特に苦労しているのがモーツァルトです。

譜読みは初見でも可能なくらい1番簡単ですが、ポワンと弾いていたら単なる音の羅列になり全然音楽になりません。

本日の絵理先生のレッスンで、和声のバランスを考えるといいですよとアドバイスを頂きました。

ペダルを踏み、バスを弾いてまずは倍音を聴きます。

倍音がある中に一つづつ和声を重ねていって、和声が融合し、最も美しく聴こえるバランスを何度もやり直しながら見つけていきます。

耳だけでなく皮膚感覚でも聴くイメージです。

弦も含めて絶妙なバランスがとれた時の和声の美しさといったら鳥肌がたち泣けるほどです。

それを分散させ、メロディや伴奏やオブリガードにしていく…

モーツァルトってやっぱり神の子、スゴい。

あれよあれよと苦労していたところが解決し、霧が晴れスカッッッと見えるようになりました。

生徒さんたちに、偉大な作曲家たちの楽曲に出来るだけ早く触れて欲しいと思う理由がここです。

絵理先生に大大大感謝です。





バランス感覚。

なんだか人間と一緒ですね。

融合してこそ良さが出る。

一個人としても人間関係においても当てはまるなーと、帰りの電車で復習しながら考えていました。

大好きな和声の重要性を説いて下さる先生方ばかり。

今ここにいるのが幸せいっぱい。

生徒さんたちにも早速伝授するぞ。

バランスを聴き、表現出来る様にファイト。




ピアノ教室フェリチタ


FullSizeRender







FullSizeRender

FullSizeRender
この2枚の写真は、ハンマーの位置が違います。

打鍵の仕方によって変わるのです。

10月3日にハーゲンカルテットを聴きに行ってから楽器を鳴らせる、歌わせる、弦の奥までの振動を感じて共鳴させ音を出そう!と心掛けて練習しています。

いつでも弦楽器のイメージを持って弾くのが私の中の正解です。

特にチェロです。

管楽器を鳴らすように、歌を歌うように、など各々の感性があり、ピアノにのみ注目するのだってそれぞれの正解なのですね。

昨日のハイドンレッスンにて、ハンマーが弦を打つ動きを感じてみると良いですよ、とのアドバイスを頂きました。

ハンマーが弦を突き上げる音がほしい、そのために指の感覚をもっと大切にして、とも。

鍵盤から音が鳴るのではなく、ハンマーが弦を打ってダンパーが上がり、弦が振動して共鳴しあって響きになるのですね。

ピアノの函も鳴る、歌う。

ピアノの構造は複雑で特殊です。

どうやって音が鳴るのか意識しているのとしていないのとでは雲泥の差なのです。

カルテットを聴いて感じたことと昨日のレッスンでのご指導が同じことで、とても嬉しくなりました。

私はこの道に素直に進めば良いんだな、先生方の元でこの仲間たちと共に進めば良いんだなと再確認しました。

タッチによってハンマーの位置が変わるのよ、と多喜先生がハンマーを見せて下さり、皆でおお〜っ本当だ!と驚きの声を上げました。

上記の2枚の写真がそれです、出したい音をイメージして打鍵するとハンマーに伝わり、動きが変わるのです。

こういう音が欲しいならこう打鍵しよう。

弦楽器のビブラートのように弦が震えてる〜響いてる〜。

そのイメージも持ち、音の存在を感じるように。

そうやって五感六感をフル稼働させたいので、下の写真のように、ハンマーを見るために譜面台を外し大屋根の上に乗せました。

譜面台が遠くなるのですが、ハンマーの動きがよく見えるし弦の響きをすごく感じられるし、とても良いですよ。

IMG_1993
和声を弾くと指の都合などで打鍵に差があるのが分かったり、この音にはこの打鍵で合ってたと確認出来たり、もう楽しくて楽しくて何時間も練習出来ました。

多喜先生、弦の先生方、絵理先生との出会いは宝です。

この出会いのためにピアノを弾いてきたと揺るぎない確信があり、それが私の軸です。

ステップまであと1ヶ月。

仲間たちと一緒に頑張ります。




皆さまの地域で台風の被害が出ないことを祈っています。


ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender














このページのトップヘ