所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: 音楽、ピアノ、芸術

FullSizeRender
クリスマスシーズンになってきましたね。

訪問演奏では季節柄の楽曲を数曲演奏するのですが、今回はピアノでホワイト・クリスマス&仲間たちでクリスマスメドレーを加えました。

このホワイト・クリスマスはジャズ風。

ジャズ…クラシック大好き一筋で歩んできた私の最も苦手なジャンルですが…

アレンジや即興の勉強は幼児の頃のヤマハでちょっぴりやっただけ、引き出しはほぼゼロです。

しかし楽譜があったのと、ジャジーな雰囲気がこの曲に合ってるな〜思い、自分でアレンジするわけじゃないしやってみよう!と弾いてみました。

なんとも言えない素敵な和声が鳴り、色がどんどん変わっていく様、そして軽やかで洒落たリズム。

うーん、素敵、いい曲!

『ずっと聴いていたかった〜良かったよ〜』と仲間に励まされました、なんとか形になって良かった…

嬉しいことに『落ち着きの矢崎さん。安定感があるよね』とちょっぴり褒めてもらい。

時間はかかりますが何事も丁寧にやってこそ力になるし、仲間たちをピアノで支えて調和をより一層際立たせる、それを目指しています。

一体感ですね。

彩りとか支えとか、一緒にたっぷり歌って寄り添うとか。

ピアノはどんな音色も出せるのですもの。

耳を育てる積み重ねが、レッスンでの生徒さん達の音色の聴こえ方、連弾の調和の具合を考えたりどう仕上げるか、かなり変わってきているのを実感しています。

練習と実践を着実に重ねていくこと、上質で本物の演奏をライブで聴くこと。

先月のフォーレ四重奏団とステップ、春からのアンサンブル活動で、聴こえ方とイメージの膨らみ方がここに来てやっと動き出しました。

時間がかかります…あっという間にひとっ飛びに良くなろうなんて求めてはいけませんね。

これからも地道に…

楽しい訪問演奏でした。

会の皆が笑顔、感動の涙。

幸せなのです、音楽ってそういうもの。

音楽に携わっていて良かったと心から思います。



         ピアノ教室フェリチタ



FullSizeRender
明日はアンサンブルの訪問演奏があります。

皆さんとの合わせが楽しくて楽しくて。

最近、私はピアノが弾けて良かった、としみじみ思うのです。

弦楽器にも管楽器にもどの楽器にもなれる、その音色を奏でられる。

変幻自在に、どの楽器とも一緒に歌える。

それを追求するつもりになれば、ピアノはオーケストラを表現できる。

どのような表情でも、どのような和声でも、応えられる。

弦楽器とも管楽器とも、柔らかで響きの美しいピアノの音なら会話ができるんだ。

潜り込みたい弦の音、息づかいを一緒に感じながら奏でる管の円やかな音。

側に寄り添える、共に歩ける…

…それが急に、先程練習していてピカーッと分かりました。

多喜先生が仰る『耳が開く』と共に『目が覚めた、視界が開けた』感じです。

練習しながら様々な楽器の音色が頭の中に渦巻いて。

あーピアノって最高…しみじみ。

この写真の空のように、気持ちが清々しいです。




低音パートはいつでも、チェロの先生の音色を思い出しながら、どうやって先生は演奏しているかな…と考えながら弾きます。

どんな時でも一音一音心を込めて、響き豊かな生きた音を奏でる、そのチェロの音色は最高のお手本です。

低音って実に重要です。

包み込んでくれる低音、もうそれだけで幸せですね。

ボウイングは音の方向を考える上でとても参考になるので、ヴァイオリンの先生の演奏する姿をよく見ていました。

楽譜を忠実に再現する、音楽への真摯な姿勢にうっとりしていました。




それと、初めて出会う曲の音源を聴くのを止めました。

ある程度弾けるようになってから色々な演奏を聴き研究して深めるのは良いのですが、最初から刷り込みのようなコピーになりたくないと思うようになり。

名演奏家の演奏を聴く前に、まずは楽譜をよく見てよく考える、ひたすら楽譜に向かう、研究する。

重要なことではないでしょうか。

それだけで膨大なことが分かるのですもの。

耳コピして形を作って、それから楽譜を当てはめて設計図を直していく…のは私にとってはNOなのだと気付きました。

作曲家の声、魂の叫びが聴きたいのです。

そして、作曲家とゆっくり話がしたいのです。

そうだったよな…ずっとそう考えてきたもんね…



明日もニコニコの一日になりますようよう。

皆さんとのアンサンブルでの会話、楽しみです。


FullSizeRender
先日会った友人。

大切な友人の一人なのですが、室内楽ステップを聴きに来てくれました。

チャボヒバホールの静謐な空気、弦の先生方の音色、トリオの音楽、そして受講生たちの醸し出す雰囲気。

全てに感動した、と言ってくれました。

感性や心に大変敏感な友人なので、音楽がストレートにハートに響いた、受講生たちの姿に感動した、と嬉しそうに楽しそうに話してくれる姿にまたまた嬉しくなりました。

いつも私を励まし勇気づけ、優しく温かく照らしてくれる友人です。

これまでの付き合いで彼女の感性と発する言葉を信頼しているので、言ってくれた言葉に跳ね上がりたくなるくらい喜びました。

まずは、私がトリオ弾く直前の先生方と笑い合う一枚の写真(すごくお気に入りなのです!)を見て、少女のようだ、本当のさっちゃんが喜んでいる顔でとっても素敵!と絶賛してくれたこと。

自分の中の本当の自分が喜んでいる笑顔だと。

『ここが私の終着点』という通りのお顔をしているね、これはとても良い写真だから、是非大きく現像して眺めた方が良いよ、と。

私の大切な一枚、彼女は気付いてくれました。

大きく現像しようと思います。

そして『さっちゃんには、揺るぎない光の芯が一本しっかり通っているのを感じる』とも言ってくれました。

光の芯…

芯が存在しているのは自身で感じてきましたが、光の芯とは何と喜ばしい表現ではありませんか。

自分らしく光りたい、輝きたい、温かい光で周りを包みたい、信じる道を真っ直ぐに生きていきたい。

常にそう思っていますが、いつでも彼女は私の背中を優しく支えてくれます。

間違っていないよ、その道。
 
その道を信じて進んで大丈夫。

この笑顔が証明しているよ。

あの場所なら間違いないよ。

その道中での学びは、音楽に関するあらゆること、指導や演奏や感受性を育て正しく導いてくれる。

受けたものは発信して、還元していくんだ。

光の芯かあ…

しょぼくれにならないよう、オーロラ色に輝いてみんなを照らせるよう、一歩一歩頑張ろーっと!


ピアノ教室フェリチタ





 笑顔と音楽に満ちたピアノ教室です
            ピアノ教室フェリチタ
       https://www.sachi-piano.info
IMG_0948
ピアノを演奏するならオーケストレーションを考えるべきだとずっと思っていまして、どの作曲家でも必ずオーケストラをイメージして楽譜を読み取っています。

ここはファゴット、ここはホルン、ここはチェロ、ここはオーボエ…この楽器のこういう音色…

作曲家の意図に想像力を働かせて。

(例外はショパンです。

ショパンの頭の中にはピアノの音色しか無かったのでしょう。

なのでオーケストラには置き換えられないため、試験や受験、どうしてもこの曲が弾きたい、という以外ほぼ選曲することない作曲家です)

室内楽のヴァイオリン森田先生はN響第1次席、チェロ篠崎先生はN響コンマスのマロさんの弟でプロ中のプロのチェリスト。

レッスンでは室内楽の話はもちろん、指揮者の話や、オーケストラで例えるとね、というアドバイスがあり、嬉しくて嬉しくてワクワクします。

N響ですから世界的な指揮者と合わせているので、そのお話が聞けるのは実に学びが多いです。

ここは私にとってゴールのレッスン。

この指導を受けるためにこれまでの道のりがあったのだと確信しています。

昨日の赤松先生のベートーヴェン講座でも、ピアノコンチェルトで合わせた時のオーケストラのお話やN響の話も出ました。

オーケストラが鳴っている赤松先生の演奏を聴いていて、オーケストレーションの視点は絶対必要だ、ピアノの可能性はそこにある!とこちらも確信しています。

一方ピアノの音色を追究しているピアニストもいて、その音楽を楽しむ聴衆もいますので、好みと感性で色々あって良いのです。

自分の中の本当の声って、耳を澄ませていればいつでも聞こえてきます。

なぜか、どうしても…揺るぎない芯のようなものがあるのです。

喉から手が出るほど欲していたレッスン、先生方との出会い。

新しい曲も想像力を羽ばたかせ、楽譜と向き合っています。




吹奏楽をやっている生徒さんには色々な楽器のイメージをどんどん伝えます。

あー分かるぅ!と納得してくれます。

が弦楽器はなかなか…

上手く伝えるにはどうしたらいいかな。

この子はピアノの音色だけを楽しみたい子かな。

それともオーケストレーションを面白がってくれるかな。

ピアノ演奏や管弦楽曲を一緒に聴いたり動画を観たり、レッスンでもしてみようかと思います。

今は特に、慈しんでピアノに触れ美しい音を奏でること、その音を聴くと心地良くなるような音色を奏でることの大切さを、全員に伝えたいです。



                 ♬🎵                          ♬🎵          


〜音楽と笑顔に満ちたピアノ教室です〜

           ピアノ教室フェリチタ
       https://www.sachi-piano.info

IMG_0928

ステップで多くのトリオを聴かせて頂き、音楽はその人の内面や生き様すべてを表すな〜と再確認しました。

カリスマ的存在の方が二人いらっしゃいます。

一人は女神のAさん。

ラストにメンデルスゾーン全楽章弾かれたのですが、音楽性と先生方との一体感がケタ違い。

瞬きをするのも忘れるくらい三人の音楽に引き込まれ、全員で拍手大喝采、友人と一緒に感涙しました。

この女神さま、人間性もとても温かく発する言葉は愛に満ちていて、決して傲らず真摯。

以前、ファンです!と伝えた時も(ファン度がアップしました!と今回は伝えました!)、はにかんだ笑顔と優しい言葉が素敵で、全部この方の音楽に表れてる‼︎と感じました。

清々しくて温かくて、思いやり溢れる言葉が聞こえてきそうな音色…オーロラ色で輝いています。

音楽は自己顕示欲でするものではないと考えています。

人からすごいと思われたい、上手だと思われたいという顕示欲の塊の音楽も世の中多いですが、そういう音楽を聴くと蛇や魔女を連想するのです。

黒いモヤモヤが立ち込め、覆いかぶさってくる雰囲気に息苦しくなり気分が悪くなってしまい…

あーこういう音は出したくなくなあ…聴いていられない…とため息が出てしまいます。

そんな世界とは遠く離れたカリスマAさん。

本当に素敵です。

もう一人のBさんも、大変安定感のある素晴らしい演奏、ベートーヴェンを披露して下さいました。

会えばお話するくらいでしたが、ステップ後facebookで繋がり少しお話をしました。

気さくで明るく朗らか、やはり決して傲らず前向き。

優しくて真面目な方なんだと改めて感じ、音楽に生きる姿勢が表れてるなあ、と。

カリスマって単に優秀とか華がある、だけではなく人間性が重要なんですね。

周りをほんわか温かくするような。

清々しい風が吹き抜けるような。

真剣に生きる姿を見ているだけで元気をもらえるような。

周りに勇気を与えてくれるような人間性を持っているかどうか。

カリスマってそういうことなんだ…

お手本となる二人のカリスマ、追いかけたいです。




嫉妬や羨む気持ち、優位に立ちたい気持ち、そういう邪念が入っていると、あーもう聴きたくないと耳を塞ぎたくなる音楽になり、気を吸い取られる様な気分になってきます。

何を選択していくかは自分で決めることなので、色々あるなーと分かった上で自分と相談し、自身の感性を信じることです。

感性を磨き、自分を信じましょう。

ステップで経験したこと、味わったことを全て浸透させて、よく考えながら一歩一歩。

音楽は自分を丸裸にします。




明日は赤松先生の待ちに待ったセミナーです。

幸せ続きです。



🎵♬                   🎵♬                    🎵♬



このページのトップヘ