所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: 音楽、ピアノ、芸術

FullSizeRender
なんて美しい公園なんだろうといつも惚れ惚れします。

浄化してくれる場所。

清涼な空気が自分の中を通って細胞の透明度がアップしていくような気分になります。

緑と青の濃淡、フワフワの白い雲、優しい風、幸せです。





延期にしていたカホンアンサンブルを7月12日(日)レッスン室にて行います。

生徒さん達の頑張りを見ていると目標を持つってやはり必要だなと思います。

みんなピアノを弾くのが楽しそう!良かった!

この企画があったのでオンラインでも話が弾み、ワクワク感を保ってレッスン出来ました。

対面レッスンに戻りましたので、私がカホンを叩いたりピアノとカホンを交代したり、まずはカホンの音に慣れようねと色々行っています。

ピアノの立場、カホンの立場、それぞれどんな風に聴こえる?

カホンの音もよく聴けるようになろうね。

ドラム講師が近くにいるのもこの企画を考えたきっかけですが、管楽器や弦楽器とのデュオよりも打楽器とは断然アンサンブルしやすいと感じていたので、はじめの一歩は打楽器楽がいいと思いました。

そして何よりも、大きな目標は耳が開いて欲しい、ということ。

耳が開いて、様々な楽器の音色にも、自分の音色にも、敏感になって欲しい。

今後の長い音楽人生の中で、セッションやアンサンブルをする機会が増えて欲しいし、その楽しさと聴き方を知っていれば音楽の喜びがぐっと広がるから。

ピアノはどのような形態でも対応出来る楽器なのでアンサンブルを知らないのは本当にもったいないです。

視野を広げよう。

ピアノは楽器としても演奏形態としても特殊な楽器です。

子供の頃から『耳を開こう』という経験をしておくと、技術的なことはもちろん大切だけど他にも大事なことがあるよ、ということを体験から知ります。

最近思うのは、音は想いをのせて届けるものだということ。

自分の心に。

相手の心に。

遠くにいる大切な人に。

聴く人の心に。

パートナー達の心と耳に。

それを体感するにはアンサンブルは最適です。

乱暴な音、雑な音は決して決して出して欲しくない。

それじゃ届かない。

ピアノは美しい音色、味わって欲しい…

切実に思います。





アンサンブル活動メンバーにはヴィオラやクラリネットのプロ奏者たちがいるので、今後一緒に演奏活動出来たら良いなと考えています。

数人で小編成のアンサンブルもやりたいね、とも話しています。

YouTubeでLive動画をアップするのも一般的になっていますし、演奏活動の方のHP作りも頓挫しているので、なんとかしたいな。

友人や仲間たちから、性格も音色もアンサンブルに向いている、アンサンブル演奏活動した方がいい、室内楽愛が強いから演奏していくといい、とよく言ってもらうのですが、素直にとても嬉しいですし、死ぬ間際まで演奏していたいと思っています。

自分の音楽はイコール室内楽だと分かっているので指導においても私が出来ることやるべきこと、やりたいことは決まっています。

生徒さんたちに伝えたいその一つがカホンアンサンブル。

どんなアンサンブルになるかな。

緊張や戸惑いも含めて、柔らかい心と感性で初の打楽器とのアンサンブルを目一杯楽しんで欲しいです。

家族、大好きなこと、大好きな仲間たち、大切な生徒さん達と一緒にいつでも笑顔でいられる環境作り、やりたいこと、やるべきことに向かって歩いていきます。

音楽の目標は3つあるのですが、その一つ、オーケストラの一員になりたいは叶っているのであと二つ。

いつでも目標に向けて指針を定め、目の前のことを丁寧に楽しんでいるとチャンスが訪れると信じているので、大丈夫、何とかなる!

まずは生徒さん、親御さんたちとカホンアンサンブル!

ワクワクします。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender











FullSizeRender
場の波動があります。

緑が多く空が高く感じられる所沢ミューズがとても好きで、高い波動を感じます。

この並木を毎日見ていたい、心地好い。

まだホールには入っていませんが、改装後のホールが楽しみです。





Twitterなどで、好きなアーティストを描いて投稿されている画。

見るのが好きです。

この絵を描いている時はその人のことだけを想っている、いっぱいの愛を感じるからです。

愛が詰まっているのが伝わってきます。

そういうものを目にして、私も心を動かすのが好きです。

キリッと引き締まった真剣な顔で没頭されていて、全身が愛で満たされていて、一線一線心を込めて描いているのでしょうね。

そういう時間って尊いです。

とても価値を感じます。

その過程は生気がみなぎるような、細胞が潤うような、そういう感覚なのかな。

実物は今にも動き出しそうな作品なのでしょうね。

美術や音楽は自分の内側と向き合い丸裸になりとことん奥へと進む一方、外側に発信手段が必要で、絵筆や楽器を使って想いをのせます。

芸術ってなんて素敵なんだろうと今日再確認しました。

芸術だけでなくスポーツでも勉強でも趣味でも、夢中になれて没頭出来る充実の時間が誰でもきっとあります。

我が子たちに、心に素直になって好きなことを追求してね、と話しています。

生まれてきた意味というと大袈裟かもしれませんが、自分の内側の声を尊重して欲しいのです。

常日頃から、私はこのために生まれてきたと体現するようしています。

犯罪や人を故意に傷つけることでなければ、思いのままに好きなことをして欲しい。

細胞が活性化するような大好きなことを追求していて欲しい。

好きなことに没頭出来るよう、道のりの勉強が必要だし、見識や知性も必要。

お金も大切だし、友人も大切にして欲しい。

何よりも自分を大切に。

愛がいっぱいの絵を見て微笑みの気持ちになりました。

こういう投稿ってプラスのエネルギーを発しているので、世のため人のためになっているね!と感じます。

良いものを発信したいですね。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender










FullSizeRender
様々な色合いがある空が大好きです。

下の方には金色の夕陽がありました。

家々が写ってしまうので、夕陽は目に焼き付けて。

あの蒼みに向かって飛んでいきたい。

先程外に出たら、大雨の後の空気が涼やかになっていてなんだか切なくなりました。

自然の風って気持ちいいね、と話していたのですが、ちょうどカーオーディオから流れてくる曲と涼やかさが合っていたのもありキュンとなります。

ザッと降って暑い空気を流してくれたこの変わり様に戸惑うような感謝するような…

自然って、人間界の全てを体現しているなって思います。




22日(月)から対面レッスンに戻すのですが、昨日本日と、来週はレッスン室に来てね!と生徒さん親御さんとウキウキ話していました。

会えるのを先生とっても楽しみにしています!と伝えると、生徒さんもニッコニコではい!と応えてくれて、会いたい気持ちが膨らんでいきます。

早く会いたい。

リアルな声を聞いて、いっぱいお話ししたい。

抱きしめたい。

それは実際は出来ませんけど…

『声の質』に敏感なのですが、子供たちの潤いのある艶やかな声が特に好きです。

声が聞きたいな、お話ししたいな。

オンラインでは生徒さんの個性が出て楽しかったです。

ペットを見せてくれる子が多く、可愛がっているんだね〜と共感したり、私に見せたいお気に入りの物を並べておいてくれたり、お家の中の秘密基地を見せてくれたり、緊張の面持ちで始まったオンラインも最後には満喫出来る様にお互いがなりました。

ご家庭でのご準備やご協力、本当にありがとうございました。

オンラインとても楽しかったです。

ご入会もあり需要があることが分かったし、このままオンラインは残します。

他の市から通っている生徒さんもいますので、今日の様な突然の大雨の時などやはり安心ですね。

オンライン終わるのかあ…と一つの区切りを確かに感じるので、レッスンが終わって今夜の入れ替わった空気に切なさを感じたのかもしれません。

この2ヶ月半は、私にとって指導の学びが多く、しっかり考える時間となりました。

過ぎ去ってみてから少し引いて視野を広げて見ることが出来、こういうことだったんだなと分かるものなのですね。

4月の時点と比べると、指導においても演奏においてもプライベートにおいても大きく変化し、景色が大分変わりました。

前を見て進もう、が今の気持ちです。

そして、自分の心の声にいつでも従って今この瞬間を大切にしよう。

選択の連続をおざなりにしないこと、厳選していきたいのです。

ここ1週間ほどボーッとしていることが多く自分を持て余しているのですが、来週の対面レッスンに向けて心身アップしていかなくちゃ。

なんでしょうね、このボーッと感。

学びと変化を消化しているのかな。

ニコニコ全開で生徒さんと会うぞ!





ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender

















FullSizeRender
樹々の匂いが強くなってきましたね。

植物たちは色濃くなってきて、葉の一枚一枚が鮮やかにくっきりしています。

潤いのある空気だし、お肌が乾燥しなくていいわあ!





室内楽レッスンが再開、トリオもデュオも今週レッスンがあり先生方に久し振りにお会い出来ました。

艶々の音色とたっぷりの響きに包まれる、愛のある厳しいレッスン。

お会いしたかった〜ハートの想いで待っていました!

アンサンブルしている時が一番幸せ…

この想いはどうしようないです。

睡眠も食事もなくていいくらい、一日中弾いていたい…

いけないいけない、仕事もするし主婦業だってするし、現実の生活も地に足つけていなくちゃー。

多喜先生が最後に仰っていた言葉です。

『音楽の原点は室内楽です。

音を重ねて響きを美しくね』

魂に刻み込むように優しいお声を思い出し、いつも反芻しています。

演奏を聞いたりお写真を見るのはまだ辛く出来ませんが、命を吹き込んだかのようなそのお言葉が確かに私の中で生きています。

そして泣きそうになる…

悲しいけど、大切な人を想って繋がっているから幸せでもあるのかも。

音を重ねるって本当に美しいものです。

アンサンブルで様々な音色がぴたっと重なると美しくて泣きそうになります。

響きの豊かさが増しハーモニーがきれいに揃う美しさもありますが、きっと波長や鼓動や想いが重なる感じに感動するのかもしれません。

音だけでなく、心が寄り添い重なって、生まれている。

『室内楽は人生そのもの』と室内楽奏者たちは言っています。

その世界に虜…

パートナー達がどういうことを表現したいと思っているのかを受信し、自身を発信するのが好きです。

音は昇華し、音楽ははかなく消えていくものです。

でも確かに寄り添い重なり合っている。

響き合おうと気持ちが一つになっている。

思いやりが感じられる。

はかなく消えていくからこそ尊いし、一音一音大切に奏でたい。

弾いている時は、大抵多喜先生のことを思っていますし、室内楽の楽曲の練習はいつも多喜先生や弦の先生方のことを考えています。

そういえばアンサンブルって、パートナーのことをいつもイメージして練習しますね。

アンサンブル活動も各パートの仲間たちのことを考えています。

一人じゃない。

室内楽は人生そのもの。

それが愛おしいのかもしれません。

19日以降には我が家でのアンサンブル練習も再開出来そうでウキウキします。

少人数で練習するとより互いを感じ合えますし、お喋りも含めてなんたって楽しくって!




多喜先生はいつも『私の人生は幸せでした』とお日様のような笑顔で仰っていました。

志半ばでも壮絶な闘病中でも、いつでも私達を照らして下さったその生き様を見てきて、私自身も時間はそう多くないのだと最近感じます。

今は元気でピンピンしていますが、自身も家族もこの先何が起こるか分からないですから。

本当にやりたいのは何か、やるべきことは。

誰と過ごしたいか、時間を何に使いたいか、何をしていると楽しくてワクワクしていられるか。

自分の内なる声に従っていきたいし、いかねばならない。

ピアノが弾けて良かった!多喜先生に導いて頂けて良かった!と心から思うので、忙殺されて見失わないよう、もっと自分の気持ちを尊重しようと思います。

今日の雨は、なぜか心がゆるんでホッと和みます。

雨音を聞いていると、いいんだよ、って言われているみたい。

ありがとう。

さあ、わくわくレッスンと皆を感じる練習と、ニッコニコでいくぞー。




ピアノ教室フェリチタ

赤みの濃い、珍しいピアノです。

IMG_3186








FullSizeRender
先日動画を送ってくれた生徒さんの演奏を聴いていて、あ〜耳が開いてきている!いいぞ!と感じました。

多喜先生がよく仰っていた『耳が開く』という表現。

その表現を知った時、私もその領域に行きたい!と切望しました。

楽器の響きを聴けているか。

音の長さやバランスだけではなく、響きです。

音の波動の幅や大きさがどのくらいなのか、色、濃さ、どこに向かうのかを聴覚はもちろん、肌感覚で聴く感じです。

倍音や調和のバランス、パートナー達の音色も、耳が開くと面白いくらいに分かります。

ピアノって倍音が豊かだし、何声部も弾けて和声が奏でられるし、弦も函もフレームも振動しているし、響きがたっぷりでいい音…なんです。

もうすぐ対面レッスンに戻すので、レッスンで聴くのが楽しみです!





9月の演奏会に向けて歌合わせがありました。

前回演奏会同様に声楽との合わせもあるのに、器楽とが大好きなので『声楽とはもう無いなあ』なんて思ってしまいました。

久し振りのソプラノです!

艶やかな歌声、美人でスタイルも良くて、気さくで朗らかで優しくて惚れ惚れします、素敵な方!

お人柄が麗しい歌声に表れています。

ピアノとソプラノで奏でる部分では、歌を優しく誘い、すいっと添います。

距離感、音色の柔らかさの度合い、調和のバランスなども取りやすい歌合わせでした。

もちろん声楽の合わせも楽しいですが、やっぱり私の心が向くのは弦楽器とだなあ、とより分かりました。

来週から愛する室内楽もスタート。

耳だけでなく肌感覚でも聴くのだ。

どんな楽器でも声楽でも、パートナー達の奏でる波動に添えばいいのだ。

後は、自分の右手左手も互いに寄り添う感じをイメージです。

仲良し、楽しく軽やかにお喋り、思いやっている、ピアノソロは一人アンサンブルです。

それに気づくためにも、他の楽器と合わせてみると良いですよ。




ピアノ教室フェリチタ 

IMG_3181

このページのトップヘ