所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: 音楽、ピアノ、芸術

FullSizeRender
昨日のカホンは箱型の打楽器です。

座って、絵や字が書いてある面を叩く楽器で、高音〜低音までドラムのように色々な音が出せるようです。

演奏予定だったドラム担当に相談し、生徒さんがレッスンで叩くならこれがいいよ、と選んでもらいました。

私はまだ出来ませんが、響くような低音から軽やかな高音、手や指を使ってポンポンと音を生む様が面白いです!

ドラムイベント残念です…という声もチラホラ頂きました。

どうしてもどうしてもデュオ体験させたく、これならみんなデュオしやすいかな、なんとか開催できるかな思いついたことがあります。

折角ドラマーが近くにいますし、コロナ次第ではありますが、大丈夫です、ドラマーと相談しながら実現させます!





オンラインレッスンを数年前から取り入れている室内楽仲間がいました。

レッスン形態でzoom、messenger、LINEでのオンラインツールを伝授してもらいます。

FaceTimeは今のところ保留です。

私としましてはオンラインレッスンがしたいですし動画は補佐的に使いたいと考えます。

長年使っている彼女から、各ツールのメリットとデメリットと使い勝手、レッスン費と時間設定、レッスン費支払い方法など色々と伝授してもらいます。

なんてラッキー!こんな身近に頼りになる友人がいた!

こういう時は追い風、GOサインなんです。

オンラインレッスン切り替えや導入、OKだよ!正解、いいね!ってこと。

手を差し伸べてくれる人がポンと現れるとか。

あの人どうしてるかな〜と考えていたら連絡が来たとかばったり会うとか。

パラパラ見ていた新聞や雑誌、たまたま見ていたFacebookやブログにまさに今これが知りたかったの!と思うような記事が出ていたり。

昨日そろそろマスクを買わなくちゃ、でも当然売ってないと思っていたら、Facebookで、インド製のオーガニック布で、布自体に免疫力アップ効力があり洗ってもその効力が無くならないマスクを見つけて早速注文。

しかも発信元は同業者で、やり取りも弾みました。

あーなんてナイスタイミングなのかしら、応援してもらってる気がする!と何でもプラスに考えちゃいます。

私は、手を差し伸べてくれる人がポンと現れることがとても多いです。

もうどうしようもないと糸が絡んでしまうように感じると、ポンと、スイっと、救いの主が現れる。

これまで何度もそうやって助けてもらい、私ってなんてラッキーなんだろうとその度に感謝してきました。

なので、私も周りの人をいつでも笑顔で助けてあげたい、手を差し伸べてあげたい、という気持ちが大きいです。




zoomは注意躍起も出ているようなので注意点やデメリットもよく知っておくことが大事ですね。

各ツールの音質精度が一番気になります。

登録自体は簡単、スマホで登録しました。

個人レッスンなのでミーティング機能は今のところ不要。

調べていくうちに楽しみになってきました!

頼れる友人の存在はとても大きいですし、大変素敵なアンサンブルを奏で、人柄も朗らかで温かい彼女は元々ファンでした。

12日までのレッスン休み期間に、楽しみながら準備を整えます。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender










FullSizeRender
コロナ感染が瀬戸際の状況、この地区は新学期を迎えます。

その現状を見て【4月新年度からオンラインレッスンへ移行】することにします。

2月には現実的でなかったオンラインですが、数日前から情報収集と友人達とやり取りをしてみると、潔く早い段階で無期限でレッスンお休みにしたり、数ヶ月はお休み、オンラインレッスンへ移行するピアノ講師は大多数でした。

当教室ではまず試験的に4月と5月に実施します。

オンラインの場合はレッスン時間にZOOM、FaceTime(iPhone同士)、LINE電話などで繋がりレッスンをする

またはオンラインが難しい場合は、動画を送って頂き私からもアドバイスの動画を送る

お互いに手探りで試行錯誤のレッスン形態となります。

様々なツールで勉強させて頂いているので、私も試行の過程をこちらにアップしていこうと思います。

リアルタイムのデジタルツールは本当に有難いですね。

お試しとして、来週レッスンお休みの期間にお家での練習風景を動画で送って頂こうと考えています。

今日保護者の皆さんに発信しましたら早速、なんだか楽しそうですね!色々とご配慮感謝します!など前向きな受け止め感想を頂きました。

悩ましいこの時期ですが、後に、あの時があったから発展出来たと思えるよう、手探りで迷走しながらも今出来ることを明るい気持ちで一つづつ丁寧に行っていきます。




写真はカホンという打楽器です。

6月7日(日)ドラムイベントに向けて、またその先も見据えて購入しました。

このイベントは無期延期です。

生徒さん達がドラムの音に慣れるためにレッスンで私が叩こう!と考え、ヴァイオリンも難しいけど打楽器はもっとセンス無いだろうからな〜練習するぞ!と張り切っていました。

ドラムと合わせるのって本当に楽しい!私自身も演奏したいし、生徒さん達のドキドキワクワクの様子も目に浮かぶし、何を感じてくれるかなと想像して、多分私が一番楽しみにしていました。

ドラムと二人ってドキドキする〜と生徒さん達も話していて、連弾とは全然違うアンサンブル、すごく楽しいよ!と伝えていましたので、とても残念ですが、仕方ない…

カホンとはオンラインレッスンでしたら合わせが出来そうなので練習しておきますね。

今だ!という時期を見計らい開催しますよ。




大好きなこと、夢中になれること、一つでも多く見つけて明るい気持ちで、自身も家族も周りの皆さんも心身健康に乗り切れるよう。

大事に過ごしましょう。



ピアノ教室フェリチタ


FullSizeRender








FullSizeRender
カラリと晴れ渡る空が恋しいですね。

キラキラお日様に照らして欲しいなあ、それだけで元気になれそう。

ラフォルジュルネは中止だし、室内楽公開レッスンも中止、4/10までの室内楽レッスン3回は延期になるしで心はしぼみ気味。

3回のレッスンが延期…先生方にしばらく会えない…

ラフォルジュルネでは今年は先生方は何を演奏してくれるのか!とワクワクしていた…

どれだけハートなのか再確認してしまいました。

受講生は皆、先生方のお人柄と壮大な音楽性に惚れ込みファンなので皆も同じようにへこんでるだろうなあ。

いや、いけないいけない。

イレギュラーなことに心労せず栄養と休養をしっかり取って、動ける時が来たときに伸びやかに活動出来る様にしよーっと!と思います。




絵理先生とオンラインレッスン導入の話をしていました。

研究会でもよく聞くZOOMです。

今後このようなネット利用が急増するのでしょうね。

使い勝手について読んではいるのですが自分でやってみないと何とも分からないので、絵理先生の個人レッスンでまずは使ってみようと思います。

生徒さんのレッスンでの活用も踏まえ、また室内楽レッスンではどのようになるのか探ってみます。




ベートーヴェンの2楽章、ドイツの森…

と想像していたのですが、最近は星空や流れ星(ハワイの星空が大変キレイで感動したと多喜先生がお話されていたのもあり)、ピアノのエコーは空よりももーっと高い所から聴こえる感じ、鳥の目線で海を見ているなど、弾きこむほど視点が変わっていきます。

こうしてイメージの世界に入っていくと全ての音がよく聴こえてくるので先生方とも合わせやすくなり、何を発信しているかに敏感になれます。

受信受信…受け取るぞ。

ゆうき先生にいつも包み込んでもらっているから、特に2楽章は私がオケになってチェロを包み込む!と自分に誓ってもいます。

先生いつもありがとう!一緒に歌いたい。

3人で、いえ多喜先生も含めて4人で星空を見上げて美しさに心震わせたり、まるで宇宙から聴こえるような澄んだ音色にうっとりしたり、互いを感じながら優しく歌ったり、メロディも対旋律も尊重し合って気持ちを高めていったり。

音楽の気持ちの良い波にのって、ゆったりと優しく語りかけるように…といつも心掛けています。

泣き顔もありますが微笑みが似合う曲で、この楽章は好きなところが多くビリビリします。

4人で微笑んでいたい。

先生方と合わせたら感動して泣くかも…




季節の変わり目もあり心身疲弊しがちです。

ポッカリ空いたスペースには、いつでも自分にとって一番大切なことを入れて心の充電を。

美味しいコーヒーを飲みながら、ワクワク今後の計画。

何が自分にとって重要なのか、見極めるための期間。

こうしたいんだよな、目標なんだよな。

これはもう必要ないんだよな。

必要ないものに入り込みすぎない。

ポッカリ空いことで、何にどれだけハートなのか、いつ何時も照準を当てておくべきかがよく分かりました。

今こそ進め!の時がいずれ来ます。

充電して準備もして、何より心身が健康であることですね。



ピアノ教室フェリチタ


IMG_0930










FullSizeRender
アンサンブル活動は大きな演奏会が夏にある為この時期は訪問演奏が無いのですが、合わせをしていると、練習だけではなく発表して聴いてくださる方々と楽しみたいなあ!という気持ちになります。

演奏することで分かることがありますし、目標に向かって積み重ねてきたものを発信するって本当に楽しいものです。

音の重なり、呼応、皆の息遣い、感じ取ろうとアンテナが敏感に震える感じ。

なんでこんなにアンサンブルって魅力的なのかしらといつも思います。




外出自粛要請が出たのを受け、この1〜2週間はレッスンを休みにしようかと迷いました。

研究会やFacebookなどで皆さんの考えを見たり聞いたりしていると迷う一方。

ばしっと休みにするのが常識的かな…

親御さんにご判断頂くのは無責任なのかな…

変わらずレッスンをしていきたいからこそ悩むんだよな…

夫に相談しましたら『こういう時こそレッスンしてあげた方が良いと思うよ。生徒さんたち楽しみにしているだろうし、きっと会いたがっているよ。お休み希望は個別対応で良いと思うけどな』と言われて、分かった!そうする!と決めました。

グルグル回りましたが、気持ちが暗くなりがちな今こそレッスンで2人で笑顔で!音楽を楽しもうよ!

と背中を押してもらいました。

現状をしっかり把握し短期間ごとの判断が必要ですし、個室になるので対策は念入りに。

病院関係者の話を聞くと、世の中の認識に差があるのを感じます。

気分転換もしたいし、練習したから先生にも聴いて欲しいし、上手になるためのアドバイスも欲しいと思って下さっているのでしょう、お休み希望の生徒さんは一人もいません。

皆さんの様子を見ていると、レッスンでいっぱいお喋りもしたいようです。

入ってきてすぐにお話を始めたり、帰りも靴を履きながら急いで話したりと皆さんの様子が楽しいです。

対策に気を抜かず、リラックスして音楽を楽しみながら、上達もきちんと目指しながら、この時期を乗り越えねばですね。




私も室内楽レッスンで早く先生方に会いたいので、楽しみにする生徒さんたちの気持ちがよく分かります。

室内楽が私の軸なので、先生方とのこの時間のために生きている、ここに向かうための道を時間をかけて歩んできたと毎回感じます。

幸子さんは室内楽愛が凄すぎる!と友人たちに言われるのですが、心がハートだからね!

学び多きレッスンはもうすぐ。

楽しみにしていた予定が色々と無くなりましたが、それは自分が一番大切にしていることに時間をかけようね、の合図です。




芸大に合格した生徒さんと話していて感じたこと、春から家族の状況が大きく変わることが大きいきっかけなのですが。

ここ数ヶ月、堂々巡りで迷いや悩みから抜けれなかった自分の中に、新しい風をビュンと入れたいなと思います。

私らしく生きていくことにいつも照準を当てておこう。

夢のひとつづつ実現出来るよう…目の前のことにいつも丁寧に取り組もうと思います。





ピアノ教室フェリチタ


FullSizeRender









FullSizeRender
音楽は何のためにあるのかなと考えたきっかけはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でした。

ピアノ協奏曲の中で一番好きです。

演奏する曲は必ず背景を調べます。

作曲した年齢やどの国に暮らしている時なのか、作曲家を取り巻く環境、時代背景、出来れば美術史の方も。

どのような気持ちで楽曲を生んだのかを知ることが重要です。

今練習しているモーツァルトのヴァイオリンソナタは唯一の短調、母親を亡くした直後に作曲されレクイエムに聴こえます。

切なくて胸が苦しくなりますが、でも救いも表現されています。

今年度もモーツァルトは絶対先生方と演奏したいと思っていましたので、多喜先生に祈りを捧げる気持ちでピアノの前に座っています。




ラフマニノフが精神疾患で苦しみ、長いトンネルを抜けた先、自身を削るように作曲された第2番。

母国ロシアを想う気持ち、愛する美しい風土、匂い、風、空気感、短い春の儚さも厳しい冬の様子も色濃く現れています。

演奏会に向けて練習していた頃、友人に悲しい出来事があり、私もとてもショックを受けました。

友人の心情と、この曲をやっと生み出せたラフマニノフの心情が重なり、悲しくて悲しくて涙を流しながら練習していて、友人のことばかり考えていました。

この曲を友人に贈ろう…

苦しみも痛みも不安も、これまでの楽しい思い出も全部抱えたあなたを、同じ痛みを知っているこの曲でふんわり包み込んであげたい。

この曲が癒してくれる、苦しみを分かち合ってくれるよ。

あなたを想っているよ。

そう思うと更に涙が止まらなくなり呆れるほど泣きました。

きっと私自身も第2番に癒され寄り添ってもらっていたのでしょうね。

演奏会本番では、弾き始める前ピアノに向かって座っている私を見るだけで涙が出た、演奏に感動したと友人が泣いていました。

良かった、少しでも浄化されてくれたら嬉しい。

心に届けるために音楽ってあるんだな。

寄り添って笑顔になってもらうためにこの音色はあるんだなと、体験して分かりました。

言葉よりもストレート。

自分のためでもあり、届けたい相手のために奏でるのは幸せなことです。

私にとってかけがえのない一曲です。




来月から移動になるお店のスタッフに、曲を贈りたくて練習をしています。

最後の日に会えるのであと数日、美しい曲たちだなと存分に感動しながら練習しよう。

たくさんの思いを包み込めるよう。

4月から笑顔溢れる毎日になりますように。

希望ある春となりますように。

どうか心軽やかに過ごせますように。

今までありがとうの気持ちを持って、大切に、めいっぱい弾いておこう。

また音楽の意義を噛みしめたいです。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender



このページのトップヘ