所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: レッスン

FullSizeRender
なんて美しい公園なんだろうといつも惚れ惚れします。

浄化してくれる場所。

清涼な空気が自分の中を通って細胞の透明度がアップしていくような気分になります。

緑と青の濃淡、フワフワの白い雲、優しい風、幸せです。





延期にしていたカホンアンサンブルを7月12日(日)レッスン室にて行います。

生徒さん達の頑張りを見ていると目標を持つってやはり必要だなと思います。

みんなピアノを弾くのが楽しそう!良かった!

この企画があったのでオンラインでも話が弾み、ワクワク感を保ってレッスン出来ました。

対面レッスンに戻りましたので、私がカホンを叩いたりピアノとカホンを交代したり、まずはカホンの音に慣れようねと色々行っています。

ピアノの立場、カホンの立場、それぞれどんな風に聴こえる?

カホンの音もよく聴けるようになろうね。

ドラム講師が近くにいるのもこの企画を考えたきっかけですが、管楽器や弦楽器とのデュオよりも打楽器とは断然アンサンブルしやすいと感じていたので、はじめの一歩は打楽器楽がいいと思いました。

そして何よりも、大きな目標は耳が開いて欲しい、ということ。

耳が開いて、様々な楽器の音色にも、自分の音色にも、敏感になって欲しい。

今後の長い音楽人生の中で、セッションやアンサンブルをする機会が増えて欲しいし、その楽しさと聴き方を知っていれば音楽の喜びがぐっと広がるから。

ピアノはどのような形態でも対応出来る楽器なのでアンサンブルを知らないのは本当にもったいないです。

視野を広げよう。

ピアノは楽器としても演奏形態としても特殊な楽器です。

子供の頃から『耳を開こう』という経験をしておくと、技術的なことはもちろん大切だけど他にも大事なことがあるよ、ということを体験から知ります。

最近思うのは、音は想いをのせて届けるものだということ。

自分の心に。

相手の心に。

遠くにいる大切な人に。

聴く人の心に。

パートナー達の心と耳に。

それを体感するにはアンサンブルは最適です。

乱暴な音、雑な音は決して決して出して欲しくない。

それじゃ届かない。

ピアノは美しい音色、味わって欲しい…

切実に思います。





アンサンブル活動メンバーにはヴィオラやクラリネットのプロ奏者たちがいるので、今後一緒に演奏活動出来たら良いなと考えています。

数人で小編成のアンサンブルもやりたいね、とも話しています。

YouTubeでLive動画をアップするのも一般的になっていますし、演奏活動の方のHP作りも頓挫しているので、なんとかしたいな。

友人や仲間たちから、性格も音色もアンサンブルに向いている、アンサンブル演奏活動した方がいい、室内楽愛が強いから演奏していくといい、とよく言ってもらうのですが、素直にとても嬉しいですし、死ぬ間際まで演奏していたいと思っています。

自分の音楽はイコール室内楽だと分かっているので指導においても私が出来ることやるべきこと、やりたいことは決まっています。

生徒さんたちに伝えたいその一つがカホンアンサンブル。

どんなアンサンブルになるかな。

緊張や戸惑いも含めて、柔らかい心と感性で初の打楽器とのアンサンブルを目一杯楽しんで欲しいです。

家族、大好きなこと、大好きな仲間たち、大切な生徒さん達と一緒にいつでも笑顔でいられる環境作り、やりたいこと、やるべきことに向かって歩いていきます。

音楽の目標は3つあるのですが、その一つ、オーケストラの一員になりたいは叶っているのであと二つ。

いつでも目標に向けて指針を定め、目の前のことを丁寧に楽しんでいるとチャンスが訪れると信じているので、大丈夫、何とかなる!

まずは生徒さん、親御さんたちとカホンアンサンブル!

ワクワクします。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender











FullSizeRender
様々な色合いがある空が大好きです。

下の方には金色の夕陽がありました。

家々が写ってしまうので、夕陽は目に焼き付けて。

あの蒼みに向かって飛んでいきたい。

先程外に出たら、大雨の後の空気が涼やかになっていてなんだか切なくなりました。

自然の風って気持ちいいね、と話していたのですが、ちょうどカーオーディオから流れてくる曲と涼やかさが合っていたのもありキュンとなります。

ザッと降って暑い空気を流してくれたこの変わり様に戸惑うような感謝するような…

自然って、人間界の全てを体現しているなって思います。




22日(月)から対面レッスンに戻すのですが、昨日本日と、来週はレッスン室に来てね!と生徒さん親御さんとウキウキ話していました。

会えるのを先生とっても楽しみにしています!と伝えると、生徒さんもニッコニコではい!と応えてくれて、会いたい気持ちが膨らんでいきます。

早く会いたい。

リアルな声を聞いて、いっぱいお話ししたい。

抱きしめたい。

それは実際は出来ませんけど…

『声の質』に敏感なのですが、子供たちの潤いのある艶やかな声が特に好きです。

声が聞きたいな、お話ししたいな。

オンラインでは生徒さんの個性が出て楽しかったです。

ペットを見せてくれる子が多く、可愛がっているんだね〜と共感したり、私に見せたいお気に入りの物を並べておいてくれたり、お家の中の秘密基地を見せてくれたり、緊張の面持ちで始まったオンラインも最後には満喫出来る様にお互いがなりました。

ご家庭でのご準備やご協力、本当にありがとうございました。

オンラインとても楽しかったです。

ご入会もあり需要があることが分かったし、このままオンラインは残します。

他の市から通っている生徒さんもいますので、今日の様な突然の大雨の時などやはり安心ですね。

オンライン終わるのかあ…と一つの区切りを確かに感じるので、レッスンが終わって今夜の入れ替わった空気に切なさを感じたのかもしれません。

この2ヶ月半は、私にとって指導の学びが多く、しっかり考える時間となりました。

過ぎ去ってみてから少し引いて視野を広げて見ることが出来、こういうことだったんだなと分かるものなのですね。

4月の時点と比べると、指導においても演奏においてもプライベートにおいても大きく変化し、景色が大分変わりました。

前を見て進もう、が今の気持ちです。

そして、自分の心の声にいつでも従って今この瞬間を大切にしよう。

選択の連続をおざなりにしないこと、厳選していきたいのです。

ここ1週間ほどボーッとしていることが多く自分を持て余しているのですが、来週の対面レッスンに向けて心身アップしていかなくちゃ。

なんでしょうね、このボーッと感。

学びと変化を消化しているのかな。

ニコニコ全開で生徒さんと会うぞ!





ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender

















FullSizeRender
先日動画を送ってくれた生徒さんの演奏を聴いていて、あ〜耳が開いてきている!いいぞ!と感じました。

多喜先生がよく仰っていた『耳が開く』という表現。

その表現を知った時、私もその領域に行きたい!と切望しました。

楽器の響きを聴けているか。

音の長さやバランスだけではなく、響きです。

音の波動の幅や大きさがどのくらいなのか、色、濃さ、どこに向かうのかを聴覚はもちろん、肌感覚で聴く感じです。

倍音や調和のバランス、パートナー達の音色も、耳が開くと面白いくらいに分かります。

ピアノって倍音が豊かだし、何声部も弾けて和声が奏でられるし、弦も函もフレームも振動しているし、響きがたっぷりでいい音…なんです。

もうすぐ対面レッスンに戻すので、レッスンで聴くのが楽しみです!





9月の演奏会に向けて歌合わせがありました。

前回演奏会同様に声楽との合わせもあるのに、器楽とが大好きなので『声楽とはもう無いなあ』なんて思ってしまいました。

久し振りのソプラノです!

艶やかな歌声、美人でスタイルも良くて、気さくで朗らかで優しくて惚れ惚れします、素敵な方!

お人柄が麗しい歌声に表れています。

ピアノとソプラノで奏でる部分では、歌を優しく誘い、すいっと添います。

距離感、音色の柔らかさの度合い、調和のバランスなども取りやすい歌合わせでした。

もちろん声楽の合わせも楽しいですが、やっぱり私の心が向くのは弦楽器とだなあ、とより分かりました。

来週から愛する室内楽もスタート。

耳だけでなく肌感覚でも聴くのだ。

どんな楽器でも声楽でも、パートナー達の奏でる波動に添えばいいのだ。

後は、自分の右手左手も互いに寄り添う感じをイメージです。

仲良し、楽しく軽やかにお喋り、思いやっている、ピアノソロは一人アンサンブルです。

それに気づくためにも、他の楽器と合わせてみると良いですよ。




ピアノ教室フェリチタ 

IMG_3181

FullSizeRender
島村楽器が先月末から再開し今日が久し振りの出勤だったのですが、外に出て働くって楽しいですね。

話したり笑顔になったり、お客様とやり取りしたり、人とリアルに繋がるのは純粋に楽しいことですし、お店やお客様のことを考えて務めるのも新鮮で楽しいです。

スタッフは若い世代ばかりですが、みーんな親切で優しくてテキパキ働く頼れるスタッフ達なので、私ってどこでも人間関係に恵まれてすごくラッキー!といつも思っています。

みんな、ありがとう!





先々週あたりに、レッスンで『メトロノームさん』の話を生徒さん達にしました。

メトロノーム練習のみはだめですが、ピアノって他の楽器に比べてこの練習が足りないのかもと思います。

弦奏者は体に叩き込むようにひたすらメトロノーム練習すると聞きますし、中学の時に吹奏楽部だった我が子に聞いてみたらメトロノームは必須、その練習ばっかりだったと言っています。

安定感のあるそれがあってこその、次のステップ。

根底に脈々と存在するテンポ感は、そうやって繰り返し繰り返し体感して内側に入れていく。

必要あり。

メトロノームに無理やり自分を合わせようとすると辛いから、こう考えよう。

メトロノームさんと一緒に演奏する気持ちになるといいよ。

メトロノームさんは友達、しかも急いだり遅れたりしない頼れるパートナー。

ニコニコでピッピッとかコンコンコンって軽快な音を奏でてくれるから、その音をよく聴きながら一緒に演奏しよう!って思ってごらん。

2人で演奏するのって楽しいよ!

と話したら、みーんな顔がパーっと晴れやかになり、うんうんと頷いていました。

なんだか楽しそう!メトロノームさんって可愛い音だね!一緒にやってみる!と素直に受け入れ練習してくれているようで、今日レッスンの子達や動画を送ってくれた子は俄然テンポ感が良くなり、ニコニコ楽しそうにメトロノームさんと演奏してくれました。

そして他の練習も必ずすること、とも伝えます。

メトロノームさんは休憩してもらって、1人で弾く、弾き歌いの時は歌とピアノの音に集中するなど、色々な角度から練習しようねと話します。

安定のテンポ感が自分の中に歴然と存在し知っていて、その波に乗せるように微妙なニュアンスや揺れは感性やセンスで。

生徒さん達はみんな素直で、親御さん達も気持ちの良い方ばかりで、こちらでも、私っていつも恵まれてラッキー!ありがとうございます!と思っています。

今月末に対面レッスンに戻すことを検討しています。

レッスンお休みしている子に、動画送ってくれてありがとう、上手になってるね、頑張ってるね!と返事をしたのですが、生徒さんみんなにももうすぐ会えそうだとワクワクしています。

感染予防、より徹底した方が良さそうですね。
 
6月になりました。

紫陽花が咲き始めましたね。

新しい季節、潤いのある色濃くなる初夏。

素敵な6月になりますように。





ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender









FullSizeRender
カラリと晴れました。

爽やかで風が気持ち良かったですね。

たくさん洗濯もして、あ〜清々しい!

気持ち良い日はベランダにテーブルと椅子を出して、ランチしたり調べ物や勉強すればいいのよね〜アウトドア用のテーブルと椅子、買おうかしら。




オンラインレッスン移行してひと月半経ち、自分のレッスンパターンが確立しつつあり、展望や改善点がはっきりもしてきました。

音楽と愛いっぱいのレッスンがしたいなあ。

オンラインレッスンの良いところにフォーカスして映し方の工夫・映像ならではの利点を探りながら、そして改善出来そうな点は…

今週あった二つの出来事から、少しづつアップデートしてレッスン内容を深めたり高めたりしていこうと思いました。

一つ目は生徒さんレッスンにて。

生徒さんのピアノの音が消されるくらいに周りにいるご家族の声をひろってしまうことがあり、その収音に驚き改善するにはと調べてみました。

FaceTimeもLINEもzoom、オンラインのどのツールも、人の声を収集するのに特化しているからのようです。

リビングにピアノがあるご家庭も多く、生活のある程度の声は仕方がないので、生徒さんが集中を欠くほどの声や音になりませぬよう、くらいでお願いしようと思います。

そして二つ目。

室内楽先生方のレッスンを二つ受講し、オンラインレッスンの質を上げたい!と切に思いました。

少しでも良い音を生徒さんに届けたい。

手立てがあるなら取り入れたい。

どうしても話して伝えようとしてしまうのですが、ニュアンスなど音で、可能な限り伝えられたら良いな。

講師側の環境を整える事で音質など向上させることが出来るのだろうと思い、数日間調べ、マイクを購入しました。

まだ届いてはいないので音質にどのくらい差があるのか体感していませんが…

単一指向性のコンデンサーマイクです。

クラシック音楽のオンラインには単一指向性を使うのが一般的だそうです。

こちらがマイク。

『スマホ   オンライン   マイク』で調べてみると、スマホは音も画像も質が高いのだそうで、ピアノレッスンの場合はスマホで充分!というご意見が多いです。

バレエなど体全体を映す必要があると、スマホだと人物がとても小さくなってしまうのでパソコンやiPadが理想のよう。

パソコンやiPadで姿勢の映像+スマホの手元映像=2台二箇所からの画像&マイクで収音、で行っている先生方もいらっしゃいますが、何よりも今出来ること、足元から。

このままスマホでレッスンするので、マイクとスマホを繋げるためのUSBマイクアダプターも購入しました。

動画撮影して生徒さんに送るのも音質が良くなるかな、とマイクに期待しています。

スマホに挿すマイク型は手軽で良いのですが、それほど質の変化は感じられないとのこと。

まだしばらくオンラインレッスンになりそうですし、オンラインのみコースも設定しましたので、これからの時勢では必要不可欠なレッスン形態だと思っています。

豊かなレッスンにするために…必要な情報の取捨選択をしていこうと考えます。

また、鍵盤よりも少し高い位置からも映したいなあと思うのでスタンド購入も検討しています。

マイクを使った感想、いずれアップしますね!

上質になるといいなあ。

生徒さんが笑顔になるオンラインならではの楽しいレッスンを研究していくぞ。ニコッ。




ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender








このページのトップヘ