所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: 発表会(ピアノコンサート)

FullSizeRender
全員で発表会を迎えることが出来、無事に終えました。

皆様ありがとうございました。

生徒さん達の成長を感じ、感慨深いです…

ミスしたと気にする生徒さんもいますが、そこに注目しすぎないこと。

これまで色々なことを想像し感じて、心震わせてきた大好きな曲の魅力。

ここが特に好きだから皆さんに伝えたいです!という真っ直ぐな想い。

そこに焦点を当て、曲の魅力、あなたが感動したところ、それを伝えられれば成功!

そうしたら多少のミスなんて大したことではないのです。

曲が素敵で感動しながら練習してきた。

簡単には仕上がらなくて迷ったり困惑したことも、弾けるようになった喜びも感じてきた。

上手くいかなくて泣いてしまったこともあった。

色んな思いをいっぱい味わって、やっとやっと思い通りに表現出来るようになった。

その心の襞が全部、音楽に色濃く、味わい深く現れます。

その表現こそあっての音楽です。

それが出来た時の喜びを体感して欲しいです。





舞台での立ち居振る舞いも皆とても良かったです。

一年ぶりに弾くスタインウェイ。

スタインウェイにしては柔らかく、まろやかな音色なので好きです。

ピアノが良い音〜弾きやすい〜!と生徒さん達も言います。
FullSizeRender
このピアノを弾くのが私も毎回楽しみです。

信頼しているフラワーショップの舞台装花、今回はユリを入れて下さり、嬉しくてテンションが上がりました。
FullSizeRender





さあ、次の目標だよ!と生徒さん達に話して、明日から練習してもらうのは6月7日(日)に開催するドラムイベントの曲です。

ドラムという楽器との出会いがとても新鮮でしたので、生徒さん達もきっと同じように新鮮さを感じることでしょうし、新しい扉を開かせるにはもってこいの楽器なのです。

しかもピアノと相性が良い。

デュオで楽しさを感じられるには…

ただの音出し、音合わせに終わらせないように…

と考えて、レッスンでやるべきことをきっちりやっていきます。

音楽で私に出来ることは。

やるべきことは。

私の周りにいる人に伝えたいことは。

叶えたい夢が幾つかあるので、実現出来るよう一歩一歩です。




花束もたくさん頂きました。

皆さんありがとうございます。
FullSizeRender

ピアノ教室フェリチタ










FullSizeRender
クラシックコンサートやライブなどが相次いで公演中止になっています。

アンドラーシュ・シフは予定通り公演、アルゲリッチや米津さんは中止と、どう決断をするか主催者も出演者も頭を悩ませています。

どの公演もチケットは逃していますが…

それらの決断の発信を見ている時、発表会ホールから『開催は可能、開催の場合は時間短縮や基本的予防徹底などご協力を』との通達がありここ数日迷っていました。

全て自己責任ということですね。

発表会は講師演奏・継続表彰・挨拶は無しにし時間短縮で行うことにします。

生徒さんの演奏は全て披露します。

主催者は全員の安全安心を守らなければならないという当たり前のことを忘れず、これまでの生徒さん達の努力やご家族のご協力が発揮出来るようにするには…

講師演奏をお願いしていた友人に『分かりました!賢明な判断だと思います。生徒さん達に精一杯向き合ってあげてね!』と返事をもらい泣きそうになってしまいました。

リハーサルと生徒さん達の演奏のみ。

もっと細かく詰めていかねばならないので、当日ご案内のお知らせ配布がギリギリになってしまいそうです。

かなりの時間短縮になるとは思いますが、当日までの予防も当日も万全でいかねばです。




人類への警告と言うと大袈裟ですが、この感染の騒ぎや混乱から何かしら察知したいと思っています。

我が子の話ですと、インフルエンザ感染は400万人減ったとか。

皆がコロナを恐れてうがい手洗い徹底をしているからだそうですね。

当たり前のことが出来ていないとか、自分は大丈夫と楽観しすぎとか、今やれることを先延ばしして言い訳するとか、周りへの配慮を忘れているとか(買い物なども)、差別的行動とか、それはまずいのではないかい?と病気に対してだけでなく、日々の心掛けを諭されているかがします。

落ち着いて、正しく恐れて予防して、何よりも生徒さん親御さん全員で発表会を迎えたいです。


ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender








FullSizeRender
来年3月の発表会選曲を考えています。

生徒さんと相談したりお渡しするのは先ですが、自分の中ではそろそろ動き出しておかないと。

この一年で大きく成長したなあと感じる生徒さんが何人かいます。

驚くほど仕上がりが早くなり、しかもしっかりと身になっていてよく歌えている仕上がり感。

毎日丁寧な練習をどれだけ積み重ねてきたかが如実に表れ始めています。

上手になるのがすごく早くなった、と話します。

そうすると弾ける曲数、出会う曲が多くなるので蓄積が増え、それはイコール自分の中の色彩や表現の幅が増えていく感じですね。

朝学校に行く前と夕方の2回必ず練習するという生徒さんは、レッスンノートのシール欄がと
ても賑やかで、すごいね!頑張ってる!などイラストやコメントを毎回書きエールを送ります。

先生に褒められるのも嬉しいようで楽しく練習出来ています、とお返事をもらうことも多いです。

練習の成果がぐんぐん出てきていて頼もしく感じますね。

結局のところ毎日の習慣と積み重ねが自分を作っているのです。

ぐんぐん成長している子達には二段上の挑戦をさせたいと思っているので、選曲もなかなかの難易度の曲を考えてます。

頑張れるのですもの、チャレンジさせたいです。

毎日の練習が習慣となっているか、丁寧に練習出来るか、そして踏ん張れるか。

それを見つつ今回は曲を決めていこうと思います。

地に足が着いた確実な成長を自身でも感じられるよう、手伝っていきます。




空も空気も秋ですね。

見上げると優しい青とフワフワの白、癒されます。

ピアノ教室フェリチタ



FullSizeRender





FullSizeRender
17日(日)に開催しました教室発表会、全員が参加でき無事に終えることが出来ました。

皆さん、ここまでよく頑張ってきましたね。

たくさんの方にお褒めいただいたのが、生徒たちの音色の美しさです。

とても良い音で心地良い演奏が多かった、感動した、と。

響きのある艶やかな美しい音色。

音色に意識を向けるのが楽器を奏でるスタートです。

他の楽器の音を聴くとその重要さが分かります。

指を動かすこと、楽譜を読み取ること、その前に、自分がどんな音色を奏でているか意識して欲しい。

ピアノは音色を雑に扱う人が多いので、生徒たちにはそうならないように繰り返し繰り返し話してきました。

自分の音を聴いていれば、雑な音、乱暴な音、叩くような痛々しい音はとても出せないよね、と。

嬉しいことに、今回は特に女の子達が美しい音で演奏してくれました。

そしてその子達はみな、毎日しっかりピアノに向き合って積み重ねてきた生徒さん達でしたので、やはり日々の積み重ね、プラス何を大切にしながら、考えながら練習してきたかだな〜と演奏を聴きながら感じました。

舞台に上がるまでのプロセスが本番に全て出ますね。

下手になる練習があるんだよ、その練習では上手くならない、と正しい練習法を伝えていますが、これからも本気でそれを伝えていかなければと思います。

生徒さんたちの姿から学ぶことが多いですね。

講師演奏はアンサンブルのみ、フルートデュオ、連弾、チェロデュオです。

楽しかったなあ〜。

聴きにきてくれた友人が褒めてくれて、私はこれからもアンサンブルを懸命に深めていくぞ!とまたまた強く思いました。

スタインウェイのフルコンなのですが、最高の弾き心地、きらめく音色、もっと弾いていたいとうっとりするピアノです。

何のためにピアノを弾くのか。

それを考えれば、なぜ良い音が必要なのかが分かりますが、それはまた今度にしたいと思います。

生徒さんたち、親御さんたち、スタッフや演奏してくれた先生方、皆々さまに感謝です。


ピアノ教室フェリチタ

FullSizeRender













FullSizeRender
昨日は打ち合わせがありホールへ行ってきました。

寒空の下。

水辺、ホール敷地横には公園があります。

もう2ヶ月切っているので、仕上げていくよ!という子が多くなりました。

どういう練習をするかの課題を、今回は直接楽譜に書くことにしました。

もしかしてレッスンノートを本人がほぼ見ていない??先生とのお手紙のやり取りだけになっちゃってる??と感じることが多々あり、やはり本人にもっとしっかり伝えて自覚させなくてはならないと感じます。

次週は課題を消して新たに書きます。

お話作りを始めた生徒さんたち。

こうなってくると更に楽しいよね〜!

手助けになるようにイメージ画像をプリントし渡したりもします。

弾けば弾くほどイメージが膨らみ、絵本の中に入り込んでいくような。

浮かぶ映像で、視覚や触覚、嗅覚までも刺激されるような。

私はこう感じるし、こう弾きたい!をピアノで表わす楽しさ。

発表会で立派に弾けることは目標の1つでありALLでは決してない。

人にどう思われるかより、心を込めて自分のために演奏するのです。

日頃から。

毎日ピアノに向かう1秒1秒。

過程、積み重ねこそ重要。

あなたの中の想像力を育て、音楽は楽しい、こんなにも素晴らしい、自分のために大切に演奏する喜びを噛みしめ。

そして丁寧な積み重ねの大切さ、それらを一緒に探求するのがレッスンなのだと最近思います。

『家で、それはそれは楽しそうに弾いています』と連絡下さったお母様がいらして、その先に発表会があるのだと本人も親御さんも理解してくださってるなと嬉しくなりました。

生徒さんたちに求めるだけでなく、まずは私が体現して見せなくちゃ。

今回の講師演奏は3つのアンサンブルにしました。

2月に入ると室内楽レッスンも始動し、3つのアンサンブルの合わせもどしどし入ってきます。

目まぐるしくなるな、ワクワクするなあ!

早々と発表会準備も始め、どうもプリンターの様子がイマイチなので、調子の良さそうな時にどんどん進めていこう。

何事も楽しみながら丁寧に進めていきます。




ピアノ教室フェリチタ

このページのトップヘ