所沢市ピアノ教室フェリチタ

埼玉県所沢市のピアノ教室です。音楽の事、ピアノの事、レッスンの事、日々の生活の事・・・思いのままに綴っていきます♪

カテゴリ: セミナー受講

    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


赤松林太郎先生のブルグミュラー講座を受講しました。

こんなに美しくブルグミュラーを扱う講座はこれまでに無かったのではないかと思います。

切り口が、練習曲というよりも「美しく儚い、ロマン派の音楽」としての小品集。

点数を取るための。

指の動きを駆使するための。

そういう話ではなく。

感情の起伏や情景を豊かに表現するための、ザ・ロマン派の楽曲との向き合い方。

赤松先生の解釈と音楽にため息が出ます……極上な音色、そしてなんて真摯なことでしょう。

楽譜の隅から隅まで見つめ尊重する、先生のいつもの姿勢。

速度記号、楽語、和声、休符やスラーの意味、そして題名。

注目するのが当たり前なのに、あーそーよね、分かる分かる、と自己流になり軽んじてしまいがち、かもしれませんね。

先生は楽語の語源にまで迫るそうで、動詞や、大元のラテン語を辞典で調べるのだそうです。

例えばgrazioso~優雅に。

ラテン語では、喜び・感謝・寛大に、という意味があるそうで、「感謝をもって喜ばしく」優雅に、となるのですね。

もうそれだけで曲のイメージや音色が見えてきます。

先生は仰っています、「楽譜をよーく見て、心のひだに移していくのです」と。

美しい言葉ですね……

「古典派から楽器が進化している時代、ロマン派の弾き方の研究が必要ですよ」とも。

ソフトペダルとダンパーペダルの意義、音量の幅の活かし方も考えなければなりません。

先生の絶妙な二つのペダル操作に、いつも目が釘付けになります。

「モーツァルトは〈音楽とは間(休符)にある〉と言っています」

「呼吸で演技してください」

休符の扱いは雑になりがちかもしれませんね。

風が爽やかに気持ちよく吹き抜け、生命の息吹を感じるような…ロマン派の音色。

受講するたびにもっともーっと演奏が聴きたい!お話が聞きたい!と思うのです。

実は、こんな風に感じる講座は数少ないです。

現在は赤松先生と多喜先生ですね。

そうそう、多喜先生の講座と室内楽のレクチャーコンサート、ピアノコンサート前でブログをサボり気味の頃でしたので後日UPします!

楽譜との向き合い方、もっともっと真摯にならなければと思います。

45

昨日はたくさんの花束を頂戴しました。




    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info



ピアノコンサート目前でサボり気味でしたブログ…

友人の「ブログ読んでるよ♪」の声に嬉しくなり、本日のワークショップ10回目、最終回の学びを綴りたくなりました!

ありがとう~感謝してます♪




ピティナの音楽総合力UPワークショップ2017、『自分で考え、演奏するための基礎力をUPする』のが目的なのだそうです。

自分で考え、納得して、腑に落ちて、といつも考えていること。

作曲家の新実徳英先生は、東大を卒業後、芸大&芸大大学院で学ばれたという驚異の経歴の方です。

『音楽の捉え方』を哲学的でかつ文学的、分りやすく温かみのある語り口でお話してくださいました。

脳の構造が凡人とは違うのね!としか言い様がない……尊敬の眼差しで耳をダンボにして受講です。

まずは「慣れっこにならないで、和声と非和声音の響きを楽しんで下さい。ひとつひとつ味わってください」と。

音楽は和声が根底です、とも。

やはり和声なのですね、尊敬する先生方の仰ることと同じです。

子供の頃から「メロディは無くてもいいのに。和声進行だけで、和音の響きだけで、十分なのに」と思っていました。

数年前から何故そう思っていたのかが見えてきたところ、そして何度も何度も色々な先生方の口から〈和声、調和〉の言葉を聞き、その度に嬉しくて感動しています。

そして「宇宙の原理は〈螺旋と波動〉です」というお話。

まず螺旋は、宇宙の動きや地球の自転と公転、天体の動き、植物の蔓の巻き方や葉の生え方、血管などの管、そして音階、全てが螺旋状。

そしてDNAも螺旋ですね!

全てが螺旋……

波動は、光や音。

このお話を聞いて、またも感動しました。

螺旋というのはあまり意識したことが無かったのですが、あまりに視野の広い新実先生の視点。

ふと、スケールを真っ直ぐの上行&下行ではなく、螺旋状に上り下りる、と考えるといいかも、と思いました。

これは早速今日のレッスンで実践&自身の練習にも意識してみましたら、クルクルと上り下りが気持ちよく、動きがスムーズに感じる上に、なんだかリラックスして弾けました。

自然界に直線的なものって存在しないと思うのですが……やはり直線って人工的なのですね。

レゴで作った音の階段の他に、螺旋で上る下りるの音階を作らなくっちゃ!(ピアノコンサート終わったら取りかかるぞ!)

そしてもうひとつの感動は

「あらゆるものがバッハに流れ込み、あらゆるものがバッハから流れ出ている」

心が震えます。

どれだけバッハが重要か……なんだか感涙してしまいます。

「古典が最重要だと考えています。バッハからベートーヴェンの時代に全てが入っています」

モーツァルトは別格、特殊だとも仰ってました。

神の子、人間を超越していることをいつも感じます。

ここ何年かモーツァルトの虜なのですが、弾けば弾くほど澄みわたった世界をもっと知りたくなります。




何と言いましょう、とても清々しい気持ちです。

心は晴れ、目の前が広々と開けた感じ。

なんと実り多きワークショップだったのかと、皆様に感謝の思いでいっぱいです。







    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


昨日はワークショップ8回目、宮田まゆみ先生の【現代の雅楽~古代と現代を結ぶ音楽】を受講しました。
54


26


少し話が逸れますが、強く求めている情報や繋がりは本当に与えられるものだなと、最近また思います。

ピアノだけに留まっていては全然足りない。

もっと視野を広くして吸収して豊潤にして、指導にも自分にも活かしたい。

身体の使い方を正しく知りたいし、指導していきたい…

など強く思っていまして。

友人のFacebook投稿から『音楽家のための4スタンス理論』というものを知り調べ始め、多喜先生(お名前も本当に素晴らしいですね)が『音により遺伝子応答が起こる可能性について』を載せてくださったり、身体のことはやはり無視できない!と感じます。

知りなさい、調べなさい、体験しなさい!と後押しされている気分です。

そして昨日の雅楽~笙(しょう)演奏を世界中で行い活躍されている宮田まゆみ先生の音楽、魂が磨かれ透き通っていくようでした。

輸入され9世紀中頃から日本でも演奏されていたそうで、細い竹を17本束ね金具でまとめ、息を吹き込む楽器なのですが、和声の大変美しい楽器でした。

和声はパイプオルガンのような……単音はオーボエのような……天に響き渡るような音色です。

雲間から光が差し込み、明るく照らされる映像がみえ、とても清らかな気持ちになりました。

吹く吸うどちらでも発音するので、ずーっと持続音が響き……夢見心地…

ピアノは音が減衰する楽器ですが、この持続音、なんて美しいのかと再確認しました。

笙という漢字は元々は『和』を意味したそうです。

調和、和声、和合。

古代中国でも古代日本でも、古代ヨーロッパと同じ、音楽の元は『調和』だったと知り一筋の光を見た気がし、やっぱりそうなんだ!と嬉しくなりました。

純正律で鳴るのだそうで、ピアノの平均律よりもすんなり体に入ってきます。

こんなに純正律って違うのね…

純正律を発見した数学者ピタゴラスは『宇宙の調和の音が聴けた人物』といわれ、惑星の並び方・宇宙の体系・軌道配分が音律の数字と同じ比率なのを発見したのですって。

難しいですが……調和ってそこから来てるの!とまたまたすんなり入りました。

調和とは、バランスのとれた感覚、融合。

人間は宇宙の一部、自分の中に宇宙がある、ということを古代人たちはよく知っていて、現代人よりもはるかに感覚は研ぎ澄まされていましたし、それに準じて音を生み出し神との対話に用い、楽器は神聖で重要なものと位置付けられていたそうです。

去年からとても興味のある分野です。

ただピアノに向かっていても不十分だし、生徒さんに伝えるために知り学ぶべきことが多くあるように感じ、求めていた『音楽の根本』です。

学ばなければならないな…

身体の使い方もとても重要だということをボディマッピングで知ったので、レッスンでも、安定した演奏をするため椅子にどのように座ればいいのか、から話します。

練習してきてね、ここを弾けるようにしてきてね、では乾いていて全然足りないです。

潤いたい、与えられるようにしたい、渇望しています。

室内楽的な雅楽よりも、単体の笙の響きが私は好きだったので、また宮田先生の音楽が聴きたいです。





    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info

本日は赤松先生の2回目ブルグミュラー講座でした。

ロマン派は軽い音、フェザータッチとよく言われますね、羽のような音が必要、と。

『音量だけで音楽を作ろうとするのはスピーカーの目盛りを変えてるだけ。音色がとても重要です、音色で音楽を作ってください』とお話されていました。

それはそれは、自在に音色を表現してくださいました。

うっとり……そしてニコニコしてしまいます。

真珠の奏法についてのお話。

そしてソフトペダルの効用、これが実に繊細で美しくて、いつも拍手したくなるのです!

ソフトペダルが生まれたロマン期ですから使う必要があるのだそうです。

研究しなくてはなりません!

先生は毎回、講座の前の時間にレパートリーを軽やかに練習されているのですが、これが聴きたくて、必ず早く着くようにしています。

隣に座った方は新幹線でいらしたそうで、同じように練習を聴きたくて早く来るのだそう。

有名な先生方も受講されていました。

赤松先生の音楽たっぷりの濃い講座、ブルグミュラーはあと3回あります。

『本来のあるべき姿』という表現されていて『西洋のリズムや表拍・裏拍のあり方を変えてはいけない』と。

本来のあるべき姿……責任のある重い言葉だなと思います。

リズム感のことは、先日の師匠のレッスンでも『日本人は難しい』とお話されていて、幼い頃からしみついているリズム感から脱する気持ちが必要なのかもしれませんね。

良い音楽を聴いて、良いお話を聴いて、素直に染み込ませよう。

心が満たされ、次回の受講も楽しみです。




    ♪笑顔と音楽に満ちた教室です♪

     ご訪問ありがとうございます

    〈https://www.sachi-piano.info


夏に受講した第1回ボディマッピング講座、26日(金)にありました今回は6時間コースです。
06

何でもそうですが、結局土台が重要なんですね。

骨格。

身体の構造と機能。

「身体の仕組みと正しい使い方を知り、演奏にも指導にも活かしてください」と先生がお話下さいました。

ボディマップ=脳の中の身体の地図。

日常の癖、何となく動いている、些細なことも全てが脳の中の身体の地図を作っていて……それが演奏時の身体の使い方に出るのだそうです!

驚愕してしまいました。

音楽は内面を丸裸にするようなものだと感じていましたが、それのみならず、日常の身体の使い方や動かし方までも出てしまう……

うまく弾けない、思うように表現出来ない、それは動きが構造に添っていないため……

練習が足りないのではなく、間違った身体の使い方をしているから筋肉が強ばったり、余計なところに力が入ってしまったり、だから良い演奏に繋がらないのかもしれません。

知らないって恐ろしいと思います。

骨格についてから始まり、姿勢や呼吸、腕と脚の構造など、全身を網羅です。

最後には、学んだことを実践すべく受講生それぞれ演奏したのですが、先生のアドバイス一言一言でみるみるうちに艶があって伸びやかで遠くまで響く演奏に変わり、ボディマッピングの偉大さを感じました。

やみくもに練習していても、土台を知らなければ、私自身も生徒さんたちも、身体を痛めたり、行き詰まってきたり、伸び悩んだり、と陥るかもしれないのでもっと学びたいと思っています。

五感、プラス筋肉・関節・骨の感覚。

大変勉強になり、有意義な時間でした。






このページのトップヘ